ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

上映時間:134分

4.0

あらすじ

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

ShoIkoma

ShoIkomaの感想・評価

3.7


スター・ウォーズ史上最も切ないストーリーだと感じた。

マッツ・ミケルセン演じるゲイレンをはじめ、ジン、キャシアン、チチアルート、K-2SOなど殆どのキャラクターが切ない結末を迎える。そしてそれらは、ともすればステレオタイプとも言える展開や設定の中で、安易なお涙頂戴だとは感じさせない工夫がなされていた。

名前だけや一瞬映るだけなどで登場する正史キャラ達、役者・スタッフ陣のカメオ出演も目に楽しい。レイア姫など過去キャラの新ショットは、似ている役者さんの顔にCGを当て込んでいるんだとか。すごい。

ベイダー卿もアクションシーンは流石の貫禄だったけど、なんだかんだミスってるのが憎めない笑。ファンムービーだけど、外せない一作だった。
けんた

けんたの感想・評価

4.3
見ていてカッコいい スターウォーズ系で1番好き
My

Myの感想・評価

5.0
新シリーズで一番面白い。
夏

夏の感想・評価

3.6
凄くスターウォーズ、スターウォーズしてた映画。ライトセーバーで戦うとかはなかったけど、面白い。やっぱ、ベイダー最強やなっと思ったけど、あそこフォース使えばなんとかなったっしょって思ったの覚えてる。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

✈︎✈︎✈︎

------------------
スターウォーズのスピンオフ。
Ⅳの直前のお話だそうな。

しっかりⅣに続く、
希望を手に入れるために頑張った人たちの切ないお話。

ディエゴ・ルナかっこいい。
一人称が『私』なのに違和感がありましたが。

------------------
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターの完成が間近に迫っていた。そんな中、窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジンは反乱軍に保護される。そして、あるミッションに協力することになる…


「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に向けて復習⑤

エピソード3とエピソード4の間の物語。
エピソード3.9とも言える作品です。
番外編ではありますが、本編に負けない面白さです!


主人公の女性戦士のジン、
反乱軍情報将校のキャシアン、
盲目の戦士修道僧のチアルート、
チアルートの相棒のベイズ、
元帝国軍パイロットのボーディー、
元帝国軍のセキュリティ・ドロイドのK-2SOからなるローグ・ワン。

「フォースの覚醒」に続き、今作でも女性が主人公。
ジンを演じたフェリシティ・ジョーンズの作品は今作が初めてだと思っていたのですが、「アメイジング・スパイダーマン2」にも出てたんですね。

ローグ・ワンのメンバーの中で1番良かったのは、チアルート!
盲目でありながら華麗な棒術でストームトルーパーを倒しまくる!
フォースの能力は無い設定らしいですが、フォース使ってるでしょ(笑)

ドロイドのK-2SOも良かった!
C-3POのように口が達者でありながら、R2-D2のように優秀。
終盤のストームトルーパーを見ずに撃つシーンはカッコ良かったです!


今作のみで、ローグ・ワンのメンバーが登場し、チームとなり、デス・スターの設計図を盗み出さなければならないので、テンポ良く進みます。

ジンの親子関係やジンとキャシアンの関係などはもっと時間をかけて描いてほしかった気もしますが、そうすると1作だけではまとまらなくなってしまうので仕方ないですね。

終盤の展開は熱い!そして切ない…。
みんなが命をかけて戦い、1人、また1人と欠けていくのは泣けてきます…。


アクションはジェダイがいないためスターウォーズの特徴でもあるライトセーバーバトルは無いものの、銃撃戦、空中戦、爆破シーンなど迫力がありました!
「フォースの覚醒」でも吹っ飛んでいたストームトルーパー達ですが、今作でも吹っ飛んでましたね(笑)

そして、AT-ATがデカい!カメラが人間目線のシーンが多く、AT-ATのデカさ、絶望感が増していました。
ロケットランチャーが当たっても動き出すシーンとか最高!
「ゴジラ」の監督をしたギャレス監督、さすがです。


そして、スターウォーズと言えば、ダース・ベイダー!
出番は少しなんですが、出てくると空気が変わります。
もう1つ書きたいですが、ネタバレになりそうなのでコメント欄にて。


ラストは切ないながらも希望が繫がり、しっかりとエピソード4に続くのはお見事。良いラストでした!

エピソード3を観終わった後と同様に早くエピソード4が観たくなります。

(再レビュー。いいね、コメントしてくださってた方すみません)
しゅ

しゅの感想・評価

4.1
面白い。『スター・ウォーズ』といえばスカイウォーカー家を中心に(言ってみれば高名だとか大それた肩書きを持ってる人物が)繰り広げる派手なSFアクションというイメージだけど、本作は成功の裏には無名の立役者たちがいたっていうのを丁寧に描写する一風変わったテイスト。最後の最後の設計図をバトンタッチしてく反乱軍兵士のシーンがめちゃくちゃ好き。あの中の一人でも欠けてたら反乱軍の勝利はなかったわけだし。
中盤までは説明多めで若干退屈ぎみになるけど、惑星スカリフに到着してからのわくわく感はさすがスター・ウォーズといったところ。Ep4のオープニングクロールの
「レイア姫がデススターの設計図(しかも弱点が書かれた)を盗み出した!」
的な文章がご都合主義っぽいなぁと思ってたけど本作でそこらへんを補強してくれるばかりか世界観がより広げられてて満足感たっぷりでした。
ラストのダース・ベイダーがほんとに全身大火傷したのか疑いそうなくらい半端なく強い…。
かさ

かさの感想・評価

4.5
シリーズ史上1番人間ぽくて胸熱。ここからのエピソード4への流れは悶絶。
あとイップマン最高でーす
ちょめ

ちょめの感想・評価

5.0
この作品に想いを馳せるだけで泣ける
思い出し泣き

レイア姫の"HOPE."から繋がるんですね、、
最初にみたときのあの感動は忘れられない。
>|