リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

YunaKatou

YunaKatouの感想・評価

4.4
とても複雑な思いで見ていました。
色んな葛藤がお互いにあって切なくなりました。

そして愛は偉大だなとも思いました。

どうレビューしたらいいかわからない。
とても切なくて綺麗な話。
昨日見たエディと同一人物とは思えない。すごかった。。そして辛かった。奥さんとお友達の愛情深さに泣けた。
ここ最近の映画の中で1番感動した、と言うか愛をすごく考えた映画やった。パラフィリアの人とそれを取り巻く人の葛藤、愛。すごく美しい映画、なんというか言葉にできないけどただこういう映画が本当にいい映画なのかなぁ、みたいな。
ぷに

ぷにの感想・評価

-
足踏みしたり、後退したりするけど、たぶんきっと、世界はだんだんよくなっているのだと思う
深い愛を感じる
エディレッドメインが出てると5にするのか。笑

実話をもとにしてはいるものの、
実話と若干違うところもあるみたい。

私は男じゃなく女だという違和感
当事者にしかわからないけど、
表情とか行動でもうリリーしかいないのがわかるのが、嫁ゲルタ目線で見た時に
ものすごく悲しい
結婚しているのに、もう彼がいないという淋しさは計り知れないだろう
だってさ、目の前には姿があるのに、
最初からいなかったみたいになってしまうんだよ
好きな人が居るのに居ないみたいな


生きてるうちになりたいようになるのが
我々人間のやること
やりたいと言う思考に反してたら
きっと苦しいままだったでしょう
リリーのガッツ見習いたいし
ゲルタみたいに人を愛せる人になりたいね(^_^)
リリーの笑顔可愛いすぎ😍
nao

naoの感想・評価

4.1
初めてエディの演技を観ました、

一挙手一投足に引き込まれて
演技が演技だと思えなくて、

トランスジェンダーという認識すら
あまり無かったあの時代に
自分が自分であろうとすることは
すごく気力のいることだっただろうと、

たくさんの情報に触れられる
多様性を含み始めた今の時代だからこそ
マイノリティとマジョリティに
二分するのではなく
多様な中の一つと考えて
人がその人らしく生きられる
息のしやすい社会を作っていきたいと
改めて思えた、
anzuis

anzuisの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

やっと観れた。

デンマークの風景。
この映画のはじまりの景色。
あれはわたしの魂の情景だ。

ハンマースホイの世界を彷彿とさせる、
アイナーの見ていた景色、描いていた絵、
アイナーとゲルダの住んでいた家、
画の構図はまさに。
初めからハートを掴まれた。

ゲルダの服装はどれもわたしの好みで
これまたたまらなかった。

エディレッドメインがとても自然体で。
すごいなこのひとは。

ふたりの内面の繊細な動き、葛藤を
ひしひしと感じた。


ラストで号泣。
まさか亡くなるとは思わなかった。

やっと「本当の自分」になれたのに。

満点つけたかったけど、
亡くなってしまったのがショックすぎた。
Kakei0041

Kakei0041の感想・評価

5.0
本当によかった。
相手の存在をお互いに愛しているのが伝わってきますし、手術のあとも寄り添っている様子から、本当に性別とか関係ないのだと分からせてくれます。演技力にも脱帽です。
>|