ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価

ヒメアノ〜ル2016年製作の映画)

上映日:2016年05月28日

製作国:

上映時間:99分

3.8

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた…

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ……。

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

‖レンタル‖
ヒメアノ〜ルおもしろいから観て〜。とこのニョロニョロ記号を使いたくなる。(ヒメアノールというのは爬虫類生物の名前であり、ディスクの名前の所ではトカゲみたいな絵が使われていた)

この映画のレビューは前半と後半で分けて書きたくなるので分けて書きます。

【前半】
まずもってムロツヨシと濱田岳の、お笑い担当俳優の2人がよかった。
今作のムロツヨシは珍しく根暗な感じがあって新鮮。
濱田岳はやっぱり面白い。そして可愛い。表情の1つ1つがとても上手い。
この2人の絆が最高でした。
しかし、濱田岳以上に可愛いのが佐津川愛美。
こんな可愛くて純粋な子ほんとにいるのだろうか?
タイプ的には濱田岳に近いと思うので是非出会いたい。

【後半】
なんといってもタイトルの『ヒメアノール』が出るタイミングが見所。
森田くんが怒っちゃって獲物をロックオン。
殺される側は全然気づいてないってのがまた怖い。
前半とは打って変わってグロい、エロい。そして森田くんヤバい。
分かりやすくいうと韓国映画を彷彿とさせるような内容だった。

鑑賞後思った事が3つある。
こんな邦画が大量生産されて欲しい。
佐津川愛美に出会いたい。
ところで主役って森田くん?濱田くん?
izumi

izumiの感想・評価

3.4
ヘビーだった。
サイコパスが絡んでたり人が酷い殺され方をする映画は苦手なジャンルだったけど、V6の大ファンだから森田剛の演技を見たかったため観賞…。

森田くん(森田剛)がとにかくサイコパスで、何を考えているのか全く分からないし、共感できない。
人を殺す理由なんて絶対に理解したくないしできないけど、この作品における森田くんは人を殺すという行為に快感を感じてしまっていて、もはや殺人を悪いことだとは思ってない。
ただ最後のシーンで明らかになる森田くんの過去があまりにも切なくて、、
物語としてのまとめ方がすごくよかった。

濱田岳さんはほんとにどんな作品に出てもはまり役だなぁと思う。情けなくてひょろくてほっとけないようなそんな役がとても似合うなぁと思った。

ムロツヨシさんww
ツボでした。
ほんとにすごい魅力がある。
この作品では気持ち悪いおじさんを演じていて少しオーバーな感じがするのに、あ!こういう人いるいる!っていう気持ちになって日常とのギャップを感じつつもリアリティーを感じさせてくれる存在だった。

けどこの映画もう見たくないです。
結構グロいし、刺激が強すぎました。
AiSanada

AiSanadaの感想・評価

3.6
森田剛の自然なサイコ感がなにより不気味で教室での目付きが古谷さんの思い描くキャラにぴったりでした。
狙ってもなかなかこれほどいやーな雰囲気の映画って作れないんじゃないでしょうか。
小鹿

小鹿の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

精神患ってる森田剛。好きな女の子が手に入らないから周りの人間を殺してく。
ミズノ

ミズノの感想・評価

3.8
殺人シーンの撮り方に並々ならぬこだわりを感じる。
森田剛の全部を諦めたような目つきが忘れられない。
惹きつけられる魅力があるホラー。序盤はゆるい雰囲気のラブコメのような展開が続き、主人公とヒロインの甘酸っぱい恋愛描写に終始するが、中盤以降は雰囲気が一変、残虐で陰惨な描写が連続する怪作。日常に潜むストーカー被害の恐怖、破れかぶれになった人間の恐ろしさ、いじめの悲惨さなどが淡々と描かれており、その淡白さが緊張感となって作品全体を覆っている。特筆すべきはストーカー役を演じたV6の森田剛。ストーカーの狂気をものの見事に演じきっており、とてもアイドルとは思えない恐ろしい演技に、彼が画面に出るだけで画面に緊迫感が生まれていた。
take

takeの感想・評価

4.6
古谷実の独特な世界観をかなりオーバーした不気味な世界観。かなりハマりました。
RY08

RY08の感想・評価

3.5
森田剛に一見の価値あり
グロいですが。

暴力的な映画はなんとなく高得点つけられないけど4点でも良いのかも。
SuzukiKei

SuzukiKeiの感想・評価

4.0
いい映画だったけど、終わってからのモヤモヤ感が半端ない。とりあえず気持ち良くは終われなかった(´・ω・`)
>|