リリーのすべての作品情報・感想・評価

リリーのすべて2015年製作の映画)

The Danish Girl

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「リリーのすべて」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

4.5

切なくもあるけど、バッドエンドではないような、考えさせられる映画だった
エディの表情が絶妙ですばらしかった
pi

piの感想・評価

3.2
実話を元にした映画です。
アイナーという男性が、リリーという女性に生まれ変わる為、世界で初めて性転換手術を受けるお話しです。



アイナーには妻がいたのですが、その妻の辛さ、悲しさ、はきっと私が考える以上ものだったと思います。

妻の強さに感動しました。
Miko

Mikoの感想・評価

4.0
身体と心が必ずしも一致するわけではない。
なにを持って〔ありのまま〕といえるのか?

まず素直に驚いたのは、ウラが持っていた百合。
そこから簡単にリリーと名付けられただけなのに、アイナーはリリーという名に惹かれていく。
その背景には確実にアイナーの中に女性がいるということが理解出来る。
服を触る手がそれを物語っている。
名前なんて何でもいい。
ただ、心に忠実に女性でありたいという気持ちが感じられる。

エディ・レッドメインさんの演技力には脱帽した。
冒頭からなんとなく、ジェンダーレスな雰囲気を醸し出している。
アイナーとして寝ている姿でも、胸を手で覆っているのが凄く印象的だった。
リリーとしてからのエディはもう、完全に女性!
仕草や表情がぞっとするほど美しかった。
そして、ペニスを股に挟んだり、また女性を覗きながらペニスの存在に気づいて絶望する姿が切なかった。
アイナーとして、ゲルダに接する姿も、胸を締め付けられる。

アイナーの妻、ゲルダ。
彼女の姿も美しく、そして苦しさを感じた。
性別では語り切れない愛がそこにはあるけれど、でも夫アイナーを求める気持ちも交錯する。
アイナーと過ごした生活は偽りなのだろうか?
アイナーに会いたいと訴える姿が凄く辛かった。

芸術的な面で言えば、凄く凝っていて、何でもない風景でも美しかった。
映像がワンカットワンカット作り込まれていて、インテリアやドレス、構図すべてがパーフェクトだった。


ただ一点、演出が嫌。
脚色の強さ、綺麗な表面上だけの感じが強く思えてしまった。
監督が『レ・ミゼラブル』を作ったトム・フーパーさんらしくなんとなく理解出来た。
美しさだけが一人歩きしている気がする。
主演2人の演技が素晴らしいのだから、もっと引き算して欲しい。
ミュージカルの『レ・ミゼラブル』は演出多寡でもいいと思うけれど、今作は劇的を狙い過ぎている気がする。

それ以外はパーフェクト。
大切にしたい作品。

ストーリー : ★★★☆☆
映像 : ★★★★★
設定 : ★★★★☆
キャスト: ★★★★★
メッセージ性 : ★★★★☆
感情移入・共感 : ★★☆☆☆

cc/あなたの愛で、本当の自分になれた。
blue

blueの感想・評価

-
「リリーのすべて」
自分が妻の立場になった時、あのような慈悲にあふれた行動が出来るか、観ている間に何度も考えた。そのままの関係でいられるのであれば、性別を超えた人として愛していけるかも、いや、周囲の目が気になるかもしれない。そのままの関係でいられないのであれば尽くす必要があるのか、自分にとって利益があるのか。あんなに強い決断が出来るか。
westyard

westyardの感想・評価

4.6
この時代、カミングアウトするのはすごく難しかっただろうし、病気だと思われていたのはすごく考えさせられた。
でもひらすらにリリーがかわいい。奥さんが最高の奥さんすぎる。
あおい

あおいの感想・評価

3.5
思った以上に重たい話だった。奥さんが素敵だった。
>|