ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

孤島で暮らすアマゾネス集団、神々の話より人間と別に作られた設定。
そこで育てられたお姫様が主人公でしたが、不時着した人間を助けたことから、始まります。時代背景は第一次世界大戦。

最前線一騎当千のシーンもありましたが、ヒーローものおきまりのザル防御での無傷突貫。そしてもはや最終決戦での絵面はXメンのようなアクションシーン。
アメリカのヒロイズムの前に物理法則など二の次なのはわかっていますが、なんだかノり切れなかったです。
思っていた程ではなかった。何時あの衣装であのテーマ曲が流れるのかワクワクしながら観てました。その時はテンションが揚がりましたが。島から離れダイアナが戦争の実態や女性の立場を知り悩みながら成長する件が好きです。しかしガル・ガドットが本当に綺麗で色んな衣装がよくお似合いです。
まる

まるの感想・評価

4.2
戦う女性かっこいい
時代にあった衣装を見るのも楽しかった。
続編楽しみ
ダイアナが世間知らずすぎるのがなんとも…なんとなく予告編で知っていましたがここまでか〜という感じでした。

でもご本人も自分の無知さについて語られていたので、それも含めてこの作品の良さということなのでしょうかね。
真奈

真奈の感想・評価

3.5
何百万人も死んでるのよ!とか言いつつドイツ軍の兵士たちを躊躇いもなく殺しちゃうのはどうなんだ?と思いつつ観てたけど、とりあえずガルガドットが美人すぎて素晴らしかったです。美脚!!ロンドンで着替えた服もめちゃくちゃよかった…

まさかこんな戦争映画だとは思わなかったけど。

もういっこ気になったのはアレスが雷みたいのを投げたことですよね、雷ってゼウスじゃないんですかね…(コミックでどうなってるかとかは知らないけど)
アレスならアレスらしく飛び道具とかじゃなく物理的に戦ってほしかったです(?)
ガル・ガドットがかっこ良く観ていてあきない。

アクション・シーンもよく作り込まれていた。スロー&クイックで観ていて飽きない。

戦争へのメッセージ性がもっと強いかと思ったがアクション映画であった。

最初の古いロンドンの街並みが凄くいい感じで引き込まれた。

DTS neulal: x
チョ子

チョ子の感想・評価

3.5

ガル・ガドットがとても美しい
クリス・パインも格好良い

だけど何も調べず観たら
こんなに戦争映画だったとは
知らなかった…苦手…

最初のアマゾンの島までは景色も出てくる女性も美しくて良かったのに…

と思いきや戦闘シーンは爽快
ただもうこうなるとバケモノだわ…
殺されそうな人は可哀想だから助けるけど殺してる側は容赦なくやっつけちゃうのよね〜仕方ないけど気になる〜

あとね、話長くないかな??
ちょっとばかし早送りで観てしまったよね

ってなってたのに最後の
I Love Youで泣けて来たよね
ハッピーエンド好きだから辛い…
エンドロールのSiaの歌詞が
ダイアナとスティーブとマッチして
また泣けるってとこでこの映画の点数が自分的に上がった

中盤まで文句タラタラで観てたけど終盤で一気に心鷲掴みにされたなあ
もう一回観たいかもこれは

このレビューはネタバレを含みます

実は初めてのDC作品鑑賞

ラスト彼氏粉々にふっ飛んだのあまりに無慈悲すぎてまじで泣いちゃった

個人的にはやはりユエンが出ているの嬉しかったのですが、まあこれはユエンに限らずですが"仲間集め"でわざわざキャラ説明したにもかかわらずそれぞれの見せ場がないまま終わってしまったのでちと残念 まあそこ掘り下げすぎるとワンダーウーマンの強さが際立たないからバランスが難しいのだろうが その他もチラホラ知ってる俳優が出ていて見つけるの楽しかったです

ガル・ガドットめちゃかわい美しい 『アトミック・ブロンド』然り、美女がハチャメチャに暴れまわる作品は無条件に好きです アクションに関してはアトミックの完勝ですが、これ(ワンダーウーマン)はこれでありですな
ぎ

ぎの感想・評価

2.6
多分そういう設定だからしょうがないけど、どうしても非現実が現実と融合して、結果的に良い方向に向かうストーリーだから、メッセージ性には欠けてると思う。
こういうジャンルは、主張に重きを置くよりも、アクションやCG等を評価すべきだと知った。
困ってる人を放って置けないといいながら死んでいくドイツ兵は華麗に放っておくダイアナに苦笑しつつも、戦争はみんなの責任だと言及していたので良かった。
ドイツ軍相手に盾を投げて戦うシーンはキャプテンアメリカにインスパイアされた感じがある。