ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

12月16日
映画館で見た

僕の中のスターウォーズランキングを塗り替えた!
帝国の逆襲と同等かそれ以上の作品。
少し登場人物が多すぎて分かりにくいって点はあったけれどもそれ以外は文句なし!! 何よりも終盤でダースベイダーの強さと恐怖感が描かれてて最高!!
けん

けんの感想・評価

4.4
アチい
T4

T4の感想・評価

3.6
ワクワク要素は少ないが観終わったらやはり圧倒される。
vivi

viviの感想・評価

2.9
盲目の人がすごく良かったです。
キャラも戦闘も良かった。

でもハマんなかったなー…。
オリジナルトリロジーにあんまり思い入れないからかなー…。
いいところはたくさんあったんですけど…。

◆前半は好き、後半は嫌い
密命を帯びた同行者がいる緊張感。
集まって行く仲間はそれぞれ事情があって多彩で、
目的に近付くのと同時に主人公の過去に迫って行く。
前半は結構好みの筋書きです。
ジンは最初は両軍が敵だったのに、反乱の動機を見つけて奮起するとこも良く描けてました。
後半はドンパチしてるだけですね…。
それが観たい人には良いのかも…でもあんまり爽快感もなかったので退屈しました。
たぶん戦闘機の空中戦に興味がないからです。

◆Ep4への繋ぎはカンペキ
ベイダーを小出し(大出し!?)にしつつ、このまま続けてEp4観たくなるように仕上がってて、こだわりを感じました。
各所のファンサービスもかなり充実してます。

◆ストーリーラインが微妙
ぐっと来たり熱くなるシーンは結構あるんですけど、その間でダレてた印象。
飽きたなーっと思い始めた頃には次の山場が来るんですけど、やっぱり集中力散漫気味でした。ファンサービスとの兼ね合いもあるので仕方ないけど。
後はこれも設定上仕方ないけど、
ライトセーバーはもっと観たかった…!
序盤はちょっと退屈だったけど、終盤の戦闘シーンは
真にSTARWARSという感じで、
とても胸が熱くなった。

主演の2人のバックグラウンドも
きちんと説明されていて
応援せずにはいられない。

他の登場人物たちとも
強い絆を感じたし、
スターウォーズいいなーと思った。
mikioart

mikioartの感想・評価

4.0
SWってジェダイいなくても面白いの作れるのかと感心しました。
>|