海

こねこのミーシャの海のレビュー・感想・評価

こねこのミーシャ(1963年製作の映画)
4.7
かわいいが詰まってる。
家族に置いていかれて、おうちまで壊されてしまった、こねこのミーシャ。建機やすずめとお話しをする。ミーシャのおうちはどこへ?

白い鳥。三つのミルクのお皿。転がるボール。猫は夢の中で、狩りをしているから、眠っていてもほとんどやすめていないっていうのを読んだことがあって、ミーシャもどたばたの夢を見ていてかわいいなあって思った。
建てられたアパートの階段の影に隠れて、ぎゅっとちいさくまるまって、まんまるの目できょろきょろしてる姿、ああ猫ってこういう顔するよねってわらっちゃったし、すばしっこさや、ちょっとへんな模様とか、ちいさななんでもないシーンに、猫を飼っているからこそ胸がいっぱいになった。
階段の影に隠れている時のミーシャの様子、ほんとうにいとしかった。

愛してる気持ちの、そのままのまなざしで作られたような、こねこのミーシャの世界。

2018/5/25