片腕マシンボーイ

ローリングの片腕マシンボーイのレビュー・感想・評価

ローリング(2015年製作の映画)
3.6
ダメ人間が恋をして再生していく話やと思ってたんやけどな
全然違った!
裏切られた!
よい方向に裏切られた!
これはなダメ人間がますますダメになっていく話です…

教え子を盗撮し教師をクビになった男が久々に帰ってきてかつての教え子に出会うところから話は始まる
物語はその元教師のナレーションに沿って進んでいくのだが
元教師は最後には小鳥のヒナになってしまうらしい…

出てくるヤツがまぁ揃いも揃ってクズ野郎でな!
その盗撮教師はじめ
盗撮教師の恋人を奪う元教え子
盗撮教師と一緒に盗撮ビデオを売ろうとする元教え子
好きなのが手際の悪い元刑事!
などなどなかなかヒドイ
なるほどこれが先日の成人式でも諸々あった納豆の国かぁ(光圀公の国の皆さんゴメンなさい…)

でな、そんなヒドイ面子なモンやから小さな成功で調子のって
立ちションするやら
きょにうの奥さん(素人もののAVにでてそうな熟女 でてきた瞬間ハズレやわぁってなる感じの熟女)手篭めにするやら
ところが結局はドツボにハマっていくわけで
ハードディスクやら
ソーラーパネルやら
延長コードやら
散々悩まされた挙句
先生は小鳥…

かといってこれは悲劇でも胸糞映画でもなく喜劇
だいぶ人を選ぶ喜劇ですね
ハマればかなり楽しい!

しかしね僕どうも三浦貴大の顔と演技が苦手でね…
下手ではないんですがなんか苦手でね…
そのくせ気になる作品に結構出てる!
お母様はレコード何枚も持ってるくらい大好きなんですけどねぇ