リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっ…

1928年、デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナーは、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていた。そんなある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。それ以来、“リリー”という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。一方のゲルダも、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑うが、いつしかリリーこそがアイナーの本質なのだと理解するようになる。移住先のパリで問題解決の道を模索するふたり。やがてその前にひとりの婦人科医が現れる-。

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

makoto

makotoの感想・評価

4.0
トランスジェンダー映画であると同時に、その夫を支える妻ゲルダの物語ですね!

私は男でゲルダの気持ちはわかりかねますが、自分のパートナーの性別が変わってもなお支え続ける
ことはなかなか難しい事だと思います(^^;)

これが実話だからこそ驚かされるのだと思いますが。
最後のスカーフのシーン芸術的
どんどん綺麗になっていく描写が綺麗で1秒1秒が生きてる
AyumiMi

AyumiMiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

夫がどんどん女性化していき、それを見守る妻。切ない。
Mimily007

Mimily007の感想・評価

3.6
パートナーの隣にずっと居続ける奥さんがかっこいい!
一気見せずちょいちょい鑑賞
終わり方は綺麗だった
トム・フーパー監督の「英国王のスピーチ」には、私はいまいち乗れなかったんだけど、今回は世界観にすんなり入れたし、ぐいぐい引き込まれた。
英国王のコンプレックスよりも、リリーの‘‘本当の自分になりたい、自分らしく生きなければ生きてる意味がない”という思いの方が、共感できたからかも。

そして、主役二人の演技を抜きには語れない。オスカーはアリシア・ヴィキャンデルの受賞だけだったけど、アリシアが授賞式で言ってたように、エディ・レッドメインとの共演がお互いに良い影響を与えたんだろうな。
エディの、本当の自分に目覚めた戸惑いと喜びの混ざった表情とか、覚悟決めた笑顔とか、素晴らしかった!

映像的にもお話的にも、全体的にキレイにまとめたなぁ、という印象。
本物のリリーのことは何も知らないけど、きっと両親やら親戚やら世間の目やら、映画で描かれたよりもっともっと厳しく生き辛かったと思う。
この映画でほぼ夫婦の関係だけに焦点を当てたのは、物足りない部分もある反面、リリーとゲルダの内面の描写をする上では、分かりやすくなっていたのかな。
(日本公開時のレビューです)
mxx

mxxの感想・評価

4.8
エディレッドメインの繊細な演技。
所々で涙が出ました。
ストーリーもメイクも衣装も全て美しかったです。
C

Cの感想・評価

5.0
記録用
>|