くろいひと

軽蔑のくろいひとのレビュー・感想・評価

軽蔑(1963年製作の映画)
3.5
男と女のあいだの、失われていく取り返しのつかない時間。
そこをかわりに埋めていく苛立ちと焦燥。

ゴダールの作品のなかではもっともわかりやすい「普通」の映画の体を見せている。

海と別荘へつづく脆くも長い階段と分かれ道。