ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
ご存知の世界で、ご存知の展開で、ご存知のクオリティーでって、現代の水戸黄門だ
時系列的にはエピソード4の少し前の話。端的に言って最新作よりも新鮮で面白かった。ジェダイがほぼ出てこない外伝だからこそ人間臭くて面白かったのかな〜と。目の見えないジェダイ?に憧れてる人?なのかな、あの人もめっちゃ強いし、今まで出てきたドロイドの中でK-2SOが頭もいいし融通も利くし強い。最後は人間臭い死に方をしてとても好きになった。K-2SOみたいなのがいるのならエピソード3で大活躍だっただろうにwと思ったけどそこはお口チャックで。僕的に3.4.5に匹敵するぐらい好きかも。面白かったな〜〜。
2018-92
このスピンオフの在り方はずるいなぁ、素晴らしい、映画館で観たかった。
物語の裏には物語がある。物語は連なっている。こんな裏話があったんだ…。
切なくも興奮のラスト。
Sayas

Sayasの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

リアルな戦争


ジェダイの騎士がいない、大義という理由で戦う全編リアルな戦争映画。
登場人物全員死亡で特にラストのヒロインの場面は泣けるかも?
そして、その後、ベイダー卿の兵士を圧倒的な強さで皆殺しにするシーンはスターウォーズファンにはたまらないところである。
Qoo

Qooの感想・評価

-
泣いた記憶があり
takuma

takumaの感想・評価

4.5
イップ・マンのドニー・イェン目当てで鑑賞。ひたすら「フォースは我とともにあり」と空気を読まずに唱え続けるクソ真面目天然キャラが可愛かった。
東洋人のイメージってこうなのだろうか(笑)
スピンオフ作品というと大抵大コケするのだが、これは大成功。
エピソード4でさらっと出てきた設計図がどうやって反乱軍の、レイア姫の手に渡ったのか、スパイはどうやって設計図を手に入れたのかが事細かに描かれていた。
4以降の登場人物たちが活躍できるのも、設計図を必死に手に入れた名も知れぬ多くの人がいたからだと思い知った。
どんどん人が死んで行く中で設計図=希望を次の誰かに託していく姿は感動だった。
shoken

shokenの感想・評価

3.2
ローグワンは面白いって聞いてた。嘘だった。
>|