リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

本棚

本棚の感想・評価

4.5
2016.03.23
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.9
美しい。

リリーの貪欲さ、潔さ。
ゲルダの強さ、器の大きさ。
もちろん容姿や立ち振る舞い、衣装や色づかいも。とにかく全てが美しかった。

もし、愛する人が自分の意と反することを望んだ時、ゲルダのように支えられるのかわからない。それが命に関わることなら尚更。

生き方の多様化や医療技術の発達で、昔よりは受け入れられやすい世の中になってきたけれど、こういう過去の積み重ねもあったんだろうな。
S

Sの感想・評価

3.9
ドキドキして鼻の奥がヒクヒクして胸がザワザワして泣きそうになっちゃうような、胸の奥がギュウッと締め付けられて息が苦しくなっちゃうような映画。
ゲルダは、リリーの姿がくっきりと視えていて、それを描いた作品は、皮肉にも他人に認められたことにより、ゆっくりと自分の首を絞めていくよう。放射線治療をして、リリーが傷ついてしまう場面は、とても苦しい。一番に理解したい、理解して欲しい相手同士だけれど、自分自身を否定されてしまうのは悲しい。
リリーの苦悩は分かる。いや、分からないけど、分かりたい。それでも自分都合が過ぎる。アイナーを殺してしまったら、ゲルダの人生は何だったんだ。彼女は何を愛して誰と愛し合ったんだ、という憤りを、途中感じてしまった。だけど、違うのかも。アイナーを愛し、リリーを愛した。それが、ゲルダの人生であり、私が言及できる事でもない。
途中から見方が変わってきて、リリーがゲルダの娘にも見えた。ゲルダに、母性、そして女の強さを感じた。リリーがゲルダの愛を強く感じた時、リリーの気持ちが痛い程、よく分かったような気がした。
リリーは満足出来たのだろうか。尊敬していた人物から認められて、自分の人生を全うできたのだろうか。理解していきたい。
おけい

おけいの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ローズの、底なしの愛情には度肝抜かれた。エディレッドメインの演技に圧巻。

ローズは2度も最愛の人と
会えなくなってしまうなんてとてつもなく
切ない映画だと思った。
o3o

o3oの感想・評価

-
役者に魅了
ファンタビやってるとは思えない。
西洋の古典文化に関心があれば
もっと楽しかったかも
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
エディレッドメインの迫真の演技に
最後まで圧倒された。
実話だと思うと、さらに悲しくなり、
自分だったらどうするかと考えさせられた。
リリーが今の時代に生まれていてば。。。そんな風に思ってしまいました。リリーを受け入れる奥さんも素晴らしいし、これからの時代LGBTへの古い考え方を一新すべき時がきたのではないかと考えさせらえました。彼は「彼」ではなく「彼女」として生きて、「リリー」として生きていくことを望んだ。エディ・レッドメインの演技力には感動しました。女性らしさ、切なさ、不安、希望、勇気全てを体現出来ていたエディだからこそ成り立った映画だと思います。
>|