あな

おろちのあなのレビュー・感想・評価

おろち(2008年製作の映画)
3.0
原作は読まないで鑑賞。
全体的におどろおどろしい感じがムンムンしてたまらん。こういうホラー映画大好き。こういうのこそ、日本特有の恐さだと思うけど、どうして作らないんだろう。
あのおぞましい血筋、そのために狂っていく家系、そしてメイド、屋敷の薄気味悪い感じもまたいい。終始救いようのない展開もゾクゾクさせられる。しかし贅沢を言わせて貰うのなら、あのブツブツした醜い姿、せめて顔面だけでも見して欲しかったし、もっとドロドロしててよかった。
そんな素晴らしい作品なのに、だった筈なのにその面白さを半減させた人物がいる。そう、今作の題名にもなっているおろちだ。なぜ彼女を作中に登場させたのであろうか。存在意義が全くもってわからない。何より腹立たしいのが、漫画に書いてあったことをそのまま今作に取って付けたような説明的なセリフ。聞いててムカムカするし、そのためそれまで築いてきた妙なリアリティも崩れてしまう。後半なんか、なぜあのメイドの中に入れたのかわからず仕舞い。いらん!