ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

2017年8月29日火曜日 字幕版
J-maxTheater
Takayuki

Takayukiの感想・評価

3.7
ガル・ガドットでほんと正解。
ガル・ガドットに惹かれて観た。
そしてガル・ガドットに魅せられ、ハマった(o^^o)
美人は何やっても強い
ana

anaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

スティーブ😭😭
ウルウルした!

敵がルーピン先生の人で辛かったww

ダイアナ強いし綺麗

まあまあでした☺︎
ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2017/8/25鑑賞。女性しかいない秘島に住むダイアナは、ある日不時着したパイロットのスティーブを助ける。しかし彼を追うドイツ軍と戦う事になり、神アレスのせいで人間が戦争を続けていると知った彼女は、島を出てアレスを探しに行く…という話。文字制限のせいで全てを語れませんが、期待していただけにガッカリです。ダイアナは猪突猛進なヒス女ですし、出番が無い狙撃手のトラウマ設定とか不要だったでしょう…バトルシーンも兎に角大味で、全体的に「雑」です。米国でウケた理由は「米国=正義!美人がエロいコスプレしてる!」だけなのではと邪推… 65点。
かっこよかったダイアナさん!
強さと美しさと、スーパーヒーローらしい熱血さ真っ直ぐさを兼ね備えた女性ヒーローの登場は、「白人へテロマッチョ男の物語は、もう飽きた!!!!もっと多様な属性の人達の物語が見たい!!!!」という、近年の観客の声の高まりとともに、出来るべくして出来た感じですね。

今回のストーリー自体は、個人的にはあまり興味が持てなかったけど(^^;)。今更、第一次大戦とドイツ軍に、そんな意味付けされましても……
原作も読んでないし、DCの世界観も分かってないので、何とも言えませんが。
(てか、最初に会ったのがクリス・パインじゃなくてドイツ兵だったら、そっちに味方したんじゃないのか?)

アクションシーンは、とても面白かった!
もういっそ、ダイアナ率いるアマゾネス女戦士軍団VSモンスター軍団、みたいな感じで、全編ほぼアクションのスピンオフ映画作って欲しいわ~

あと、ネット上でもちょっと話題になってましたが、ガル・ガドットがシオニストってのは、あー惜しいなあ、とは思いますね。主演俳優の政治的信条と映画そのものは無関係とはいえ、ここまで世界的に公開されるビッグバジェットで、よりによってスーパーヒーロー映画となると、影響力ありすぎて無視もできないっていう。
一方の掲げる「正義」が、しばしば他方の犠牲を伴い、また「平和」の為にはそれもやむなしとされる不条理が、図らずも彼女の配役によって、映画の中と現実社会で結びついてしまうの、すごい皮肉だよ…
(日本公開時のレビューです)
mxx

mxxの感想・評価

4.5
アクションはもちろんかっこいいしストーリーも面白く退屈せず観れました。
ヒーローものでも女性ヒーローの活躍はかっこいい以外のなにものでもないです。大好きです。
>|