リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
実在したデンマークの画家、Lili ElbeとGerda Wegenerからインスパイアされた映画。
結婚していたEinarとGerda。観ていてGerdaの複雑な心境を常に考えていた。
aika

aikaの感想・評価

4.0

ずっと観たかった作品をやっと観れました(* ´꒳` *)♡

エディ・レッドメインの美しさに最後まで魅入ってしまいました( ᵒ̴̶̷᷄௰ᵒ̴̶̷᷅ )✨中性的な顔立ちを元々しているエディだからこそ出来た役だったと思います。
序盤の男性「アイナー」として過ごしている時から表情も一つ一つの動きが美しく、自分の中の女性「リリー」の存在に気づき始めてからは、どんどん中性的になり女性に見えて来たから本当に凄い・・・。鏡に向かって両手で頬杖をつく姿がとっても可愛い!!


トランスジェンダーへの理解がまだ深まっていない時代、いきなり愛する男性が、女性になりたいと言いだしら。「彼に会わせて、彼を返して」とゲルダがリリーに訴えるシーンはとても印象的。目の前にいるのはアイナーなのにアイナーじゃない、「これからアイナーを消しに行くんだ」と言われても最期まで彼の隣にいたゲルダ、彼女は本当に強い女性だなと思いました( ´;ω;` )
好きだった人に「ああ、俺彼女いるんだよね」って言われるとはわけが違うわけで。本人なはずなのに本人じゃない、男性なはずなのに女性、女性なはずなのに男性。想像もつかない。想像もつかないけれどこれが現実、実話であることを噛み締めながら観ました。

アイナーはリリーとして過ごすことで幸福感を得たけど、ゲルダはどこか報われない感じが切なくて仕方ない。リリーの言動が勝手すぎるなと思った部分もありました😰
それでもエディが美しかったので高得点つけました!!!!すみません!!!!!( ちょろい )
ソメヤ

ソメヤの感想・評価

5.0
ああ、なんと素晴らしいこと
かふぃ

かふぃの感想・評価

4.6
好きな映画Top10!
繊細な気持ちになれる映画
アイナーの葛藤や喜びを考えると今も泣ける(T_T)
ゲルダは夫を見捨てずに気丈に親友として支えて立派だな(T_T)
アリシアはコードネームU.N.C.L.Eを見てから好き!
この映画に関わった人たち全てがリリーエルベとその妻の愛を細部まで知り尽くし、愛した最高の愛の物語
Yukako

Yukakoの感想・評価

3.6
美しくて生々しい映画だった。
どんどんはまっていく感じがひしひしと伝わってきて、画面から目を背けたいのにずっと観てたいみたいな、不思議な感覚だった。
リアルな痛々しさが魅力だなと思う。
これ実話って信じられない。
2017/4/23 Blu-ray
レミゼラブルで主演の方を観たのがきっかけで。女性のような所作で凄いと思います。難しいテーマでした。
>|