なつ

軍中楽園のなつのレビュー・感想・評価

軍中楽園(2014年製作の映画)
3.0
中国と台湾が緊張関係にあった1969年、攻防の最前線だった金門島が舞台。
軍が管理する娼館を軸に物語が展開される。
台湾、ホウ・シャオシェン(傑作悲情城市の監督)が協力、舞台は1969年…時代に翻弄された系、娼婦…
そう、好きな要素てんこ盛りのはずだっんだけどな。
主人公の男性の成長物語ぽい。
娼婦達の悲喜こもごもにすれば良かったのになぁ…。
演出がまぁ、くさい、昭和ぽい、そのシーン数ヶ所に萎えた。
ただし…飽きなかったのが不思議!
『約束は、自分とするものよ』
『守るかどうかは自分が決めたんでしょ』
この台詞、考え方は好きかな。