ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

観てきました!おもしろかったです!

冒頭のシーンで何故か小さな頃に観たエンドアを思い出しつつ、スター・ウォーズにしてはやけに早い場面転換で、うおお話を把握するのが辛いいいと思いつつ、いつのまにかどっぷり話の中に浸れてました。

知らない星がバンバン出て来る中、ヤヴィンが出てきてニンマリ。さらには、ターキンがででーんと出て来るなど、スター・ウォーズファンにとってはウキウキする点がたくさんありました。

なかでも、セリフにたびたび出て来る「HOPE」の言葉。スターウォーズエピソード4のA NEW HOPEに繋がるのだなあと、HOPEという言葉が出てくるたびに嬉しくなっていたのですが、ちょっとHOPEを出し過ぎだった気も……もう少し絞って、ラストシーンのレイア姫のところでゾクッ!とさせて欲しかったなーと思いました。

いろいろ気になる点もありましたが、全体を通して面白かったです!
特にラストのダースベイダー無双のシーンは痺れてしまいました。
僕は旧三部作絶対最高マンなので、友達が旧三部作もリメイクして欲しいよねーなんて話を聞くたびに、お前はイウォークに火あぶりにされてしまえ!と怒るのですが、あんなかっこいいベイダー卿を観せられてしまうと、僕が死ぬまでのいつの日か……と、ちょっとあらぬことを考えてしまうほど、かっこよかったです。

来年のエピソード8,そして今後も出るであろうスターウォーズレジェンズを観るのが楽しみです。

スターウォーズがこんなに楽しめる時代に生まれてよかった!
面白かった!スターウォーズはエピソード7までは鑑賞済み。あまり詳しくはないけれど笑 それでも、独立した物語としても楽しめました。最後は切ないけれど、希望を託し、自分の役割を果たしたことで、晴れやかな気持ちで運命を受け入れる姿がとても美しく感じました。これがエピソード4の「新たなる希望」に繋がっていくのです。

このレビューはネタバレを含みます

『新たなる希望』につながるストーリーとしてとても良いし、スピンオフという立ち位置にもマッチしていると思います。

そしてなにより、気に入ったシーンがたくさんあります。
冒頭の宇宙のカットと、陰鬱な海岸のショットはグラフィカルで格好いい。
中盤、デススターのビームのせいで押し寄せてくる岩石の波は怖いし、さっきまでいた所が容赦なくその波に飲み込まれる恐さ、悲しさも好き。
戦艦の画の構図はどれも効果的で、例えば街の上に停泊しているデストロイヤーは大迫力。異常にデカイものが空中で停滞している、という驚きにグッときます。ワープで反乱軍が飛び出してくるところもリズム感が気持ちよくエピック。
沿岸での戦闘シーンはSWシリーズでは新鮮なビジュアルで、たっぷり観られた分、この映画を思い出すときすぐにイメージできる、キャッチ―な色彩を添えていると思います。
SW7に続き、「見せ方」が好きでした。

多くの人がほめるであろうラスト数分は、私も興奮しました。多人数で応戦しているのになぜか敵わないダースベイダー。フォースが強いから倒せないのでしょうが、どうして倒せないのかパッと見て分からない感じが最高に恐怖を引き立てています。未知のものに対して抱く恐怖感がありました。
doragon

doragonの感想・評価

4.5
いわゆる最高の映画
ただ欲を言えば、ドニーさんの「お前ら先に逃げろ」的な展開とダースベーダーとの対決があればなあ
ぼくはどうにかなっていただろう

このレビューはネタバレを含みます

帝国の兵器「デス・スター」は、誰が作り、どのようにして反乱軍は設計図を手に入れたのかというお話。時系列は、エピソード3とエピソード4の間になります。


外伝ということもあり、ジェダイの騎士は出てこないというお話だが、戦闘機によるシーンや白兵戦のシーンはとても迫力がありました。特に、反乱軍の前に、AT AT(歩行戦闘機)が現れた瞬間、恐怖のようなものを感じました。
それぞれのキャラクターも魅力的で、k2と呼ばれるドロイドが面白く、戦闘シーンも含めて時間があっという間に過ぎました。
JUN

JUNの感想・評価

3.0
記録
う侍

う侍の感想・評価

4.2
このキャラクター構成が素晴らしすぎる。誰にもゆかりないのに全員のことが好きになるサイドストーリー。
みんなの力でスターウォーズはできています。
モモ

モモの感想・評価

2.8
長すぎる上映時間、物語が中々運ばない。
>|