ゴーストバスターズの作品情報・感想・評価

ゴーストバスターズ2016年製作の映画)

Ghostbusters/S.O.S Fantôme

上映日:2016年08月19日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは世界初の心霊現象の科学的立証のため、日夜研究を重ねていた。しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに、その知識と技術を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが―。

「ゴーストバスターズ」に投稿された感想・評価

普通だった。オリジナル版を観たのは、小学生のときだったから、ドキドキ、ワクワクが、とんでもなかったけれど、40を過ぎて、残念ながら、もう、そういうのはなくなってしまった。
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

3.3
前作シリーズは厚顔無恥の極みであるベンクマンというキャラクターがどうしても好きになれず、作品自体の良さは感じつつも素直に楽しめなかった自分としては、このリブート作品は観ていて気持ち良く、楽しいものだった。
誰に何と言われようと自分達の努力を信じ、「私達には出来る」とあらゆる困難に堂々立ち振る舞う姿にはとても好感が持てる。バスターズの結束力は前シリーズよりも強調され、脳味噌カラッポの役立たずなケヴィンを紛う事無き仲間の一人として命懸けでバスターズが助ける所には目頭が熱くなった。
クリステン・ウィグやケイト・マッキノンのハッチャケぶりに比べ、メリッサ・マッカーシーがちょっと大人しくて味気無い所や、前バスターズメンバーのあまりに扱いが悪い所(出てこない方がマシだった)には、結構な勿体無さを感じた。
87

87の感想・評価

3.2
想像よりB級感が無くなっていて少し物悲しかったけど、恋愛に浮かれることもなく、ひたすらにゴーストと研究に打ち込んでいる姿はとてもよかった。
クリヘムの馬鹿っぷり、似合いすぎで、マジなんじゃないかとちょっと怖くなった(最高)
たまにブツブツと物語が切れる気がしたのと、最後さすがに雑じゃない?
カメオ出演には興奮。
大好きなクリステン・ウィグ、更に好きになった。
eriko

erikoの感想・評価

3.8
緑のネバネバ懐かしい。
後半失速気味だったけど笑いどころが普通に笑えるのでハッピー。
可愛くてアホなヒロイン枠がクリヘムなのもうける。
美人でもない若くもないおばさんたちの活躍は夢があっていい。
ケイトマッキノンがカッコよかった!
フォールアウトボーイとミッシーエリオットのゴーストバスターズがカッコよかった!
m11chan

m11chanの感想・評価

4.0
記録。
sei

seiの感想・評価

4.0
(※吹替版の感想)昔映画館で数回見て、その後も何度も見たけど、今回は数年ぶりかな?面白いけど、吹き替えこんなんだったっけ。字幕でないとあのいいテンポがちょっと死ぬのかなやっぱ。仕方ないけど
もん

もんの感想・評価

3.8
記録用
em

emの感想・評価

2.9
面白か小学生の時に見て何も考えず笑って見たい映画だった。
ギャグが自分にはあまり合わなかったけれど、なかなか楽しめました。
>|