僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

X+Y/A brilliant young mind

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:111分
    監督
    モーガン・マシューズ
    キャスト
    エイサ・バターフィールド
    サリー・ホーキンス
    レイフ・スポール
    エディ・マーサン
    ジョー・ヤン
    マーティン・マッキャン
    アレックス・ロウザー
    あらすじ
    自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会う。彼女と共に学ぶ日々は、数学一色だったネイサンの人生をカラフルに変え、彼を大きく成長させていく。そして、数学オリンピック当日、ネイサンは人生最大の選択を迫られる・・・

    「僕と世界の方程式」に投稿された感想・評価

    サリー・ホーキンスのお母さん役が良い。
    あと、台湾が舞台になる映画に滅法弱いことが判明した。

    才能がない変人にとって世界は残酷なのかもしれないけど、どうにかあの子にも希望を見出してもらいたい…
    誰しも誉められたり認められたりすると嬉しい。けど自分の持っている"特別"な才能が唯一の存在意義になってしまうのは良くないと思った。やからある生徒の描かれ方がなかなかツラかった。「みんな違ってみんないい」は便利なコトバやなと。
    自閉症の主人公を支える周りの人たちそれぞれが悩みや葛藤を抱えてて、特に心を閉ざされても、辛いときに手を握ってくれなくても、ひたむきに息子と向き合おうとするお母さんの姿にグッとくるのでラストシーンが反則。
    田端にある日本初のユニバーサルシアター、シネマ・チュプキ・タバタでみた。が、登録されてない!
    東京の田端にオープンしたバリアフリー映画館、cinema chupkiで鑑賞(まだFilmarksに登録されてない〜)。近郊にお住まいの方、可愛らしい手作りの映画館で、超オススメです!

    幼い頃から数学や図形に深い興味を示し、愛情深い両親のもとに育てられる、自閉症スペクトラムの少年ネイサン。
    やがて数学オリンピックを目指すことになるのだけど…。

    最後はネイサンの告白とお母さんの優しさに感動。
    事あるごとにお父さんの想い出がよみがえりながらも、蓋をしていた寂しさに、1人の中国人少女が気づかせてくれた。
    数学とはまるで違う、愛情の方程式に気づきはじめ、心が解けていく姿に涙。
    「愛する人が世界から引き算されると…」のお母さんのセリフもいい。

    特別な能力にしか自分の価値を見出せないなんて悲しすぎるし、あってはならない。
    ルームメイトの少年にも、「何者かになろうとしなくていいんだよ」と言ってあげたくなった。

    このレビューはネタバレを含みます

    発達障害児の家族の辛さを描いてるのはいいし日本では微妙に理解されてないのでこういう映画はあるといいかもしれない。
    ただ話としては、数学の天才である男の子が数学の天才だらけの集団に入って個性を失い、その中のチャラい中国人の女の子にまんまとハマって夢を投げ棄てるっていうものにしかなってないように感じた。

    そんな本筋よりも、イギリス代表チームにいた空気が読めず村八分にされてた子(選抜に入れなくて自傷してた)のように天才系発達障害児が集団になった時、何人かは没個性化し、ただの扱いが難しいだけの子になってしまうという問題や、こういう空気が読めない子同士が集団化したときまたその中で空気が読めない子が生まれるといった現象の方がテーマとして興味深く感じた。
    天才的に頭が良い自閉症の主人公が、数学の世界戦を目指しながら、様々な感情を知り得ていく物語。
    その様はリアル。だけど数学世界戦を通してポップに描かれているから、障害がテーマでも楽しんでみることができる。
    自分でもびっくりするくらい集中して観た。


    主人公が恋する女の子、チャン・メイがあざといけど可愛い。
    エンディングは反則なぐらい良い歌だった。
    とても瑞々しい作品でした。
    「多様性」について考えさせてくれました。
    人間一人一人、みな、違うと言う事。その人の持つ属性や、考え方は固定的ではなく
    変わりうるものだと言うこと、など。観られて良かったなーと思える作品でした。
    親子の関係、他人の支え、思春期の恋ごころのエピソードが
    重くなく、さらりと描かれて
    とても心に残りました。
    数学オリンピックの話もとても興味深かったです♪

     2017.01.30 センチュリーシネマにて鑑賞
     

    自閉症スペクトラムが題材って聞いて観たいと思っていた映画

    障害も個性だよ、なんて軽く口に出して言えるほど簡単じゃない世界
    それでも優しく包んで、しっかり支えて、そうやって彼らと一緒に生きていこうとしている人がちゃんといることに安心する

    題材もいいけど

    ネイサンの目に映るきらきらした夜の街とか、雨の日の窓を流れる雨粒とか、そういう描写がすごく綺麗で引き込まれた
    2014年にイギリスに行った時に地下鉄にポスターが貼ってあって気になっていた作品。3年遅れで日本でも後悔。展開が予想しやすいストーリーだが、描写や演技が丁寧で入り込み易い作品。
    >|