リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

yukko

yukkoの感想・評価

3.0
先日観た『彼らが本気で編むときは、』のレビューで度々比較されてた本作。
どんなもんだべと鑑賞。

あの時代にそんな手術、凄い勇気。しかも急所だぜ!?勇気ってより無謀💧
愛する男が女になるなんて、どれ程辛かったか…それを許して傍で支える。
奥さんの懐深い愛。『わたしはロランス』に似てたな。
性同一性障害ではなく、ゲイでもなく、ただ女性になりたかった男の話と受け取った。
うた

うたの感想・評価

3.5
思い出し記録_φ(・_・

主人公がどんどんリリーになっていく様が凄かった。
リリーとして開花してからはどんどん女になり、欲が出てワガママに。本当に全てが女だった。

ただこの作品の本当の主人公は、ずっとリリーを支え続けた奥様でした。
tu

tuの感想・評価

4.0
触れたら粉々に砕けそうな心境。
指先まで白く美しい。現代の女性以上の女性らしさの気品ある肖像。
エディ・レッドメインの繊細な難役に自分の全エネルギー奪われる120分だった。
本当にこのお方凄い。
miki

mikiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

自信を持って人におすすめできる映画の1つ。
とにかく主演2人の演技がすごすぎて、セリフがあるシーンよりもないシーンの方が感情がものすごく伝わってきた。
リリーの所作がどんどん女性らしくなっていくその移り変わり方、リリーとゲルダの心情の描き方、どれをとっても素晴らしかった。

結婚している手前リリーは利己的なのではないかと最初は思ったが、自分の中の内なる性が覚醒して成長していくのに歯止めをかけることはきっと誰にも出来ないと思う。リリーは利己的に見えるかもしれないが、きっとああする他なかった。
リリーが男性としての自分に苦悩し、女性になりたいと願うその表情には涙が出た。

しかしゲルダも、愛していた夫が急に他の性に目覚め、リリーとして生きていくために夫の姿を消すことを半ば強制的に受け入れざるを得なかったことは人生の悲劇だと思う。
仮にリリーの手術が成功したとしても、姿は見えるのに生き別れたような地獄だったのではないかと思う。
人を全て受けいれ、励まし、丸ごと愛することがどれほど困難なことかがほんの少しだけわかった。
もりほ

もりほの感想・評価

4.5
葛藤が伝わって感情が揺すぶられる映画だった。素敵。
nekoneko

nekonekoの感想・評価

4.0
独特の世界観 先駆者って凄い
chiho

chihoの感想・評価

4.5
奥さん強し
>|