僕と世界の方程式の作品情報・感想・評価

僕と世界の方程式2014年製作の映画)

X+Y/A brilliant young mind

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チーム…

自閉症スペクトラムと診断された少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師ハンフリーズに個人指導を依頼する。その結果、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会う。彼女と共に学ぶ日々は、数学一色だったネイサンの人生をカラフルに変え、彼を大きく成長させていく。そして、数学オリンピック当日、ネイサンは人生最大の選択を迫られる・・・

「僕と世界の方程式」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.7
最後に愛のために自分の思うまま、感じるままに行動できたところが良かった。
自閉症の人、それから数学に向き合う人が見ている世界、受け止めている感覚をなんとか映しだそうとしている映像や演出が良かったと思う。終盤はなんだか主題が曖昧になってしまったような、ちょっと消化不良気味で終わってしまった感じがした。母親役のサリー・ホーキンスの演技も印象に残った。
自閉症スペクトラムと診断された引っ込み思案な少年が、人並み外れた数学の才能で、国際数学オリンピックを目指しながら、成長を遂げていく。

光の色の演出がキレイ。
台湾での数学合宿という、珍しい場面が見れるのも面白く、古きアジアな感じも新鮮でした。
数学のことは分からないけれど、天才少年の物語を見るつもりで気軽に鑑賞したら、終わり頃にかけて結構ヒューマンドラマになっていて良かったです。

良い意味で、予想を裏切られる。ハートフルドラマ。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』と、主人公の境遇が似ていました。
幼い頃に父親を亡くしてしまった自閉症の少年が、得意な数学を伸ばして国際数学オリンピックに出場することに。今まではコミュニケーション能力の欠如と数学だけ異常に出来ることで変人扱いされていたのが一変、もっと出来るもっと変人たちばかりの環境が少年を変えていく…

イギリスの映画なんて観たことがなかったけど、かなりよかった。映像表現も心の揺らぎや緊張感を上手く表現していて、美しい。ストーリーもいい。最後の展開が自閉症についてのリアリティーがあるのかどうかは少し疑問だけど、自閉症にも重度から軽度までいろいろあると思えば納得できる。

主人公が変わっていくきっかけは中国人少女との出会いがいちばん大きいのだろうけど、他にも、全く懐かない息子に愛情を注ぎ続けて得意な数学の道に進めるように尽力したお母さんや、才能はあるのに堕落した先生、他のイギリス代表メンバー達の影響も大きい。その辺りの適度な複雑さが映画の奥行きを上手く作っている。

自分は他の人と違うと悩んで心を閉ざしてしまうのは、誰にでもあること。そんな時に勇気づけてくれる、よい映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

途中まで良かったのに、終わり方これ??
まず母と先生の中途半端すぎる恋愛関係の描写は絶対いらなかったし
最後はまるでネイサンの自閉症が治ったみたいになってない?んーなんか違うよなこれ
アスペルガー(というかサヴァン?)系の主人公がちょっとづつ他人との関係を作っていく物語。
全般に平板。わたしはそういうのも大丈夫だけど。
教師役の屈折と葛藤が半端なので、物語を動かすエンジンにはなれない。母親と仲良くなるのも、説得力と必然性が薄い。
で、主人公。あの女の子と一緒だと、障害もなかったかのよう。
で、物語的にそこそこ都合よくいくんだな。ちょいと綺麗にならしすぎなんじゃない。もっと胸が苦しくなるような映画でよかったと思うんだけど...。
Tpgooner

Tpgoonerの感想・評価

3.6
主人公の目線で世界がどう見えるのか?出来事と共にどう変わっていくのかを意識して映像が作られている。五感の中から少しずつ、でも必死に愛を見つけて行く主人公が印象的。
Mutsumi

Mutsumiの感想・評価

3.5
国際数学オリンピックを目指すのですが、そこは飾り道具な部分で、友情、愛情、家族愛が物語の主題。
良かった❗️
KarimF

KarimFの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

彼はただお母さんにやたら冷たいシャイなモテる男みたいだった。
中国人の女の子はやたら積極的で好きになれなかった。布団入ってくるし、キスしてくるし
あなた何歳なのよ!私が親なら怒る。
一人で泣きながら自傷してる子の方が本当の自閉入ってる子だと思った。

最後彼に大会で優勝してほしかった。そのためにがんばってきたんだし。
女の子に邪魔されたと思ってしまう。
まぁ人を好きになれたから良しって話なんだと思うけど、大会で力出し切ることで彼も自信ついたり達成感得たり変わると思ったから、投げ出した時えええええ、ってなった。
>|