ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初のバージョンの出来が悪くて再撮影して編集やり直したとか、そもそも結末わかってるじゃんとか、危惧する要素あったけど、結果としては満足して楽しく見終えた〜!めでたい〜!EP4今すぐ見たい〜!

最初の見せ場になる場所が砂漠に寺がある街で「これEP7と一緒じゃん…」ってなり、出来損ないのジャバみたいなキモめの生き物出てきて、なんかよく動機わかんないけど仲間が増えるし… とかく序盤はテンション上がらない感じなんだけど(EP7の序盤が面白かったことも影響あるかも)、「ローグワン」って名乗り出してからのフルスロットル感すごい。南国で戦うというロケーション選びも◎だった

見終わって、全編に渡って「希望」を託す話だということに気づいた所で、前述した、動機がよくわからない仲間というネガティヴな捉え方は改めて、1人1人は決して強くないけど、「希望」をどこかで引き継いでくれるであろう誰かへ託すために、命を賭けて目の前で自分ができることを精一杯行う、勇気のある仲間たちだと思って熱い気持ちになった。


そして、その想いを受け継ぐモチーフは最後の最後まで続いていき、設計図のデータがレイア姫にまで渡されたときにピークを迎えて、そこで終わるなんてそれは盛り上がるに決まってるわけで。

(感想で仲間たちのキャラが掘り下げられてないって意見をいくつか見て、それはそれで最もな気がするけど、この作品の場合特定のキャラを掘り下げるのはテーマがぶれる気がしちゃうとも思った。そういう納得するような動機じゃなくてもっと高貴なものに動かされているんだと思った方が良くない?)

TDLのスターツアーズが好きだったこととか子供のときのSWの思い出迷子になった

あと、オビ=ワン匂わせる台詞と「嫌な予感がする」のくだりはにわかファンでもドキドキした
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
臍

臍の感想・評価

3.0
基本的な流れはこれまでのサーガを汲んでたから気楽に観てた。
ミッシングリンクが繋がってく感じホント好き。
まぁシリーズなら反乱者達の方が好きなんだけどね。
OkuboKaren

OkuboKarenの感想・評価

3.9
切ない、、
頑張った、、
たろう

たろうの感想・評価

4.5
これは激アツ。
すばらしい。
諒子

諒子の感想・評価

4.7
スターウォーズが好きだからこそ、このスピンオフが大好き。

スターウォーズはスカイウォーカー家の英雄譚。もはや神話の世界。
それに対し、ローグワンは普通の人間が、人間の目線で悩み、選択し、戦う話。

何と言っても、物語を通して登場人物たちが自分の道を選ぶ様がいい。
彼らの行き着いた先は、信念の達成、そしてエロースではなくストルゲー。
ryo

ryoの感想・評価

3.9
4567812…ときて、ここで初ローグワン。

マッツ!!そしてドニー・イェン…!!ドニーさん強い…

いろいろ聞いててどうだろ〜と思ってたけど、いやこれ、他より好きかも、わたし。ドロイドも一番好き…。

終盤はもうマグ7みてる気持ちで悲壮な顔して観てた気がする。そしてレイア姫にやつあたりな気持ちさえ湧いてきたな…。
刑部

刑部の感想・評価

4.3
ああいうロボットに弱い…
>|