ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜の作品情報・感想・評価

ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜1998年製作の映画)

製作国:

上映時間:93分

3.3

「ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜」に投稿された感想・評価

謎解き宝探しよりは、かなり戦闘アクションに振った作品に。
弱体化される五ェ門と次元。
そのぶん銭形のとっつぁんにカッコいいところが回って来てる。
ただ、不二子が日本でそこそこの雑誌の編集長に収まってるカラクリがわからんし、まりやの父まわりは説明不足感も。
とっつぁんが味方だと楽しい。
このヒロインめっちゃ可愛かった。とっつぁんすきになる映画
hiko

hikoの感想・評価

3.0
今回はルパンっていうよりとっつぁんって感じ!マリアが可愛いし、マリアのために銭形が頑張っちゃってる!笑

虫歯の次元、斬鉄剣取られた五右衛門
ルパンシリーズの中でもリアルタイムで観れたから割と思い出深いやーつ。
当時だとシリーズの中でも一番ってほどの作品だと思ってなかったが、こうして久しぶりに観ると演出と脚本が最高に良いしルパンらしいなぁと。ルパンっぽいコミカルな動きとありえないカーアクションでうわーっと車体が飛んでったと思ったら歯医者に突っ込んで治療中の次元と普通に会話を始めるみたいなピタゴラ装置が満載で、それにオリジナルキャラのマリアのシリアス路線が混ざっていて、これぞルパンOVAの魅力が満載の作品じゃ。
なな

ななの感想・評価

3.7
とっつぁん愛の物語(笑)ってかんじ。
>|