ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
ご存知の世界で、ご存知の展開で、ご存知のクオリティーでって、現代の水戸黄門だ
すい佳

すい佳の感想・評価

3.0
意外な展開でした。
KIHO

KIHOの感想・評価

4.0
選ばれしものがめくるめく冒険活劇を展開する華やかなエピソード4とは対照的に、名も無きものの知られざる戦いをシビアに描いたストーリー。スターウォーズシリーズの中で最も感傷的なお話です。「泣ける」スターウォーズ…といった感じでしょうか。シリーズ本編とはまた違った雰囲気の作品が楽しめるのも、スピンオフのいいところです。

エピソード4で反乱軍がすでに持っていたデス・スターの設計図。帝国軍の最新兵器なのに1個所破壊すると全てが木っ端微塵になる謎の設定。この2点は今まで「ご都合主義だ」と批判する人さえいたのですが、本作を見ればその謎がわかります。エピソード4では黄色い字幕の中でしか語られなかった設計図奪還とデス・スターの致命的弱点に、まさかこんな涙なしでは語れない真実が隠されていたとは!本作を見た後エピソード4を観ると、黄色い字幕が流れただけでぽろぽろと涙がこぼれてしまいました。

スターウォーズシリーズは時系列がバラバラに公開されているため、最新作を観るたびに新しい事実が明らかになり、今までの作品を見直したくなります。この「ローグ・ワン」もまた、壮大なスペースオペラの魅力を倍増させてくれるいい作品でした。

フォースと共にあらんことを
最速上映会を観た
命のバトン
れぼこ

れぼこの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

エピソードⅢの後に鑑賞。
フォロワーさんのアドバイスがなければこのタイミングで観ることを逃していたであろう作品。

キャストからもうテンション上がりまくりです!
フェリシティ・ジョーンズにフォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、ドニー・イェンまでいるなんてもう、それだけで泣いちゃいました。
キャラクターのバランスが絶妙!
メインキャラの個性がいい塩梅で、大好きになりました!それはもう儚いくらい…🙈

ストーリーが進むにつれて、とめどなく溢れる悲哀成分。
どうなるのか分かってしまいますもんね。
だからこそ涙ボロボロ流しました。
終盤のダース・ベイダーのシーンでまたテンションが乱れる。
エピソードⅢの後だからこそ。

見事な付線回収を経てエピソードⅣへ希望を託すストーリー。
エピソードⅣを観ている時に、彼らの功績を思い出すのでしょう。
素晴らしい作品でした。

このレビューはネタバレを含みます

こんなにみんな死ぬ映画はじめてみた
ARB

ARBの感想・評価

3.2
よかったけどこれは予習が必要だと思った。どこがどう繋がって、どういう状況の話か把握するのに時間がかかった。今度3、ローグワン、4と見ます。
Yui

Yuiの感想・評価

2.0
話がわかんなかった🙀💦
シリーズをもっと色々見てからもう一回改めて見ます。
>|