ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

クリス・パインのスティーブ・トレバーがカッコよすぎる!!

観れば、誰でも惚れる。


ワンダーウーマンはDCらしくパワーが強すぎて、ついていけない(笑)。
puuuuuru

puuuuuruの感想・評価

3.0
2019.8.18
ぴゃーたんと 午前中

なんでもありな映画
主人公が可愛いからま、いっか
たまき

たまきの感想・評価

3.0
個人的には合わなかった。
実際の戦争を舞台にしてるとことかテーマとか全体的に微妙…
としき

としきの感想・評価

3.8
BGMまじでかっこいい。アクションシーンも良かった。でも途中間延びした。
kerorun

kerorunの感想・評価

2.7
ガル・ガドットが美しい。
期待通りおもしろかった!
このコスチュームで初めて登場するシーンはゾクゾクするくらいカッコよくて、ワンダーウーマンのテーマソングずーっと聴いときたいくらい最高です。
正直お話的にはモヤモヤするところがないわけではないんですが、ワンダーウーマン様が超絶カッコいいのでそれだけでオッケーです。
あー、ワンダーウーマン様みたいになりたい、見た目も中身も😝
トレーニングがんばろう、と思いました笑
ジャスティスリーグが楽しみです。ジャスティスリーグの予告を観るたび、フラッシュ(めっちゃ高速で動ける超人)が可愛くてキュンキュンします❤️エズラ・ミラー好きなので。
rey

reyの感想・評価

3.0
脚本△
演出△
役者○
音楽△
コメント
DC的暗さはなくガル・ガドットが魅力的。
とも

ともの感想・評価

4.5
記録✐☡
Ann

Annの感想・評価

3.7
ストーリー性は皆無だけど、
女性は観たらスカッとする!
約80年前に登場したワンダーウーマンの初単独映画作品。
この作品の誕生の裏には1940年当時、女性の権利が認められてすらいなかった時代に原作者ウィリアム・モールトン・サーストン氏が自らの母親や妻への感謝という気持ちが存在している。
だからこそ私は冒頭5分で涙が出た。
前日に原作者の孫にあたる人物が祖父の思い出とワンダーウーマンについて語るドキュメンタリーを観たからなのか、都心から越した先で生まれた自分が陰湿な田舎で爪弾き状態だったからなのか…いや、多分どちらも違う。
自分が結婚して子供が出来たからだろう。
自分が仕事中に育児をしながら家の事を全てこなす妻は本物のワンダーウーマンだ。
良い映画とは映画の良し悪しだけにあらず、その中のメッセージ性にこそクリエイターの強い想いが詰まっている。

作中でワンダーウーマンが誰もが避けて通る平野を銃弾を弾き返しながら一人で突き進む姿は、長い歴史の中で女性が受けてきた数々の弊害を打ち破りながらも前に進み続ける姿が込められている。
にも関わらず、このシーンを無駄に長いと言うやつもいるらしく心底「何の苦労も知らずに生きてきたんだろうな」と哀れみの気持ちすら生まれたよ。
>|