ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

え、全員死んじゃうのかよ…と思ったけど、そりゃそうか
tekito

tekitoの感想・評価

4.4
2017.劇場にて観賞 思い出し

登場人物の名前が、後世に、つまりEP4以降に一言も出てこない時点で分かってはいた。
分かっていたつもりでも、実際に命懸けで戦う姿を見たら、そりゃ泣くでしょ。。

一番胸熱なのはダースベイダーに追われる中で希望のバトンを渡し続ける反乱軍兵士達!
ジンやキャシアンもその後の歴史においては名もなき英雄だけど、劇中に名前すら触れられない一兵卒でさえも大義のための自己犠牲を厭わない。
その結果勝ち得た帝国への勝利だと思うと、自由への闘いって並大抵じゃないよなと思い知らされる。

これはもちろんSWユニバースのフィクションなんだけど、実際の地球上の歴史においてもそういった名もなき英雄によって今の社会があるんだよなと思うと、感慨深い。

キャシアンの、後ろめたいことによって手を汚してきたと打ち明けるシーンも涙なしでは見れない。。

みなさんおっしゃる通り、SWで一番好き。
傑作だと思う。
なつこ

なつこの感想・評価

5.0
最初から結末はわかってたけれど熱くなった。スターウォーズシリーズの中で一番すき。
xyz

xyzの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

繋がった!新三部作と旧三部作が繋がった!
シリーズ上は決して重要ではない、謂わば名も無き戦士たち(もちろんK-2含む)の戦いぶりに涙!
彼らの死は無駄ではない!
そして、まさかの若きレイア姫の登場に涙!←これは技術の進歩に感謝。

また旧三部作を一から観たくなりました。
#2016-119// IMAX3D
2016年の締め。
スターウォーズシリーズは苦手だし、フェリシティジョーンズは苦手で、ハマるか不安要素しかなかった。
が、結果こういうのが見たかったし、一年の締めにふさわしい一本だった。

フタをあければスターウォーズのカケラもなくて、シリーズに位置するただの戦争映画。
名もなき人々が、フォースを信じ、愛を信じ、希望を信じ、仲間を信じ、闘い散っていく。かたや中間管理職の悲劇。
そして圧倒的絶望体現するダースベーダー。
こんなの涙なしに見れようか。
Reina

Reinaの感想・評価

3.0
中盤までストーリーを理解するのがとても大変だった。
スターウォーズシリーズを全部見たらまた見てみたい
Ren

Renの感想・評価

3.5
キャラも新たに作られたものだったが、魅力的だった。終わり方もすっきりしていて良い。
あつ

あつの感想・評価

4.7
スターウォーズではないけどそれを基にしたストーリーでとてもよかった。
特に登場人物一人一人が漢漢で胸が熱くなった。
YuikiKoiwa

YuikiKoiwaの感想・評価

3.5
ディズニー制作のスターウォーズとしては初めての観賞。

父と娘の別れと再開。デス・スターの恐怖。反乱軍内の不和。団結の力。

とりあえず分かりやすい感動メッセージを詰め込んだような印象。

死に対しての恐怖が全体的に強く、そもそもの映画のテーマの1つになっている。

それは演出にもありありと表れていて、キャラクターの感情を強調するようにじっくりしたカットや長いセリフが多い。

また、反乱軍や僧侶など一般人から見たフォースという視点が描かれている。これはジェダイが出演しないからこそだろう。

彼らは恐怖の克服と忍耐ではなく、正義を貫くことと勇気をフォースと考えているように思う。

ラストの戦闘はスケールの大きさや武器の種類からしてスターウォーズ感が強い。

戦士1人ひとりに注目できるのも本作ならでは。

今までダースベイダーは恐怖を与えるためには誰かを殺すもんだと思ってましたが、今回のようにちょっと痛めつけるようなやり方しますかね?

ただ、煙の中からライトセーバーと共に登場する演出は過去作を思い起こさせ、圧倒的戦力を示すのに効果的。しかもアガる。最高。
>|