ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.5
未来に希望を託した人達の命を賭けたリレーがジーンとくる。

チルートがスイッチを入れに行くシーンで、もしかしてライトセーバー出ちゃうと期待してしまった。
たま

たまの感想・評価

4.0
同盟軍の後ろ暗い部分、設計図一つの下の大きすぎる犠牲。正義と悪の戦いがメインの本編(4〜6)に対する、完璧なスピンオフ作品だと思いました。
親子の絆が大きなテーマであるのは本編と共通しています。
多くの死を背にしつつも決して振り返らず、糸のような希望を繋いでいく切ない物語ですが、それがエピソード4へ繋がった!となるラストは鳥肌。同じくラストのダースベーダーの格好良さにも鳥肌。
後半の艦隊戦は大迫力で、映像的にも大満足です。
CoJu

CoJuの感想・評価

4.1
「メダルオブオナー」の作曲で有名なGiacchinoがOSTを担当. よくこの作曲ができたなと思う.

各隊のリーダーをCGで再現したりと、なかなか芸が細かい.

サイドストーリーとしては完璧だった. 早く観ておけばよかった.
これがもしSWの世界でなければもっと好きかもしれない。スぺースオペラの世界観の上にシリアスを載っけるとグラグラ不安定。だったらもっとトーンを明るくしないと。なんでもかんでも深刻ぶるのは今の流行りなのかもしれないけれど、それにしては覚悟が足りない。ドニーが幼いヒロインを背負って単身敵地にみたいなストーリーの方が見たかった。ベイダー卿はSWの核だなあ。
最近のスターウォーズの中ではダントツで面白い。メンバーがみんな最高。
なんでデススターに弱点があるのか理解した。正義の下にある犠牲。
一色景

一色景の感想・評価

2.5
スターウォーズはEP7まで視聴済み
またシリーズに関するスピンオフは恐らくこれが初視聴…のはず
出資元がディズニーになってからというものの、SF色というよりはファンタジー色が強くなってきたSWシリーズ、とはいえタイトルの通りあくまでテーマは戦争であり、今作は比較的その戦争的な側面を切り出した作品となる訳だが…過去作以上に癖の強いキャラクターが多く感じる
なんでこいつこんな宇宙のはしっこで燻ってたんや…みたいな連中がメインに絡みすぎていて、なんとなくこれまでの作品で積み上げてきた世界観にそぐわない
また類似の点としてこれはEP7でも感じたことだが、ストームトゥルーパー初め、帝国軍の兵器にバリエーションを増やしすぎている、これは順当に考えれば確かに局地対応型兵器というのは必ずしも開発されるはずで、ごく自然なことだと理解できるし、また新兵器そのものへの感心は高いのだが、どうしてもグッズ販売など、出資元の意向を感じてしまう
言うなればネズミ帝国の影とでも言えばよいのか…どうしてもこのケチは頭から離れないし、また今後の作品にも付いていくだろう…

作品単位では、基本的にいつものSWの雛型と同じく、その作品の主人公の生い立ち~宇宙に出るまで、最終的には宇宙的なドンパチ、といった形
ただ、個人的にはあの尺で主人公に感情移入できるかと言われるとそれはなく、ならばもう少し浅めに掘って、他のことに時間を使っても良かったのでは?とも思う
特に反逆軍との合流はもっと慎重さがあってよかったと思う、ポッと現れた一人の少女に夢語られてやる気になってしまってる一部の反逆軍を見ているとなんとなく違和感…
ただこの辺もディズニー感といわれれば「そうね」と言えてしまうところもあり、なんとも言えないところ

スピンオフとしては不足なく、また必要な部分が補完されていたと思う、逆に言えばこれだけをパッとみて楽しめるわけではないので、必ずEP1~6、少なくとも4は視聴してからの鑑賞をおすすめします
悔しいけどラスト鳥肌。
>|