リリーのすべて(2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:120分
    監督
    トム・フーパー
    脚本
    ルシンダ・コクソン
    キャスト
    エディ・レッドメイン
    アリシア・ヴィキャンデル
    アンバー・ハード
    マティアス・スーナールツ
    エイドリアン・シラー
    ベン・ウィショー
    セバスチャン・コッホ
    エメラルド・フェンネル
    あらすじ
    1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

    「リリーのすべて」に投稿された感想・レビュー

    saraneco
    saranecoの感想・レビュー
    2時間
    4.5
    ゲルダの愛の強さ、すごい。
    rina
    rinaの感想・レビュー
    3時間
    -
    記録。
    ishikawasaki
    ishikawasakiの感想・レビュー
    5時間
    -
    ティッシュ一箱無くなった
    もんた
    もんたの感想・レビュー
    5時間
    3.5
    デンマークのトランスジェンダーアイコン、リリィのお話。
    リリー演じるエディレッドメインの麗しさがすごい。
    2人の関係性も、映画の画面も終始美しかった。
    さち
    さちの感想・レビュー
    5時間
    3.6
    静かに美しい映画。
    でも苦しい。
    妻のゲルダの心情を考えると。
    りゅーせい
    りゅーせいの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    過去鑑賞記録
    ropi
    ropiの感想・レビュー
    7時間
    4.3
    ラストシーンが好きで泣けます
    さくらこ
    さくらこの感想・レビュー
    19時間
    4.0
    全てにおいて綺麗。
    美しすぎる。

    リリーの葛藤、アイナーの葛藤、そして妻ゲルダの葛藤。
    1つ1つの表現力がうまくて、最後まで見飽きなかった。物語に引き込まれていった。

    時代の流れがまだリリーのような男性に追いついていないとき、医者から異常だと言われ続けて、希望を失いかけていたリリーを救ったのは、紛れもなく最後までアイナーとリリーを愛し続けた妻。
    そして、最後まで女として生きることの希望を捨てなかったリリー。
    単純な感想だけど、すごいなぁって。。本当にすごいなぁって。

    何より、エディーレッドメイン綺麗すぎ。
    shie
    shieの感想・レビュー
    19時間
    4.1
    まさか実話だったなんて…

    なんて素晴らしいゲルダ
    なんて素晴らしい脚本
    なんて素晴らしい美術

    ゲルダの様な愛情を持って
    生まれている人は少ない
    リリーは幸せ者

    これだけ作品の内容について考えることが出来るのはいかにこの作品が優れているかの証
    >|