リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
実在したデンマークの画家、Lili ElbeとGerda Wegenerからインスパイアされた映画。
結婚していたEinarとGerda。観ていてGerdaの複雑な心境を常に考えていた。
Angie

Angieの感想・評価

-


アイダー ノットイコール リリー


リリー。二つの自分の中で揺れ動いた人生….
描き方は本当に素晴らしい。女性としてのリリー、そして夫であるアイダーの間で揺れ動く。リリーであることは前からわかっているのに、ひたむきに隠し、隠し、それは妻のためでもあり社会のためでもある。そんな辛さに耐えながら、でもアイダーへの恨みは溜まって。二重性という題材は心を打つ。この感情の行き来の儚さ、そして切なさに涙。

そして妻のグレダの葛藤。彼女はアイダーしか愛せない。でも彼女はリリーはアイダーであることをこっそりと気づいていたのだ。(この点は本人は気づけない)だからこそ彼女を守り見守るのだ。彼女の悲しさと切なさ、そして暖かさに涙が出た。そしてそれを前面に出さない静けさ。

リリーは手術によって希望を成し遂げる。結果はどうであれ、これが彼女の望みであるのだ。そのエンドはどうしても美しく残酷に見えてしまう。
リリーとしての自分の完全に移行できて彼女は心の底から幸せなのだろう。だが、あくまでも「
アイダー ノットイコール リリー」なのだ。本人はこれには気づけない。アイダー=リリーであることに。リリーは自分の中の女性性を抽出して、リリーという人物を作ってしまった。二つに別れることは、そこでアイダー(男性性)との別れだ。つまり自分の中に自分が二人存在しているということは、どちらかを殺すという選択肢か存在していないのだ。だが、この考えは実に普遍的なものであろう。トランスジェンダーの方の気持ちがわかるわけではないが、この二重性というテーマは誰しもが持ってしまうものであるかもしれない。マジョリティのわたしでさえ。
わたしはわたしだと気づけずに終わるリリーは幸せだったのだろうか。彼女は幸せに死んだ。グレダだけが、あなたはあなた、という事実に気づけたまま。
チヒ

チヒの感想・評価

3.7
実話だというのを知らなかったので驚いた。
現代でもあのアイナーの変貌ぶりは多重人格的に見えてしまってもおかしくないと感じたし、性同一性障害ってほんと本人以外に伝わりにくいものなんだろうな…と実感。
妻が凄いという話を聞いていたので前向きに協力的なのかと思いきや、彼女にも物凄い葛藤があって(当たり前だけど)、それでも見捨てずリリーが本当に辛い時にサポートしてあげているのが素晴らしい。でもなんというか手放しに賞賛できず、あー奥さんも大変だねぇ…と思った。それは決して誰が悪い訳でもないから仕方ない事なんだけど。

苦痛を選んでも本当の性を得たいという気持ち…やはり当事者にしかわからないのかな。私はそんなに女や母に拘る気持ちが今の所無いので、そういうもんかなあ…とぼんやり観てしまった。
sana

sanaの感想・評価

3.9
妻の愛が本当にすごい。そしてあのイケメンエディが後半になるにつれて微笑み方とか指先の動きまでどんどん女性らしく綺麗になっていって、圧巻の演技力でした
お家の壁などが絵画みたいで素敵だった。
M

Mの感想・評価

4.3
自分の夫が女性になったら、変わらず愛せるだろうか。リリーの葛藤も分かる、ゲルダの辛さも分かる、何が正解なのかわからない。トランスジェンダー、という言葉は最近になってこそよく聞く言葉だけど、いつの時代も同じくあったこと。この時代に自分の性を貫き通すのはどれほどの気力と勇気が必要だったか。自然と涙が流れる作品でした。

エディレッドメイン、すごすぎる。。
rin

rinの感想・評価

4.0
リリーがどんどん綺麗になっていくのが本当にすごい!
仕草とか視線とか表情とか姿勢とかで
女のひとってもっと綺麗になるんだな〜

それにしたもゲルダの無償の愛すごすぎる。
奥さんがかわいそう
リリーの葛藤もとてもよくわかるけれど、もう少し奥さんの気持ちを考えてあげてほしい
精神障害だと言われて弱ってしまうのもわかるけれど
奥さんはアイナーを愛していたのに、
アイナーそのものをなかったことにしようとする、アイナーは死んだとかいう
それを面と向かって奥さんに言うなんて
残された奥さんの事を考えるとやり切れないよ
アリサ

アリサの感想・評価

4.5
LGBTだなんてひとつのワードでくくることのできない、リリーのすべてのはなし。

すべてが美しく描かれていて涙が出た。
エディレッドメインの表現力に息をのんで、そのすべてにうっとり。
あ、今リリーの顔してる。ってちゃんと思う。

ゲルダの強さと優しさに胸がきゅっとなる。
愛する夫のすべてを受け入れる。
ほんとうにかっこいい奥さんだ。

精神病だ、疾患だと医者にすら理解されない時代、環境。
それでも命をかけてでも女性になりたい、本当の自分になりたいのだ、とリリーは思った。すべてをかけて。

性についてたくさん考えずにはいられない映画。素晴らしかった。
>|