ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.5
未来に希望を託した人達の命を賭けたリレーがジーンとくる。

チルートがスイッチを入れに行くシーンで、もしかしてライトセーバー出ちゃうと期待してしまった。
あや

あやの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あぁ もう 最高に素晴らしかった…!!!
かっこよかった…!!!
Ep1〜6に劣らぬ興奮と感動をありがとう!
“デス・スターの設計図を盗み出す”という目的から逆算でここまでのストーリーを生み出しただなんて…あっぱれ!脱帽です。
とにかく飽きずに最後まで楽しめました。スターウォーズの世界観にのめり込むことができて幸せ。

正直Ep4で 最終兵器にそんな致命的欠陥あり…? と脳裏をかすめたもんだから、本作でのそこの回収が熱くて震えました。あの背景には自由のために戦った誇り高い父娘がいたのだと。あぁ 胸が熱い。

Ep4へ直に繋がるラストも素晴らしく鳥肌。かっこよすぎる。レイア姫……最高。
R2-D2とC3-POの登場も唐突すぎてニクい。最高。

どこまでも一縷の「希望」のために戦う反乱軍。あぁ 痺れます。
この何年後かに新たな人々によって得られる勝利も、ローグ・ワンの活躍があってこそ。時代と時代を繋ぐ架け橋となった名もなき戦士たちに心からの敬意を表したい。
彼らが一人残らず散っていく姿に胸が詰まる思いだったけれど、全ては自由のため。勝利のため。誇り高い犠牲が決して無駄にはならないことを知っているから、ぐっとこらえることができた。

あぁ このまま続けてEp4から観直したい〜〜!スターウォーズ沼に落ちていきたい〜〜!笑

素晴らしい興奮と胸熱をありがとう、ローグ・ワン。
反乱軍勝利の為の無駄な犠牲なんて一つも無かったと確信することができました。
混じって戦いたかった。
ゴッチ

ゴッチの感想・評価

3.5
そこそこ良いよね。
青嵐

青嵐の感想・評価

4.0
これは
面白いわぁ

スターウォーズ
そんなに思い入れがないので
ススメられるままに録画を観た。

久しぶりに力入りました。
戦争はダメです。みたいな当たり前なことを描いてくれています。

ただし
ん?それはなに?君の名は?
惑星の名前?
えーっと
って思っているうちにお話すすんでしまったので
改めてフォースとは何ぞやからお勉強してしまったことを
(///∇///)告白します。
ローグって
意味も知ってるぜ!(笑)
りきや

りきやの感想・評価

4.0
本編より泣けた。
なぜ?
スターウォーズじゃないスターウォーズ。
結末がわかってるだけに切ないよ…。キャラクター全員がかっこよすぎる。
大味じゃないスターウォーズはスターウォーズじゃないって人もいるけど、映画として最高に胸熱になる20分だと思う。
大好きな作品
>|