リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

レミゼラブルで主演の方を観たのがきっかけで。女性のような所作で凄いと思います。難しいテーマでした。
mizutama

mizutamaの感想・評価

3.9
どんどん女になっていく夫…妻の憤りがヒシヒシと伝わってくる。
認めるまでの葛藤が痛いほどに。
登場人物がそんなに多くないからこそ、二人の関係性が際立って感じられた。
演技力に脱帽‼︎拍手です‼︎
こういうの好きじゃないかも
1番好きな映画
美しい
◎記録◎
Eriko

Erikoの感想・評価

3.9
ヴェイナー夫妻の演技力が素晴らしかった。
静かな映画だけど、リリーの女装した時の嬉しそうな表情、転換手術前の高揚感と不安、ヴェルダの心の葛藤、アイナー、リリーへの愛情、本当に沢山の感情がこの作品の良さを引き立たせてた。
夫婦の絆って凄いですね。
ヒロコ

ヒロコの感想・評価

4.8
凄い…良かった。
世界初の性別適合手術を受けたリリーエルベの物語
ゲルダとの夫婦の絆もすばらしい


エディレッドメインが役にハマっていて、
どんどん女性らしく美しくなっていく様も見どころ


最後も綺麗にまとまっていて映画としてもすごい良かった。
色々考えさせられる映画
エディがハマりすぎ。
アリシアちゃんも奔放だけど健気な妻を熱演。
絵が綺麗。
コペンハーゲンも沼地もパリも。
命がけの
性転換。
でもリリーは幸せだったと思うなぁ。
nutaki

nutakiの感想・評価

4.1
劇場鑑賞。2年後再鑑賞。実話ベース。
世界初の性別適合手術を受けたリリーは実在したが、かなりの部分で脚色されている。
その点については批判もあったようだ。
脚色自体は構わないと思うが、あたかも事実の様な最後の説明は不要であったような気がする。
さて。
主役のリリーはエディ・レッドメイン。
ヌードに女装と大変な役を見事に演じ、『博士と彼女~』に続き絶賛された。
最初は、ちょっと女っぽいがなかなかの色気ある男性で登場。
そして、モデルをしながら、徐々に変わっていく。
徐々にというか割と急な感じもするが、2時間という短い尺で生涯を描くのだから仕方ない。
化粧をしてからの表情や仕草の変化が凄い。
元々、押し殺していた女性の内面が爆発した、とでもいうか。
男と女を演じ分け、そのどちらも魅力的なのは、エディ自身の持っている魅力と演技力に違いない。
エディあっての、リリーだった。
そして、同性愛すら犯罪者扱いされていたこの時代に、誰もやったことのない性別適合手術を受ける。
その危険性と恐怖は大変なものだったろう。
そこまで彼(彼女)を駆り立てたものは何だったのか?
妻ゲルダ役をアリシア・ヴィキャンデル。
『ロイヤル・アフェア~』でマッツ様と共演してた可愛らしい美女。
変わりゆく夫への辛さや、愛情を豊かに表現して良かった。
ウラ役のアンバー・ハードとちょっと似ていて分かりにくかったけど。
ハンス役のマティアス・スーナールツ、ヘンリク役のベン・ウショーと、なかなかの個性的な雰囲気で良かった。
ヨーロッパの景色や絵、衣装なども楽しめた。
ラストも美しい絵を見ているようで素敵でした。

私もエディの不思議な魅力にすっかりヤラれた1人♡
エディがこれからどんな役を演じていくのだろうと楽しみで仕方ない。
今作以来、『ファンタスティック~』位しか出ていなく残念。
またシリアスドラマで会いたいものだ。
>|