僕と世界の方程式の作品情報・感想・評価

僕と世界の方程式2014年製作の映画)

X+Y/A brilliant young mind

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チーム…

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会う。彼女と共に学ぶ日々は、数学一色だったネイサンの人生をカラフルに変え、彼を大きく成長させていく。そして、数学オリンピック当日、ネイサンは人生最大の選択を迫られる・・・

「僕と世界の方程式」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

2.5
サリー・ホーキンスのお母さん役が良い。
あと、台湾が舞台になる映画に滅法弱いことが判明した。

才能がない変人にとって世界は残酷なのかもしれないけど、どうにかあの子にも希望を見出してもらいたい…
Taitai

Taitaiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自閉症だけど愛の力でどんどん変わっていくネイサンの姿がとてもよかった!
ラストなんか助っ席にまで乗れるよるになって…
手も握れるようになったし、キスも、母親のとハグも愛の力ってほんとすごいと思った。全て方程式でできているわけではない、全てをりかいしようなんて思わないでいい。そう思える映画だった
love1109

love1109の感想・評価

3.9
いまいちメジャー感はないけれど、サリー・ホーキンスはとても素晴らしい女優の一人だ。愛情表現が不器用で、事故で亡くなった父親に引け目があり、自閉症ぎみで数学にしか興味を示さない息子に相手にされずとも、大きな、無償の愛を注ぎ続ける母親。終盤、その息子に「恋」について、一生懸命、自分の言葉で伝えようとする彼女の演技に強く胸を打たれた。大事なのは、器用かどうかではなく、そこに愛があるかどうかなのだ。
さと子

さと子の感想・評価

3.8
こうしなきゃいけない、機嫌を悪くさせたら謝らなきゃいけない…
という関わり方じゃない。一緒に楽しんでくれたり、笑ってくれたり…そんな関わり合いが必要だ。
でもそれはママが不器用で、ほんとは傷つけたくない愛の象徴なんだよ。

色んな愛の形があって、正解はないけど、みんなそれぞれ愛の方程式の解は存在するんだろう。
愛があれば何でも乗り越えるということを、チャンメイは証明してくれたし、チャンメイ可愛いしチャンメイ可愛いな、、、
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.9
お母さんの気持ちになって観てたら感情やばかった
Miyuu

Miyuuの感想・評価

3.8
一つの作品に一人でいいのに、なんで先生までこの設定にしたのか。
だからこそ分かり合えたところもあるけど自分の状態次第で重すぎて見れないと思った。

お母さんの泣き方一つ胸にグッときたし自閉症でも恋をするという感情が芽生えることに涙した。

でも、、少し重かったな。
こういう映画もたまにはいい
予想外に泣いた映画でした。エイサ君演じる天才少年に対し、なにをやるにしても心配なおかーさんと同じ目線で観てしまった。合宿で親元を離れて体験するいろいろなこと、心を開いてくれた女の子のこと、はじめての感情に戸惑う姿、どれもエイサ君名演でその姿だけでもグッと来る。
Kenchang

Kenchangの感想・評価

3.0
数学の天才的才能を持つ自閉症の男の子が、台湾で女の子を好きになることで、数式にならない感情に悩むようになります

---

冴えない少年を演じさせたら右に出るモノがいない、ヒューゴやペディグリンのエイサ先輩が印象的な青い瞳で天才児の苦悩を終始しかめ面で演じています(^^)

エイサ先輩の演技は少し小綺麗で、サリー・ホーキンスの母親役の方がぐぐっと感情を揺さぶられる感じがあります

我が子を心から愛しながら、理解へ至らない自分への苛立ち、母性だけで解決できないもどかしさを表情豊かに演じられていて、どの映画でも印象的な笑顔を見せる、とてもいい女優さんですよね(^^)

物語は「π」と「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のミックスのようなお話、雑な例えですが笑

マックス・コーエンのようにならなくてよかったのう笑

父の死、少女への想い、それらがなぜ自分には解けないのか?愛の方程式すらあるのに、解けない息子の苦悩

そんな息子の苦悩に、数学も苦手、頼りにしたい父親もいない、しかも難解な個性を持つ子供を育てなければならない平凡な母親は、ポテトを鼻に詰めて見せ、息子をありったけの愛と慈しみを込めて抱きしめる以外にどんな解決があったでしょう

むしろ母親は、自然にそれでよかったんですよね(^^)

賛否両論ある終盤で、個人的にも少しスマートではなかったと感じますけど、充分な愛のある美しい閉幕ではなかったかと思います(^^)
>|