よこえり

軽蔑のよこえりのレビュー・感想・評価

軽蔑(1963年製作の映画)
4.0
面白かった。男女のすれ違いがよく描かれている。映画産業に言及しているところも面白い。ほぼ夫婦の会話劇だけど、飽きず観てられる魅力があった。ゴダールのカラー好き。昔観たジャックロジエ監督の「パパラッツィ」は本作の撮影現場をモチーフにした作品なので、また観たくなった。