リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

リリーは女性より女性らしくなっていって、その目まぐるしい変化を遂げていく夫をゲルダはよく支えたと思う。
これがノンフィクションとは。あの時代に凄いと思う。トランスジェンダーの生みの親的な。
急に見たくなって、2度目のリリーのすべて。ほんとに好きな映画。
女性よりも女性であることを楽しんでるリリーの姿は何度見ても素敵。ただ、夫が姿を変えていく所を見ている妻の気持ちになると、すごく苦しくなる。
とりあえず、エディ・レッドメインの演技がすごい。
wen

wenの感想・評価

4.4
小物から衣装、街並みやお店までほんとに雰囲気が素敵だし世界観から可愛かった、どこかダークなのにすごく綺麗。
博士と彼女のセオリーの演技もすごかったし、エディレッドメインほんとにいい映画に出てるな…それもこのすごい演技力だからだよなぁ
完全にリリーとなってしまった夫と個展帰りに話す2人のシーンが2人の演技もそうだしすごく引き込まれた、、
なにより妻の愛の深さがすごい、彼女に感服です。自分だったら、自分が本当に愛する人がいたら受け入れられるのかな…できないかもしれないと考えさせられた。
他の人も言っているように、彼が本当にリリーになったあと街並みとか初めと変わって世界観が明るくなってて、映画のトーンは彼の心そのものを表していた、彼から見た世界を映してたんだなと。
ずっと気になってたけど見れてなかったこのえいが、本当にもっと早く見てたら良かった…ステキな映画でした
ラストにびっくりしたけどしんみり。ラストの空のシーンも良き。
トランスジェスダーって自分が思ってたより根の深い難しい問題なんだとわかった
やまだ

やまだの感想・評価

4.5
もうほんとに衝撃作

エディレッドメインの演技が凄まじく上手で引き込まれた

アイナーはすごくかっこよくて、絵の才能もあって、理想的な旦那様
妻ゲルダの絵のモデルをきっかけに、ずっと閉じ込めてた女性の部分、リリーを抑えられなくなっていくんやけど、、
リリーがほんまに綺麗で、女性らしくて、はにかむところとかもう可愛いくて

でも女性らしくなっていくほど、苦悩が大きくなっていって、、その過程もすごい細かに描かれてた
男性として幼い頃過ごした風景を描き続けてて、綺麗やけどずっと暗い絵だったのが、リリーが顔を出した直後は同じ風景なのに明るい絵が描かれてたのは、本当の自分が現れ始めたからなんかな?
女性らしい仕草を習得していく様は女性より女性
本当の自分を出していけるようになったことへの嬉しさも散りばめられてる
終盤はほんまに痩せてて華奢な体つきになってた

ゲルダの苦悩もめっちゃ伝わる
愛する夫が急に女性みたいになっていく
自分のことを異性として受け入れてくれなくなる
でもちゃんと愛してくれてる
、、自分だったらもう訳分からんくて多分受け入れられんかな
アイナーに戻ってきてほしい。でもリリーはアイナーやから助けてあげたい。葛藤。

世界で最初の性別適合手術を行った人となったリリー
成功例のない手術を行う勇気は、本当の自分を手に入れたい気持ちの強さ
それをアイナーを失うことになるのに支えたゲルダの優しさ?強さ?愛情?もすごい

リリーが病室で流した涙の理由は?
大切な人を悲しませることへの涙?
本当の自分になれる喜び?
手術への不安?覚悟?
全て複雑に絡んだ意味の涙かな?
すごい印象的なシーンだった

アイナーはリリーとして幸せに生きて、ゲルダは親友のハンスと幸せになってほしいと後半ずっと思ってた

実在の人物リリーの日記を基に書かれたフィクション小説を基に作られたらしい
だから主人公全員(最後の教授以外の医者以外)がトランスジェンダーに対して?リリーに対して?理解があったから綺麗なお話として映画になってるけど
事実はもっと辛い悲しいものだったんちゃうんかな、、

映画としては
切なくて、涙が溢れたけど、綺麗な映像の中で人間の強さや深い愛情の素晴らしさが伝わる美しい作品だった

感じることが多過ぎて、そりゃ纏まりのない感想にもなるわ
FukaNoma

FukaNomaの感想・評価

3.6
愛する人の突然の大きすぎる変化、自分ならどれ程耐えられるかと考えた。
恋なのか、愛なのか、情なのか?
gigiro

gigiroの感想・評価

4.3
ゲルダの一途さに涙しました。
Akane

Akaneの感想・評価

5.0
ドキドキしながらみた。複雑だった。

苦しみながらも、アイナー、リリーを支え続けたゲルダ。強い女性。

言葉にするのは難しいけど、自分らしさってなんなんだろう、社会ってなんなんだろう、色々考えた。

少ししたらまたみたいと思う
ひー

ひーの感想・評価

4.0
#泣けた
#リリー#ゲルダ#美しみ
#女性よりも女性らしい
#仕草#表情
#街並み#風景#素敵
#ナイトドレス#かわいすぎる
#夫婦愛
>|