ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

りりん

りりんの感想・評価

5.0
スターウォーズ初の実写スピンオフ作品
ディズニーが商業主義丸出しで儲けに走った一品と思いきや、
まさかの珠玉の名作。
Yokoyama

Yokoyamaの感想・評価

4.4
戦争映画のような暗い映画やった
本編の要素あんまりなかったけど
スターウォーズとしてちゃんと楽しめた
ダースベーダの戦闘シーンめっちゃ格好良かった、圧巻
知人が昨年に公開されたスターウォーズの映画を4回観に行ったと聞いた。「フォースの錯覚」のことだと思っていたが、おそらくこの映画ではないだろうか。透明感のある、スタイリッシュな映画だった。敵艦隊、ドロイドのデザインが最高。いや、Forceと共にある、実際。
あおい

あおいの感想・評価

4.2
デス・スター設計図入手精鋭部隊の勇気ある物語。

STARWARSのスピンオフ?
と侮るなかれ!
Ⅳを観たくなるぞ〜!
シリーズリピートすることになるぞ〜!笑
あとベイダーの最強なお姿を拝見できます。
May the force be with us.
ちぇる

ちぇるの感想・評価

3.7
チアルートかっこよすぎ〜〜!!!
3と4がつながる、希望!!
それぞれがヒーローって感じ
HAAAL

HAAALの感想・評価

5.0
観れば観るほど感動が増す作品だと思った。
スターウォーズは作品を何度も見返すものだと思うけど、ローグワンも絶対に挟んで観るべきだと感じた。
フォースも使えない一般人たちの、多くの命を失ってでも手に入れた希望があったからSWがあるんだって、めちゃめちゃ感動するな〜ドラマだ。
映録助

映録助の感想・評価

2.0
熱心なスターウォーズファンではない自分にとっては退屈この上ない作品でした。
見せ場の少ないこと。
後半一瞬盛り上がって、再び盛り下がる。
ラストはやっと見応えあった。
太田

太田の感想・評価

4.0
スターウォーズらしからぬ泥臭さとミリタリーを感じた。熱い。最後、ローグワン達の救いのなさもカッコいい。侍魂を彷彿させる。ダースベイダー怖すぎ、強すぎ。時代がやっと彼に追いついた感じ
Iair

Iairの感想・評価

-
スターウォーズの中だと今のところ一番好きかなぁ。ただ、スターウォーズ感が薄いけど。フォースもほとんど出ないし。しかし、だからこそ、一般の反乱軍が命懸けで宇宙を変えようとしている面が際立っているのかな。ヒーローが輝くには犠牲がつきものよね。
RIN

RINの感想・評価

-
風邪ひいた…映画でも観よう…そんな時にこういうの、ちょうど良いかも…