• Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    ギャレス・エドワーズ
    脚本
    クリス・ワイツ
    キャスト
    フェリシティ・ジョーンズ
    ディエゴ・ルナ
    ベン・メンデルソーン
    ドニー・イェン
    チアン・ウェン
    フォレスト・ウィッテカー
    マッツ・ミケルセン
    アラン・テュディック
    リズ・アーメッド
    あらすじ
    スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

    「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

    年内に観て良かった〜〜!と感じるばかり。
    私はスターウォーズに詳しいマニアでは無いけど、今までに無い儚さと尊さがあって、感動のあまり観終えたあとは放心状態でした…
    まず、完全に戦争映画として確立しているのに感動。戦争映画こそ大義と人への愛が忠実に描けるものは無いと思いますし、途中、キャラクターの心情に「?」とはなるものの、そんなことをぶっ飛ばすかのような迫力倍増しにさせた映像、しかし、時代錯誤を感じさせない、70年代スターウォーズの雰囲気を守り抜いた映像に圧倒されまくりでした。
    スターウォーズシリーズにしては珍しく個人的に魅力的と思える人が出てきた
    と思ったのに笑
    わたしがスターウォーズにのめり込むきっかけになった映画

    このレビューはネタバレを含みます


    1年前にエピソード7をみてちょいがっかりしてたので、今回は面白さに舌を巻いた。

    めちゃくちゃいい。

    ラストの姫登場にびっくり。
    デス・スター攻略の裏にはこんなドラマがあったとは…
    切ない…

    イップマン観てすぐにローグワンを観たため、ドニーイェンの活躍に胸が躍った!
    やっぱかっこいいすねぇ

    このレビューはネタバレを含みます

    エピソード4につながる話なはずなのに、登場人物は誰1人わからない。

    最後にわかる、誰も生き残らないのだと。それがわかった時に涙が止まらなかった。

    希望は死なない って、そういう事なのかーと観客席でオイオイ泣きました。

    しかもジェダイじゃなくて、普通の人たちが頑張ってデススターの設計図を奪うんですものー!
    後追いのストーリーにしてはよく出来ていると思う。
    【注意❗️ネタバレ内容ですが、敢えて公開で投稿するので、未見の方々はレビューを読まないでください】

    これは数多いスターウォーズ・シリーズの中でも、エピソード4「帝国の逆襲」に並ぶ大傑作だと思いますよ。
    とにかく、スターウォーズ・ファンの方なら、シリーズの内容をより深く理解する為にも、必見の出来栄えです。
    まず、スタートから映像の美しさに圧倒されました。
    そして肝心のストーリーも内容的に深いし、人間の仲間同士の相剋関係なども、丁寧に描かれています。例えば、お互いに正しいことを主張するのですが、立場の違いで意見が分かれるとか。
    それから登場人物が皆んな個性的で、恰好良いのです。中でも私が特に痺れたのは、その中の2人、順主役の若い男性(すみません、役名は忘れました)と、盲目だけれど、剣術の能力を持ち、超人的に強いアジア系の男性役者(こちらも、すみません役名を忘れました)の恰好良さったら無いっすよ❣️
    皆んな、最初は謎っぽいキャラ設定で登場して来て、それが上手く伏線として張られていて、謎が少しずつ解明されて行く筋書きもお見事。
    先ほど説明した順主役の若い男性も最初は騒乱から逃れる為に、相棒を平気で撃ち殺す非情な人間かな?という設定のフェイントを掛けておいて、実はラストで主役級の活躍をする。
    更に感動したのは、こちらも先ほど説明した盲目のアジア系男性が、敵の張った惑星のシールド(バリアーみたいなもの)を開ける最重要な役目を果たし、見事に戦死するという、同じ男性としても観ていて痺れるほど恰好良い活躍をしてくれるのです❣️🤗👌✨

    実は私はこの作品を母と一緒に映画館で観ていて、何故かその時は面白さがまったく伝わらなかったのですが(寝不足で猛烈な睡魔に襲われて、ストーリーの途中で眠ってしまった為もありますが。。。)、世間の評判が余りにも良いので、自分の印象と世間の評判とのギャップの差が理解出来ず、あと友達の薦めもあって、もう一度観てみようという気になったのですが、本当に観て良かった、というのが率直な感想ですね。
    主役のヒロインもすっごい美人ではなく、そこそこの美人なので、逆にそこが却って逞しく見えて、とても好感が持てました。

    とにかく、観ていて こんなにハラハラドキドキ💓したのも久しぶり❣️というのが正直な感想ですね。

    追伸

    実は私は、障がい者なのですが、何故 盲目の剣術者が恰好良いかと説明しますと、最重要な役割を、敢えて物語の中で、障がい者役の人物に託してくれた映画会社か脚本家か監督か、誰かは分かりませんけれど、その方の配慮に、我々 障がい者へエールを送ってくれているような好感を持てたからです。

    追伸2

    あと、帝国軍が まるで現在の北朝鮮の非情さを暗に風刺している感覚で鑑賞していて、何と申しますか、複雑な心境でしたね。

    追伸3

    最後に、今の日本国の平和を始め、世界の平和な地域は、こういった戦争の犠牲者、戦死者の死の活躍の前提の上で成り立っているのだなという感想も持ちましたね。だから、安倍晋三の野郎も、今の日本国の平和は、必ず戦争で亡くなった尊い魂の方々の土台の上で成り立っていることを、本当の意味で深く学んで反省して欲しいですね。
    安倍よ、原発だって、労働者の被曝しながらの作業の犠牲の上で成り立っている事にもっと配慮せよ❗️😑🇯🇵✨

    以上でした。
    ネタバレなのに、公開で投稿して申し訳無い。でも、それだけ多くの方々に観て欲しい大傑作ですよ❣️

    面白かったあ❣️


    終わり。
    洋版座頭市がやばかった
    全然ルークとレイでてこなかったw
    >|