ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.5
2016/06/15(TOHOシネマズ府中)
森田剛の棒演技がハマってる
ぞら

ぞらの感想・評価

4.3
わしなんぞが失礼します💦

良かったぁ( ̄∀ ̄)

陰惨で執拗な暴力描写。
過去に酷いことがあったからって関係のない人をここまで傷つけていいのか?
同情の余地なんかない。
森田なんか早く死んでしまえ!

と怒りすら覚えた筈なのに甘かった。
ラストの美しさにすべて持っていかれた。
すべてがこのラストのためにあったのかと思うほど。
残虐なシーンが多いのに、観終わった後の余韻は爽やか。

でした💦
ゆり

ゆりの感想・評価

4.3
殺し方がリアルで 引き込まれた
あおき

あおきの感想・評価

3.5
麦茶が飲みたくなる映画です。
イトウ

イトウの感想・評価

1.1
会話の感じとか好きじゃなかった
俳優はいい人多かったけどなんか無理だった
森田剛いい
ゾロ

ゾロの感想・評価

3.0
高校の時にいじめられていた
同級生が殺人者になっていた

前半はムロさん、浜田さん、佐津川さんによる純愛路線で微笑ましい映画になっている

中盤に、タイトルが出ると
テンポも速くなり、展開も変わる
森田さんが主役のようになり、
狂気が連続する

面白いのは前半と後半で
各キャラの本性がでて変わってるところ
佐津川さんは、後半純情なイメージゼロで
天使ちゃんではなかった

ムロさん浜田さんも良いけど
森田さんの演技は凄かった

気になったので調べたら
『ヒメアノ~ル』ヒメトカゲという
体長10cmほどの小型爬虫類で、
強者の餌となる弱者を意味する
urukali

urukaliの感想・評価

3.5
ダメな子ほど応援したくなるアレだった。安藤さんはキモかわいい。
森田くんは怖いねーあれ。
サイコパスってやつでした。
ゆかちゃんの乙女心は都合よすぎなんだけど、話をこの尺でやろうと思えばしょうがないのかな。この映画で見せたいのはそこじゃなかったから。
お家入る時は、周りちゃんと確認してサッと入って鍵締めなきゃと思った。
あとヤベー人はあんまりまじまじ見ちゃダメな。
一回見終わって、序盤のサシ飲みのシーンを見ると、なんかとってももやもやする。
人間は辛い記憶から忘れていく、そうしないと生きていけないから、というのを聞いた事があるんだけど、記憶としては残らなくても、事実が消えるわけじゃないんだよね。
ラストのシーンで、狂気は紙一重っていうか、どうしてこうなってしまったんだろうって、それだけで悲しくて泣けてしまった。
肺

肺の感想・評価

3.2
ストーリーがどうなるか全くわからない状態で前半は「これ一体何の話だ?」って思っていたけど、中盤突然のタイトルから空気が変わって救いようのない展開になった。あのタイトルシーンいいな。
「あ、この人何言っても無理だ」っていう観ているこちらももう勘弁してくれと思ってしまうほどの森田剛の狂気は良かった。けど、あまりにも警察が無能に描かれているのと最後のお涙頂戴の説明(特に犬のやつ)でちょっと尻すぼみしてしまった。
>|