ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

ヒメアノ〜ル2016年製作の映画)

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた…

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.5
2016/06/15(TOHOシネマズ府中)
タイトルのタイミング。つまりは長すぎるアバン。でもその時点で不穏さはMAX。
森田くんこと森田くんの「今は吸ってませんけど」3連発ぐらいで完全にヤバイってわかるのがまたよい。
刺した人の頭は轢いても、犬と爺さんは咄嗟に避けちゃうのは本能なのかねぇ…
あと、ムロさんが凄く良かった。
濱田岳のベッドシーンと森田くんがそのまま高校生は似合わなくて少し笑えたけど、全く笑えないこわーい映画でした。
まず途中でもう一度タイトルが出てくるあたりが初めて見た。後半の怒涛のホラー感が半端じゃない。森田剛演じる森田の回想シーンがなんか泣けてくる。っていうかもうちょっとちゃんとレビュー書けるようにならなあかんな

2月の段階でこんなん事言ってたんか、今となんも変わらんぞww
mii

miiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作終盤の森田の袋小路感が印象深かったので、いい話風にまとめちゃったラストは残念。
最期までサイコパスという存在であって欲しかった。
コメディとサスペンスのバランスは良。
演出は面白いけど
こういう作品は正直お腹いっぱい。
似たような作品が多すぎる。
ぐっとくる何かが欲しかった。
イモリ

イモリの感想・評価

4.6
人にオススメしたいのだが軽々しくオススメできない、重く悲しく苦しい映画。

タイトルの出るタイミングが秀逸で、その時点でもう傑作だと確信した。この作品の作りを端的に表している!

こんな映画が日本にあるなんて、映画館で見れるなんて。最高だ
ネム

ネムの感想・評価

-
鍋を囲んで観るもんじゃあない、見終わった後、ココロがどこら辺にあるのか目星が付くくらい、重くなってるのがちゃんとわかる
あんまり覚えてない。正直、微妙でした。
Taikid23

Taikid23の感想・評価

3.4
タイトルが開始から約40分で初めて出る。キャストもばっちり。ハラハラドキドキ、森田剛の演技に拍手。
>|