ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー2016年製作の映画)

Rogue One: A Star Wars Story

上映日:2016年12月16日

製作国:

4.1

あらすじ

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手された…

スター・ウォーズ最新作 『エピソード4/新たなる希望』の直前を描く、アナザー・ストーリーが誕生。銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑む。『エピソード4』の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図は、いかにして入手されたのか?初めて描かれるキャラクターたちが繰り広げる新たな物語によって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマティックに進化する!

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

kanazawa

kanazawaの感想・評価

4.3
他のスターウォーズシリーズに引けをとらないおもしろさでした。
常葉

常葉の感想・評価

3.3
ルークやレイアがまだ出会う前の世界。
ルークやハン・ソロのある意味楽天的な要素も
SWの世界には必要だと思ってるので、
今回ダークだよなぁ…と思いながら観ていました。
あのデス・スターの設計図、そりゃレイアも必死に守るわけだ。

ドニー・イェンが格好良くてすごかった!!

ダース・ベイダーが出てくるところでは、
「みんな早く逃げて!」と叫んじゃいました(笑)

今までのドロイドとはまた一味違う、皮肉屋(?)のK‐2が、
ちょっとラピュタのロボット兵みたいでユニーク。
hachi

hachiの感想・評価

5.0
スターウォーズの中で一番好きな映画です。
さすが監督がスターウォーズ好きということだけあって、抜け目のない演出。
あっぱれでした☆
スターウォーズを全てみた人に必ずおすすめしたいです。
May the Force be with you
kasunazuta

kasunazutaの感想・評価

4.0
やっぱ面白いなぁ。
シリーズ見たこと無い人はラストとかわけわかんないでしょうけど、往年ファンはカチッとピースがはまった感じかな?
makospree

makospreeの感想・評価

3.4
期待し過ぎた。
このアプリ、友人の評価もすこぶる高かったので、観る前から期待値を上げ過ぎてた。

面白くないわけではないが
やはり映画館で観るべきタイプの映画かと。

主演の俳優さん
金子ノブアキの外国人版さんがヒョロくて
弱そうに見えて、説得力にかける。

最初の30分ぐらいが、けっこう辛い。
penpen

penpenの感想・評価

2.5
135分の内100分までが苦痛すぎる。
設計図をレイア姫に渡すまでのシーンで、希望繋いだねと思い、ベーダー卿のあの威圧感に興奮した。
メガネ

メガネの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

途中で「あそっかこれサブストーリーだから誰も生き残らないんだ」って気づいて悲しくなる。
アツすぎた
最後のデータを託して託して託してく感じがやばすぎた。
エピソード4すぐにみたくなった
ダースベイダーやっぱり怖い威圧感やばいな

シリーズ1番の傑作とか描いてあったけどそんくらいの良さあった
キャリー・フィッシャーの訃報を知り2回目鑑賞。ラストには自然と涙が。ストーリーはシリーズNo.1。
Toku

Tokuの感想・評価

2.7
ドニーイェンのために鑑賞。
「いっぱい人が死んだんだぞ!」