ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
ご存知の世界で、ご存知の展開で、ご存知のクオリティーでって、現代の水戸黄門だ
Mao

Maoの感想・評価

4.0
悲しい終わり。
思い出し映画レビュー。何となく気乗りはしていなかった。ガンダムによくある宇宙世紀年表の隙間埋め作品のような小さくまとまった印象を感じていてその類じゃないかと。嫌な予感は的中。ギャレス・エドワーズは偉大なるスターウォーズサーガの末席を汚したことで満足したのか、本編に対して遠慮を重ねた忖度のようなスピンオフに。せっかくドニー・イェンを盲目の戦士という美味しい設定まで付けて出したのにちょっと施設を占拠した程度で済ませて満足なのか。ベイダーと戦わせたりしないのか。EP4へのサービスという名目の元、雑兵相手に無双するだけで終了のベイダー。

単体の作品としても疑問の残る展開。最も過激な反乱軍という触れ込みのフォレスト・ウィテカー。過激なことって触手プレイですか。ジェダイのいない反乱軍。それならばストームトルーパーは脅威であるはず。あれれ、いつも通り射撃精度の低いブラスターを振り回す的ですね。EP7には強いトルーパーがいたと言うのに、本作のオモテナシぶりはゲームの雑魚敵のよう。そう、ゲームならこのストーリーも含めて面白かったに違いない。映画としてはEP1よりもつまらなく感じたSWで、製作が難航しているハン・ソロのスピンオフも不安である。
やりたいことは分かるけど何となく集まった感が拭えなくて命懸けの戦いに納得出来なかった
何より主人公が好きになれなかった
テーマが良い分…何よりSWだからこそ色々と気になって好評価は出来なかった
最後はテンション上がるけどおおむね地味
ヒロインをはじめ主要キャストの個性がイマイチ
やっぱライトセーバーのチャンバラはもっと見たいかな
エリ

エリの感想・評価

-
人数が多くてムズイっす
Gee

Geeの感想・評価

4.5
記録
twilight

twilightの感想・評価

4.8
STAR WARS史上一番泣きました。

みんながみんな、フォースを使えるわけじゃないですからね。
切ないです。
Ryuta

Ryutaの感想・評価

4.3
個人的にフォースの覚醒より面白かった
よしき

よしきの感想・評価

4.5
ギャレゴジを見た後だと、この監督に対して信頼度は低かったのですが、いざ劇場で鑑賞してみると"めっちゃ面白いじゃん!!"とカウンターを喰らいました。
後半に行くにつれてグイグイ面白さが加速していき、スター・ウォーズサーガの一作として、正当に受け入れられるべき作品だったと思いました。
ライトセイバーをほぼ出さずに、銃やグレネードといったミリタリー調にしたのも素晴らしいと思います。

正直今作の立役者はギャレスではなく、ボーンシリーズ脚本家のトニー・ギルロイ監督だと今でも思ってるんですけど、実際のところどうなんですかね。
K-2のディテールも観る前は嫌いだったけど、今では少し頼もしく見える。いい奴だったよ。
>|