キング・アーサーの作品情報・感想・評価

キング・アーサー2016年製作の映画)

King Arthur: Legend of the Sword

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

両親を殺され、スラムの売春宿でひとり貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼…

両親を殺され、スラムの売春宿でひとり貧しく生き抜いてきた青年アーサー。彼はまだ、自分の偉大なる宿命に気づいていない。アーサーの正体は、かつてのイングランド王の一人息子。暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)は兄であるユーサー王(エリック・バナ)に謀反を起こし、殺害。ユーサー王は絶命する寸前、まだ幼かったアーサーを船で逃がしたのだった。過酷な環境で鍛えられながら成長し、優しくタフな男として仲間の信頼を集めていたアーサー。やがて聖剣エクスカリバーを手にした彼は、自らの過去、そして亡き父に代わり王の座を奪還するという運命を知ることになる――。勇気ある仲間たちの力を借りて立ち上がった彼は、果たして宿敵ヴォーティガンを倒し、頂点の座に上り詰めることができるのか――!?

「キング・アーサー」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.2
テンポよく進むシーンは前のめりで観てしまった。
途中( ˘ω˘)スヤァ…しちゃったので、また観る。
そしたら評価こっそり変わるはず(笑)
vanilla

vanillaの感想・評価

3.1
説明シーンなど小気味良いテンポで楽しそうやなって思ったけど中盤あたりもう評価2.5かなってくらいでした
ただ蛇がすごかったから許せるけど、ほんとになんだこの脚本
ジュードロウのパートに救われながら見た、タコ女や象、蛇、生き物は良かった

このレビューはネタバレを含みます

隠れた名作なんじゃないんだろうか!
初っ端からド派手なアクションでドンパチからのアドレナリン全開な音楽!


テンポがとにかく良くて話がサクサク進んでよかった。


それにしても日本版ポスターダサすぎん?せっかくジュードロウとか出てるのに〜〜
あとちょい役のベッカム笑った
開始直後からでっかい象さんが暴れまくってテンション上がる
ほんともうかなりの大きさ
高さが東京タワーレベル
ロシアの若者が登って自撮りを動画サイトに上げそうなくらい

何ならこのまま2時間、ずっと象が暴れる映画で終わってもいいとすら

おかげで象のシーンが終わっても気分はひたすら象待ち
どれだけストーリーが進もうが心のどこかで象の再度の登場を待ち焦がれる
首をキリンのように長くして

ところが……
なんとその後はもう象が出てこないという…
完全に鑑賞のベクトルを間違えた…

今にして思えばガイリッチー演出で楽しい映画だったのかもだけど、象を待ちわびすぎて人間同士の闘いはもはや”小競り合い”程度と考えて流して観てたのでなんとも…

と、映画を台無しにしてしまうくらい主役級の貫禄を持った素晴らしい象でした
mii

miiの感想・評価

3.5
アクション映画よりファンタジー映画寄りでした🎦

音響、音楽、映像、特にカメラワークどれも素晴らしかった👏🏻’’
見た記録
アーサー王の話は知らない前提でも
おぉ!これが小耳に挟んだことのあるかの有名な!!的な感動が起きるかと思ったがそこは微妙だった。

いろんな映像演習が盛り込まれていて最初は新しい雰囲気になるたびになれなかったけど途中からそれがいい感じに飽きない感じにしてくれて楽しかった。
テトロ

テトロの感想・評価

5.0
音楽、映像、空気感に圧倒された。ここ何年かでベストムービー。
お馬鹿映画と割り切ればそこそこ楽しめる。

アーサー王物語を下敷きにするなら外せないはずのキャラがいない等の不満はあるが,そういう細かいことを気にせず観るべき作品。

チョイ訳でベッカムが出演している。
>|