田中太郎

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の田中太郎のレビュー・感想・評価

3.4
[pickup再レビュー]
続きまして、破でございます。

ここでようやく新要素である新キャラ、マリが登場

しかし彼女が登場したからといってストーリーに影響が出る…というわけではなかったです

たまにリブートで新キャラを登場して失敗する映画がありますが
マリは別に失敗してるわけじゃないんですよね

本当に、「ただいるだけ」

ストーリーは前作同様旧アニメシリーズの焼き直し
その世界観に新キャラであるマリを放り投げた感じ

アスカも登場して盛り上がってるには盛りがってるのですが、未だにウジウジ言ってるシンジがやっぱりウザい。

主人公補正が全くないんですよね彼。本当に嫌いです。

最後の使徒の攻撃も本来ならアスカが受けるはずが今作ではマリが請け負うことになり…
なんだか一番かわいそうなのはマリな気がしてきました。

ただラストの終わり方は好きです。さぁ次は大波乱だ
____________________________________
[この映画のベスト俳優]
アスカ
[脚本面]☆☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆
[オススメ度]☆☆