ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

年内に観て良かった〜〜!と感じるばかり。
私はスターウォーズに詳しいマニアでは無いけど、今までに無い儚さと尊さがあって、感動のあまり観終えたあとは放心状態でした…
まず、完全に戦争映画として確立しているのに感動。戦争映画こそ大義と人への愛が忠実に描けるものは無いと思いますし、途中、キャラクターの心情に「?」とはなるものの、そんなことをぶっ飛ばすかのような迫力倍増しにさせた映像、しかし、時代錯誤を感じさせない、70年代スターウォーズの雰囲気を守り抜いた映像に圧倒されまくりでした。
jedi

jediの感想・評価

4.5
正義感とはなにかを考えさせられる
見終わった後の虚無感がすごかった。これは戦争映画だね。熱い気持ちを持って星のために戦うんだも。本当に悲しかった。最初はなんとなく見てたけど気づいたら夢中でした。
でも悲しさの中にもこれ見終えた瞬間古いというだけの理由であまり好きでない4を見たくて見たくてたまらなくなった!
この繋がりは続きが気になる!!4をもう1度見たくなるようによく作られてるなと思った。
やっぱり時系列で見たい派。
なほむ

なほむの感想・評価

3.5
ラストになるにつれ唖然
mayo

mayoの感想・評価

3.8
ちょいちょいスターウォーズネタあるのやっぱ楽しい
ダースベーダー映画館で見れた時にはもうサイコーすぎる!なにせこの時代の人はスターウォーズ映画館ではほぼ見れないと思ってたと思うし!
スターウォーズなのにスターウォーズじゃない
最後に全てが詰まってて熱くなる
かずや

かずやの感想・評価

3.5
オープニングちょっとまって
オープニングちゃんとしてほしかった
音楽も変えんといてほしい!
ラストのダースベイダーのとこめっちゃテンション上がった
>|