ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

観てきました!おもしろかったです!

冒頭のシーンで何故か小さな頃に観たエンドアを思い出しつつ、スター・ウォーズにしてはやけに早い場面転換で、うおお話を把握するのが辛いいいと思いつつ、いつのまにかどっぷり話の中に浸れてました。

知らない星がバンバン出て来る中、ヤヴィンが出てきてニンマリ。さらには、ターキンがででーんと出て来るなど、スター・ウォーズファンにとってはウキウキする点がたくさんありました。

なかでも、セリフにたびたび出て来る「HOPE」の言葉。スターウォーズエピソード4のA NEW HOPEに繋がるのだなあと、HOPEという言葉が出てくるたびに嬉しくなっていたのですが、ちょっとHOPEを出し過ぎだった気も……もう少し絞って、ラストシーンのレイア姫のところでゾクッ!とさせて欲しかったなーと思いました。

いろいろ気になる点もありましたが、全体を通して面白かったです!
特にラストのダースベイダー無双のシーンは痺れてしまいました。
僕は旧三部作絶対最高マンなので、友達が旧三部作もリメイクして欲しいよねーなんて話を聞くたびに、お前はイウォークに火あぶりにされてしまえ!と怒るのですが、あんなかっこいいベイダー卿を観せられてしまうと、僕が死ぬまでのいつの日か……と、ちょっとあらぬことを考えてしまうほど、かっこよかったです。

来年のエピソード8,そして今後も出るであろうスターウォーズレジェンズを観るのが楽しみです。

スターウォーズがこんなに楽しめる時代に生まれてよかった!
スピンオフ作品というと大抵大コケするのだが、これは大成功。
エピソード4でさらっと出てきた設計図がどうやって反乱軍の、レイア姫の手に渡ったのか、スパイはどうやって設計図を手に入れたのかが事細かに描かれていた。
4以降の登場人物たちが活躍できるのも、設計図を必死に手に入れた名も知れぬ多くの人がいたからだと思い知った。
どんどん人が死んで行く中で設計図=希望を次の誰かに託していく姿は感動だった。
shoken

shokenの感想・評価

3.2
ローグワンは面白いって聞いてた。嘘だった。
エピソード4がだいぶ前に1回見ただけなんでよく覚えてなかったけど十分楽しかった。4を見てからもう一度見たい。
らー

らーの感想・評価

3.9
しっかりepisodeⅣに繋がってる。なんとなく予想していた結末通りだったが面白かった。


STARWARSシリーズの中で
一番好きな作品です。

設計図がまさかこんな
ドラマがあったなんて!!!

最後のダースベイダーが
カッコよすぎるでしょ。
あの勢い欲しかったよ。

号泣ですよ。

フォースと共にあれ。
>|