ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

年内に観て良かった〜〜!と感じるばかり。
私はスターウォーズに詳しいマニアでは無いけど、今までに無い儚さと尊さがあって、感動のあまり観終えたあとは放心状態でした…
まず、完全に戦争映画として確立しているのに感動。戦争映画こそ大義と人への愛が忠実に描けるものは無いと思いますし、途中、キャラクターの心情に「?」とはなるものの、そんなことをぶっ飛ばすかのような迫力倍増しにさせた映像、しかし、時代錯誤を感じさせない、70年代スターウォーズの雰囲気を守り抜いた映像に圧倒されまくりでした。
Haruna

Harunaの感想・評価

3.5
皆さんのレビューが高くて
すこーし期待してたんですが…
わたし的には戦争映画の側面が強くてちょっとハマらなかった…!

ですがエピソード3.8と言われるだけあってこれを観ることでエピソード4の重みが増すのは納得。

観るか観ないか…それは言わずもがな観るべきです!

ラスト5分の繋がりの部分はまさに感動!

多くの犠牲があって
“希望”が受け継がれていったのだと分かります。

改めて思うがスターウォーズは奥が深い。
sh1nhee

sh1nheeの感想・評価

3.8
スターウォーズシリーズのストーリーを補完した作品!
帝国軍の科学兵器デス・スターの設計図を反乱軍が手にした経緯が描かれました…

まさに戦争そのものです、ただただジンや他の反乱軍仲間が設計図を奪取するため、奮起しまくります
監督こそ違えど、スターウォーズの世界観をそのままに、本編よりもリアリティのある戦闘が続きます、
これを見てから本編見るとより感動が増しそうです
好きだけど悲しい話。

このレビューはネタバレを含みます

ようやく見れた~!そして一言。
う~ん、切ない。とても切ない。

ストーリーの展開上、誰とて絶対に生き残ってはいけないと分かっていながら見る映画は他にないんじゃないかな?

本編を邪魔することなく、でもそれでいてデス・スター破壊に繋ぐ。野球で例えるなら、ランナーを進塁させる見事な送りバント。最後のレイア姫の登場には胸が熱くなるものを感じた。

基本的にシリーズものは主人公並びにサブメンバーは生き残ってナンボなんだけど、絶対に現実ではありえないよね、っていう側面をスターウォーズでも見れて、逆に安心?

評価4.1の理由も納得だし、これは今まで見ていなかったのが失礼レベルでした。
Seiji

Seijiの感想・評価

4.3
デススターとかいう黒いでかい星を壊す装置を止めようと頑張る人らのはなし、全てのキャラがカッコいい、演出も最高、
シリーズ最高傑作という声を周りからもかなり聞くけど、そこまでか…?
ソウゲレラのくだりや、行き詰まりを感じるシーンが多い。
でも後半はすごい、泣いて見た。
>|