• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・レビュー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・レビュー

    山田にーち
    山田にーちの感想・レビュー
    2016/12/24
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    観てきました!おもしろかったです!

    冒頭のシーンで何故か小さな頃に観たエンドアを思い出しつつ、スター・ウォーズにしてはやけに早い場面転換で、うおお話を把握するのが辛いいいと思いつつ、いつのまにかどっぷり話の中に浸れてました。

    知らない星がバンバン出て来る中、ヤヴィンが出てきてニンマリ。さらには、ターキンがででーんと出て来るなど、スター・ウォーズファンにとってはウキウキする点がたくさんありました。

    なかでも、セリフにたびたび出て来る「HOPE」の言葉。スターウォーズエピソード4のA NEW HOPEに繋がるのだなあと、HOPEという言葉が出てくるたびに嬉しくなっていたのですが、ちょっとHOPEを出し過ぎだった気も……もう少し絞って、ラストシーンのレイア姫のところでゾクッ!とさせて欲しかったなーと思いました。

    いろいろ気になる点もありましたが、全体を通して面白かったです!
    特にラストのダースベイダー無双のシーンは痺れてしまいました。
    僕は旧三部作絶対最高マンなので、友達が旧三部作もリメイクして欲しいよねーなんて話を聞くたびに、お前はイウォークに火あぶりにされてしまえ!と怒るのですが、あんなかっこいいベイダー卿を観せられてしまうと、僕が死ぬまでのいつの日か……と、ちょっとあらぬことを考えてしまうほど、かっこよかったです。

    来年のエピソード8,そして今後も出るであろうスターウォーズレジェンズを観るのが楽しみです。

    スターウォーズがこんなに楽しめる時代に生まれてよかった!
    DKforce
    DKforceの感想・レビュー
    2分
    4.0
    デジタル配信にて観賞

    スピンオフながら、ストーリーはじわじわ楽しめる感じだった。

    フォースと共にあらんことをおまじないとして、四足歩行マシン、デス・スター、などのスターウォーズ要素はちらほら出す感じが逆に何かよかったかも。

    ダース・ベイダーの登場がタイミングのいいとこで笑

    すべての話の中のちょっとしたスピンオフとしてはよかったのではと感じました
    filmore
    filmoreの感想・レビュー
    5分
    4.1
    エピソード1.2.3と4.5.6を見事に繋いだ完璧な作品

    ジェダイも出てこないのに凄いスターウォーズ感が満載で、ルーカスフィルムの素晴らしさもジワジワクル!!
    大好きなドニーイェンも最高だった。
    ちく
    ちくの感想・レビュー
    26分
    3.5
    最後とても良かった。ダースベイダー!
    シリーズ全部観直したくなりました
    かれん
    かれんの感想・レビュー
    28分
    4.3
    取り敢えず記録
    たいち
    たいちの感想・レビュー
    1時間
    5.0
    前半はとてもつまらない。EP7よろしく延々と「ルーカスのSWがみたいなぁ…」としょげる。しかし後半になるとだんだん盛り上がりを見せていき、いつの間にか泣いている。最後は号泣。泣きすぎて画面が見えない。
    前半の退屈さも後半のための布石だったのではないかと思うレベル。
    にゃつこ
    にゃつこの感想・レビュー
    1時間
    3.5
    反乱軍がどのようにしてデス・スターの設計図を手に入れるか、という謎解きの回。
    帝国軍を憎む設計士が、デス・スターに欠陥を残し、それをメッセージを託した。それを聞いた娘が立ち上がり、死ぬ覚悟で設計図を手に入れる。仲間も主人公も全滅。ここまで犠牲だけをはらった回もない。

    最後に、ベイダーが反乱軍の船に入ってきて、そこにレイア姫もいたという部分が説明されていない。レイア姫がデータを手に入れるために運良くドッキングしていたということか。
    花
    の感想・レビュー
    1時間
    4.2
    劇場に行きたかったけど見逃してしまったので、DVDで観れました。ここ最近のスターウォーズではBB-8が出てくる「フォースの覚醒」がツボ過ぎてそれを期待してしまったのですが、今回はオーソドックスなスターウォーズシリーズに戻ったような印象を持ちました。やはり世界観が素晴らしくてそれを味わう作品ですね。将来はロボットと共存する世界になっているのかなぁなんて夢が広がりました。
    レストラニケーショ
    レストラニケーショの感想・レビュー
    1時間
    4.8
    スターウォーズシリーズの中でダントツナンバーワン作品!

    フォースを信じるものにフォースは、微笑む

    ローグワンの絆に刮目せよ

    これが、スターウォーズの真髄だ
    >|