ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

ヒメアノ〜ル2016年製作の映画)

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた…

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

わ

わの感想・評価

3.9
記録用

このレビューはネタバレを含みます

作品的には心が痛くなるからあんまりすきではないけれども、
森田剛上手かった。
見終わった後森田のことで頭いっぱいになった。


そこまで彼女に肩入れする理由がわからない。最後には彼女を殴ったりしてるからそこまで好きじゃないわけ?だいたい彼に感情なんてないんじゃないか?
恋がきっかけであそこまで人を殺すようになったのか?

もんもんしました。

濱田くんは巻き込まれる役が似合うわぁ
貝崎

貝崎の感想・評価

4.5
映画化前に原作読みたいと思いつつ公開されはやく行かなきゃと考えてる間に公開終了。いつものことです。

最高にゾワゾワした90分間だった。日常パートとして登場するキャラクターの全員が色々えらいこっちゃ。ちゃんと始まりから終わりまで気持ち悪いが地続きなところが妙なリアリティで、ユカちゃん(佐津川愛美)の喘ぎ声が響く部屋を見つめるGO Morita、浮かび上がるHIMEANOLEのタイトルに、身体中の全産毛が逆立ちつつ、日常が綺麗に闇に侵蝕されていく演出に感動。
撲殺する時の痙攣とか身体がしなる音とか、快楽と痛みのまったく異なる状況で歪む顔を同時に見せるとことか、生々しすぎて本当に趣味が悪い。ゾワゾワ。

酷いイジメが森田くん(森田剛)の隠れてたサイコキラーな部分を引き出してしまったという、切なげな描写にもやられてしまった。サイコはサイコやろと思いながらも森田くんへの同情が止まらなくて泣きそう。「お母さん、麦茶2つ持ってきてー!」
こんな映画はじめて
のり

のりの感想・評価

4.0
グロくてこわくて切ない。

最後のワンちゃんがね。。
森田剛もだけどムロツヨシの方が淡々としてて狂気的に見えた
ヒデ

ヒデの感想・評価

4.3
V6森田剛のサイコキラー演技が凄まじすぎる。これ、女性が観たらトラウマになるわ。
原作にはないラストになっていて、個人的には映画の終わり方の方が救いがあって好きかな。正直超面白かった。
>|