ヒメアノ〜ルのネタバレレビュー・内容・結末

「ヒメアノ〜ル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

怖い。
そしてこの映画、さりげないわりに邦画史に残るすごいインパクトなんだけど。


濱田岳が好き。いまやってるドラマ「フルーツ宅配便」もすごくいい。

森田剛も好き。昔、学校へ行こう!で出てくるたびにめちゃ面白かった。

そんな二人が演じて、どんな映画になるんだろうって想像がつかなかったけど・・


濱田岳、期待を裏切らない。
もんじゃデートからお部屋いちゃいちゃのところ、最高のラブコメ具合だった。
そして、その最高潮のところで「物語が始まる」演出、お見事すぎる。

安藤さんにお付き合いをカミングアウトする時に「多少は・・」と答えるとこ、名場面だったなあ。


森田剛も、すごく上手い。
演技が上手すぎて、宮沢さんと結婚に至ったのかしら。ていうかこれ、森田剛以外の俳優にやれたのかな?

この映画では、とても宮沢りえの旦那だとはとうてい信じられない極限的な演技を披露している。


そして、その二人を引き立てた監督がまた上手い。撮り方が、この手の映画のツボを押さえまくってる。

メリハリがすごすぎるわ・・。目が離せないままノンストップで最期まで逝ってしまう。
ラスト、そんな終わり方出来るの?
もはや魔法やん。


しかしそもそもは、愚かな奴の愚かな行いが、悪夢のような殺意を育てたんだよなあ。そういうことを、世間にまだいる一部の愚かな人達にも早く理解してほしい。

失うものがないサイコパスって平気で空でも飛べる感じなのかなあ。どこまでも自由で、マジで怖かった。

悪い種をまくのは今日からやめましょうよ。全世界的に。これ以上治安悪くなってもどうしようもないし。

ただの生活者が真生の悪意に対抗するのって、絶対ムリだわ。

で、森田がこうならないために出来た唯一有効な対策は、宮沢りえ主演の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の中で示されているという。なんたる伏線ですかそれは。

「結局、いちばん怖いのは人間」かつ「地獄に落ちた人を救えるのも人間」っていう。これはお見事すぎる映画。以上。
主演・森田剛の名演に尽きるのかなと。
ハマり役と言ったらファンの方に怒られるのかもだけど、あの佇まいは只者ではないよなぁ。

ラストの犬のくだりとか、若干彼に寄り添うような感じだったのが賛否あるのかな。
私はアリだと思ったけどな。
思っていたよりも暴力描写にエグい描写は少なかったかないう印象だけど、イジメのあたりの方が個人的に痛かった。

他のキャストもハマっていたけど、笑いを一手に引き受けてるムロツヨシをキャスティングするさじ加減が良い。
あと、タイトルの出し方に震えた。見事過ぎて声が出てしまった。ああいうの好き。
なかなかぶっ飛んだ映画。
この作品は森田剛の演技に尽きる。。まさにサイコパス。
森田剛が凄いのは自然体というか演じてる感がなくて無駄が無くて怖いところ。

最後に森田が果てるところ、切ない。。
刺すってホンマ怖い。
観ててシンプルに気持ち悪いなぁ。
森田くんの銃撃った時の「うるせぇなぁ」ってのと、喫煙注意されて「もう吸うのやめたんで」ってのと、最後の右足無い時の「麦茶持ってきて」とかはハッとしたなぁ。
ムロさんはホンマふざけてるわ。本気でふざけてるからおもろい。
でもやっぱ濱田岳の間とか言い方とか良いなぁ。あと眼かな。あの童貞感凄いわ。
車で逃げる時の首轢いたアレすごい。どうやって撮ってるんやろ。
しんどかったけど割りと早く感じた。
最初、思ってるより明るいなぁと思ってたけど、森田くんの背中とタイトルバックでここからか!っていう高揚感が高まった

セックスと撲殺交互に流すのヤバすぎる。どういう思考回路でこんなことできるんや…

森田くん本当に本当に普通の子だったんだろうな

彼女の性体験きいていじけるのだせえけどあるあるだなぁめんどくせぇ〜って気持ち
原作を読んでいたのでどう映像化するのか楽しみでした。

設定や展開、ラストは違うものの
前半、後半で雰囲気を分けた事で
笑いとシリアスがうまくまとまっていたと思います!

ムロツヨシにはもっと古谷実独特のクレイジーさを出して欲しかった!
表情やリアクションなど!

1番印象に残ったのは、わぐっちゃんの彼女が撲殺されるシーンとセックスのシーンを交互に合わせた描写!
いい意味でうわぁ…ってなりましたね。新しい。

人を殺すことに躊躇が無いのは同じですが、
原作の森田君はそこまで女性を犯す感じでは無かったと思います。

それもあってか

V6の森田くんの演技力は流石ですが原作の森田君の『本当にヤバイやつ』感がイマイチ足りなかった気がします。

殺人シーンのリアルさは圧巻!

でもやっぱりラストは古谷実らしいモヤモヤした終わり方であって欲しかった!
実際にニュースや新聞でこの映画の岡田に負けないくらいの頭がおかしいんじゃないかと思うような殺人事件がある。
この岡田には殺人鬼になるキッカケが描かれている。そして、そのキッカケになった殺人でその行為に快感を覚えてしまった。それがサイコキラーとそうでない人との違いなんだろう。キッカケを与えてしまった虐めは最悪のものだが、サイコキラーがそうなる前の普通の人に戻ったキッカケが飼っていた犬に似た犬を轢くことが出来ずに事故を起こしてしまったことだったのが哀れである。
森田くん、ごめんね。
かわいそうでかわいそうでどうしようもない。

いじめは人間の人格も誇りもすべて破壊してしまうもの。殺人鬼にだってなりうる。中学の時、仲良しグループで、数ヶ月無視されただけで、絶望を感じた。明日は、明日は大丈夫、とかすかな希望を持ち学校に行くが、打ちのめされる。この世に必要ないと思えて消えたいと思ったものだ。大人になった今でもあの頃の夢をみて泣きそうになることがある。
森田くんの心の傷は計り知れない。狙われるのはいつも優しい子、弱い子。
開始1時間からの暗転、キャストの演技力、すごかったけど、森田くんがかわいそうでかわいそうで…
ラストのシーンで泣いた
ほんとにコメディとスプラッタホラーの変調がすごい。どのキャラに寄り添って見るかで見方は変わるのでおもしろいかも。後半で疲れてくるかも。
>|