僕と世界の方程式の作品情報・感想・評価

僕と世界の方程式2014年製作の映画)

X+Y/A brilliant young mind

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チーム…

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会う。彼女と共に学ぶ日々は、数学一色だったネイサンの人生をカラフルに変え、彼を大きく成長させていく。そして、数学オリンピック当日、ネイサンは人生最大の選択を迫られる・・・

「僕と世界の方程式」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

2.5
サリー・ホーキンスのお母さん役が良い。
あと、台湾が舞台になる映画に滅法弱いことが判明した。

才能がない変人にとって世界は残酷なのかもしれないけど、どうにかあの子にも希望を見出してもらいたい…
Mai

Maiの感想・評価

-
No.55 /4000

「いつもは僕が変人だ」
「普段どんなに変人でも数学が得意でも、ここではそれが普通よ」
mii

miiの感想・評価

3.6
穏やかに進んでいく中で垣間見える心の揺らぎや葛藤、期待、挫折、愛情と苦悩、そして交錯する想い。いくつになっても人の心は繊細なものだなぁ、と思った。「才能がなければ、ただの変人だ」と、ルークが胸の内を吐露する場面は考えさせられるものがある。

共感覚のネイサンの視点なのか、滲んだような主張するようなカラフルな色合いが印象的。父親が亡くなってから、ずっと無表情もしくは眉間にシワを寄せた顔ばかりのネイサンが、列車で虹にはしゃぐチャン・メイに向けた笑みに不覚にもドキッとしてしまった。

人との接触を拒絶して、数学だけが唯一だったネイサンが愛する人を選び、感情的に行動を起こすのは喜ばしいけど、かといってあの展開はちょっといただけないかなぁ。
でも、母と息子が中華料理屋で心を通わす場面は胸が熱くなったし、その後の車に乗り込むシーンだけでこの作品を観た甲斐があったなと思う。

アイザック役のアレックス・ロウザーくん、どこかで見たことあると思って調べたら、イミテーション・ゲームで学生時代のアラン・チューリングを演じてる子だったのね。すっきり。
にん

にんの感想・評価

3.8
がんばろうと思う!
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

3.0
途中まで好きな感じだったけど、
ラストで急激に冷めちゃった。
(●´ω`●)
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.6
自閉症スペクトラムの少年ネイサンが成長するストーリーだけど、母親の気持ちが分かりすぎて辛い~。報われずとも無償の愛を注ぎ続けようと努力するジュリーが可哀想であるとともに母の強さのようなものも感じられてすごく温かい。
自閉症の人の視点で見る世界はどんなふうに見えるのだろう。色彩、図形、数字、音楽…そんな視点で世界を見てみたい。〈特別な能力〉ほんとうにあるのかも。全てを数学で考えるって…文系の自分にとっては頭痛がするけれど、美しい数学だなんて感じてみたいな〜。
大切なものに気付くことってほんとうにタイミング、その瞬間じゃなきゃ駄目なときってある。
自閉症を乗り越えようとするネイサンとジュリーの手が重なった瞬間、もう大丈夫って思えた。素敵な映画だった。
KAZU

KAZUの感想・評価

3.7
青春。積極的な方の勝ち?
TSUTAYAのキャンペーンの数合わせとして借りました。けれども、予想したよりも断然面白かった!生まれつき特殊な才能を持っているが故に数学という道を進んで来た少年が最後に出した決断に少しうるっとしました。ネイサンとハンフリーズの対比が上手く描かれているなと思いました。
mei

meiの感想・評価

4.0
自閉症スペクトラムの男の子が数学オリンピックで優勝してすごい!ってなる話かと思ってたら全然違くて、もっと人間味のあるお話でした。ネイサンもなにも考えてなかったわけじゃなくて、いろいろ辛いことあったんだろうな。お母さんも本当に辛かったし大変だったんだろうな、っていうのがあったから、中華料理店で話し合うシーンはすごくよかった。優しい映画。
>|