リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
実在したデンマークの画家、Lili ElbeとGerda Wegenerからインスパイアされた映画。
結婚していたEinarとGerda。観ていてGerdaの複雑な心境を常に考えていた。
chouchou

chouchouの感想・評価

5.0
いつの間にか“彼”が“彼女”になっていた。

ドレス姿が自然になり、スーツ姿に違和感を感じるようになった。

指先まで繊細な演技。

デンマークの色も
ふたりの愛も

とても哀しく、とても美しい映画。
MayanoIto

MayanoItoの感想・評価

4.1
愛している人が、愛している人で無くなってしまっても、支える強さが素敵すぎました。夜中に見たからか、めずらしく泣いた。わたしだったらどうするだろうと思って見てた
リリーという存在にとってアイナーを心から思うゲルダの愛はあまりにも酷で、純粋過ぎる愛に涙が止まりません
i

iの感想・評価

4.0
美しすぎるエディレッドメイン。見惚れる。
mamepiyo

mamepiyoの感想・評価

4.0
せつない。
ゲルダの寛容さ、愛の深さに感動した。
sy

syの感想・評価

-
登場人物たちの繊細な表情や勇気のある言葉がたくさんあってそれだけで泣けた
でもなによりもゲルダの勇敢さや聡明さにただただ惹かれた すきな人がいなくなる寂しさの中であれだけ賢明な判断をして支えられる愛の大きさ
>|