ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.2
急遽滑り込みで観ることに…

良い意味でスターウォーズっぽくなかったような気がする
ラスト10分は本当に興奮した

K-2SOはアイロボットのサニーと同じ声優さんなんですね、ぴったり。
STAR WARSファンは見て損はないです。スピンオフだけど金かけてます。脇役が主役よりも目立ってます。個人的にはK-2SOが良かった。

次のスピンオフも期待です☆
おもんないやんけ
まこと

まことの感想・評価

4.1
たとえば映画


横顔しか映らない人

主役と道端ですれ違うだけの人

セリフのない大多数の人々



たとえば小説


物語においてキーパーソンではない人

ストーリーに膨らみをもたらすために話の脇を固めているだけの人

一頁しか登場しないような名も無き人々




たとえば日常生活


向かいのホームで電車を待っている人

間違い電話をかけてきた人

前の車を運転している人




どんな人にもドラマはある

波乱に満ちた人生がある



一人として漏れる者はいない

全ての人々に物語がある
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.0
また4みなきゃ。これから何回見返せばいいんだろ。
スターウォーズ観てなくてもこれだけでわかる。脇役も目立っててよかった。
しかしこの映画で推しを見つけてしまうと後が苦しいです。
ドニー・イェンのキャラがツボ過ぎた
sharko

sharkoの感想・評価

4.4
去年末に観てた

あんまり期待していなかたけど、スターウォーズ好き、と言ってる責任から鑑賞。
めちゃくちゃ面白かった。
期待していなかったからですか⁉︎ディエゴルナが好きだからですか⁉︎
観た後、すぐエピソード4観てしまった。
正直新作に期待してません。でもローグワンのおかげ、せい?でまたいい意味で裏切られること期待してしまう。
Oto

Otoの感想・評価

3.9
仲間たちが同時進行で協力して次々と現れる難題を自己犠牲を通して乗り越えるっていう教科書通りのエンタメだけど、ラストのピークまで飽きないテンポ感(少し退屈な中盤を除けば)。
40年経ってもまだ楽しめる余地のある遺産を残したep4の偉大さを実感する。仲間とかドロイドとか旧三部よりずっと強い気がするけど、選民思想の強めな正史よりは等身大で泣けた(泣かないけど)。
メインキャストに東洋人って初なのか。悪役も魅力的でカイロレンはベイダーにはなれないんだろーなと改めて思った。
今作はエピソード4が抱える瑕疵(何故、最新技術を駆使した、デススターにあんな建築ミスが見過ごされていたのか…など)を帳消しにするばかりか、それを逆手に、優れた変奏曲としてエピ4にアンチエイジングを施したように思います。
これまでのスターウォーズは、いわばルーカスの心象を投影した、良くも悪くも、”私小説”の側面があったと思うんです。去年の、ルーカス抜きのエピ7も、”意図して”そのラインを踏襲していたと思うんですが、より風通しの良いものになっておりました。
今作はスピンオフという、ある意味作り手にはやりたいことが、出来る自由度の高い素材だったこともありますが、スターウォーズ魂を損なうことなく、優れた物語を構築していましたね。
そして、今の時勢を反映したメッセージ(正義とは何か)も押しつけがましくない程度に盛り込まれておりました。
…そして、何よりもあの、お約束だったオープニングのあれやこれやを、ばっさり取っ払っちゃったことですね。これは勇気がいったことだと思いましたが、大成功でしたね。これは、本編じゃないんだ、という矜持が…それだけで天晴れです。
>|