軽蔑の作品情報・感想・評価

「軽蔑」に投稿された感想・評価

kyon

kyonの感想・評価

4.0
作中に撮影されていた映画「オデュッセイア」がその後を予告するように重ね合わされる男性2人と女性。

ブリジット・バルドーは劇作家の妻役。

冒頭の裸でベッドに寝そべるシーンは強烈。シーツはあるんだけれど、画面の色彩が一面原色だったのが急に現実の色彩になったりして、バルドーが夫に自分の身体について問いかける。

生計のために普段受けない映画脚本の仕事を受けたことで、妻のバルドーとハリウッドのプロデューサーを引き合わせてしまう夫。

はじめは小さな綻びだったのが徐々にその穴が広がっていきやがて男女の関係が破綻する。

その中で、「オデュッセイア」で弓を射られるユリウスはこの夫とプロデューサーどちらだろうかと思いながら観ていたけど、まさかのラスト。そうか、そっちか…!となりました笑

ゴダール作品の色彩って何なんだろう!赤、青、黄がコンスタントに表れる画面に、バルドーも染まる。

赤いソファーには赤いシーツで、赤いスポーツカーには対照的なブルー系のファッション。あの有名なドット柄スカーフのバルドーは最初なんだね。
体型もやっぱりこのときが1番痩せてて美しさが異常。笑

黒いウィッグだったりフレアスカートだったり、フランス映画でファッションとの結びつきを考えたときまっさきに挙がるのがこの時代だなぁ。

ただ、夫がバルドーに対して横柄な態度や平手打ちしたりしたのは現代ではアウトだよなと思いながら時代を感じる。
RAT

RATの感想・評価

3.5
女むずッ
いやわかるけどさぁ………
OsamuFujii

OsamuFujiiの感想・評価

4.5
中学、高校生くらいで観ていたら、人生が少し変わっていたかもと思う作品。

フランス映画は大体途中で眠くなるか、二度に分けて観ることが多いが、この作品は最後までまさに、軽蔑、に引っ張られた。

自分が大学生の頃、プラトニックで煮え切らない態度を取っていた相手女性に、ある日から猛烈に冷淡な態度を取られ始めたヒリヒリする記憶が蘇り、この映画に頭を小突かれたような気がした。

燃えるような恋から、誰も寄せ付けないような盤石な愛に、という幻想の儚さと男女のリアリティは、製作から長い時を経た今も全く変わらない、気がする。

軽蔑されないように気をつけて生きねば、と思いつつ、軽蔑されないように気をつけている時点で軽蔑に値する気もする。

意味不明な感想ですみません。
にけ

にけの感想・評価

3.4
BBのお尻、お尻、お尻の映画
面白かった。男女のすれ違いがよく描かれている。映画産業に言及しているところも面白い。ほぼ夫婦の会話劇だけど、飽きず観てられる魅力があった。ゴダールのカラー好き。昔観たジャックロジエ監督の「パパラッツィ」は本作の撮影現場をモチーフにした作品なので、また観たくなった。
ン〜、全然好きじゃない
kenta

kentaの感想・評価

-
なんかだかな、切ないな。
ゴダールが映すのは我々の現実の普遍である人間の欲望と関係の崩壊について。だからこそファーストカットでは見ているこちら側にカメラが向けられる。ゴダールの映画はいつもとても普遍的でこちらの現実に寄り添い、とても切実で生っぽい。名作。
男と女のあいだの、失われていく取り返しのつかない時間。
そこをかわりに埋めていく苛立ちと焦燥。

ゴダールの作品のなかではもっともわかりやすい「普通」の映画の体を見せている。

海と別荘へつづく脆くも長い階段と分かれ道。
>|