ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

4.2
1→2→3→4→5→6→7→ローグワンでゴールして最後のジェダイに備えようと思ったのに、4→5→6→1→2→3→無限ループにはまりそう。そしてこれからも新作が発表される度に見直してスターウォーズに生かされていく
スターデストロイヤー体当たりでおもろいほどバラバラになるやん
ラダス提督のシールド破壊の策が大胆すぎて笑えた。

イップマンの信念は終始カッコいい。

ベイダー卿のカリスマ性はSWファンならずとも間違いないなと思わせる作品。

フォースを信じる者たちの健気さとそれに相対するベイダー卿・デススターの圧倒的な力の表現、魅せ方が素晴らしかった。

劇場公開以来の観賞だが、定期的にまた観たい。
yk

ykの感想・評価

4.2
ラストがずるい心奪われた。WOWOWでなんとなく観てみたけど映画館で観なかった自分を殴りたい。
なおみ

なおみの感想・評価

5.0
全シリーズの中で一番好き。
名も無きヒーローたちの生き様。
後半からが本当に面白いです。


帝国軍の情報基地が南国リゾートっぽくて良かった(笑)

ミッションインポッシブルより緊迫感があり、ヒロインとその父親の生き方が泣けます。

最後は悲しすぎるけど、スカイウォーカー兄妹が希望を繋げます。

CGアニメクローン・ウォーズ、反乱者たちも観てるのでちょっとた小道具にも感情移入しちゃいました(笑)

カイバークリスタルやライトセーバーに関してはCGアニメクローン・ウォーズを観るのオススメです。
正直、「スターウォーズ」でスピンオフを作ると聞いた時は「ディズニーの金儲け」としか思わなくて作品の出来など期待など全くしてませんでした。結果、スゲェ面白いし感動すらしちゃったよ。登場人物達は決して歴史に名を残す人達ではありません。でも彼らがいなければ歴史は全く違うものになっていました。それぞれのキャラクターの魅力と深みも惚れ惚れしちゃいます。ただ「スターウォーズ」観てないと何が何やらわからないのは必至なので予習は必ず必要ですね。これかるは「スターウォーズ」本編は勿論楽しみにしてますが、スピンオフも楽しみです。「スターウォーズ」に外れなし!!
ねぐ

ねぐの感想・評価

5.0
ほぼ知識なく見た。
圧巻。
名もなき戦士たちが本当にかっこいい。
まー

まーの感想・評価

4.5
本当に何も知らないで見るべき。
個人的にスピンオフ作品の最高傑作であると思う
>|