きぬきぬ

アナーキーのきぬきぬのレビュー・感想・評価

アナーキー(2014年製作の映画)
3.0
いやあ、シェイクスピアの「シンベリン」そのまんま、台詞も、原題からしてそうだし当たり前か(笑) 舞台を現代に置き換え、ブリテン王シンベリンは麻薬王(黒い革ジャンなエド・ハリス)、ローマ軍は警察かよ(笑) その争いの設定は、シンベリンの身内内のややこしいいざこざを力業で終結させる為であり(笑)要はシンベリンの野心家の妻により仲を引き裂かれた恋人同士(すでに夫婦だが)が生死を賭けて元の鞘に収まれるかという話で、生死を賭ける羽目になるのも嫉妬やら行き違いやらで、シェイクスピアの中でもあまり面白くないし、あれよあれよな展開に呆気にとられるのみ(笑)
けっこうキャスティングは美味しい。しかしイ-サン・ホ-クはゲストなの?(笑) アントン・イエルチンくん可哀想、でもサディスティックな感じ良し(笑) ペン・バッジリ-はハンサムだなあ、ダコタ・ジョンソンは好みでないけど(笑)