リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Sena

Senaの感想・評価

3.6
これ、エディレッドメインだからこそリリーが美しい女性として成り立ってる

ゲルダも、アイナーも結局美しいものを探求しているっていうのが、よいなぁ
美しき愛と苦悩の狭間で
Layla

Laylaの感想・評価

4.1
記録。
ooyan

ooyanの感想・評価

4.1
いい服をきている
RuiKitano

RuiKitanoの感想・評価

4.0
深すぎてよく分からんシーンもあり。
長くて途中飽きちゃった。
けど内容は充実してたし、感動した◎
朱音

朱音の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

差別やLGBTについて、改めて考えさせられる作品でした。
やはり時代もあってか、最終的にリリーは亡くなってしまいましたが、生きててほしかったです。
やっと、『リリー』になれたのに、更に人生を歩むことなく亡くなるなんて、神様はあまりにも残酷だと思いました。
最後のストールが風に舞うシーンは、リリーがようやくリリーとして天国で生きているのだろうと感じられ、そのシーンがあったことで少し救われたものがありました。
MMMM

MMMMの感想・評価

4.1
今回は原題より邦題の方が良かった。
エディの演技力に掛かっていたけど、予想を上回るほどに素晴らしかった。
yako

yakoの感想・評価

4.3
こういう主人公の人生が全面に出る作品って役者の演技がダメだと全然響かないけど、
この作品は役者の演技が素晴らしかった。
どんなに周囲の無理解があっても曲げられない自分の女性としての心の真実を追い求めた主人公と、戸惑いながらもそれを理解しようとした人がいたこと、それぞれの気持ちが伝わってくる良作でした。
>|