ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

え、全員死んじゃうのかよ…と思ったけど、そりゃそうか
sho

shoの感想・評価

3.0
こう繋がってたのか、いい映画だった
ダースベイダーカッコいい
スピンオフやのに本作レベル
TRB

TRBの感想・評価

4.3
神話の影に忘れ去られた者たちのストーリー。

SWと言えばフォースやジェダイ、シスなどSWをSWたらしめる存在が不可欠ではありますが、それを支える名も無き兵士たちが主役。

どちらかといえば戦争映画のような仕上がりだが、そこはSWのエッセンスが散りばめられており大満足。

そして何よりベイダー卿の存在感!

今までのシリーズでは悪役といえど、どこか血の通った存在であったベイダー卿。
本作ではコスチュームの黒よろしく、絶望をその身に纏っていました。

意外なサプライズもあり大変満足。
kio

kioの感想・評価

3.9

スピンオフとはいえ完全なるスター・ウォーズ!
時系列的にも綺麗に3と4の橋渡しになっていた。

一瞬R2とC3POが出て来ただけでテンションが爆上がりした。
mamipigu

mamipiguの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スターウォーズシリーズで1番好きかもしれない!
Ⅳで当たり前のようにデス・スターの設計図を手に入れたって始まってたことがこんな風に繫がるとは!!

沢山の犠牲の上に成り立つ【希望】。
命を賭してまでも全員がやらなければいけないと想う理由の流れがしっかりあって、ラスト感にグッときた。
死を覚悟している様。

盲目の人の闘いがとてもカッコいい!
あとはやっぱりダース・ベイダー!!
あれは怖い。。
強すぎる!!
今まで見た中で1番の圧倒力ダース・ベイダー!!
つまらなさすぎて途中で断念。説明が長すぎる。
オチよ!この脚本家良過ぎだと。あとカッコいい演出もいい。
>|