ヒメアノ〜ルの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ヒメアノ〜ル」に投稿された感想・評価

kirichi

kirichiの感想・評価

3.6
。。。つかれた〜
あいり

あいりの感想・評価

3.9
こんなに恐かったの冷たい熱帯魚以来かもしれない…。
chippy

chippyの感想・評価

3.5
性と殺の「果てる」ところ、
衝撃的で2回観てしまった。
古谷実の世界観に森田剛とムロツヨシがハマり過ぎててすごい。
日常と狂気は紙一重。
観るのに覚悟が要るだろうと長らく敬遠していたけど、自分の耐性が上がっていたので余裕で楽しめたやんこれ!

森田くん。

もう、そこに歌って踊るアイドルV6の森田剛はいない。

目が死んでいる。
人を殺すのに躊躇がない。
嘘を平気でつく。もしくは人格障害によるものか、会話が成り立たない(これサイコパスによくある傾向)。

これはなかなかのサイコキラーエンターテイメント!

平凡なビル清掃員のアルバイト岡田(濱田岳)と同僚の安藤(ムロツヨシ)。カフェで見つけたユカ(佐津川愛美)に一目惚れした安藤は同時にユカに視線を送る森田(森田剛)を不審に思う。安藤は岡田にキューピッド役になる様頼み、ストーカーから守ると言う名目でユカとの接触を試みる。

序盤は平和そのもの。
ムロツヨシのクセの強さ、濱田岳の受けの演技の妙。
成る程、原作者古谷実っぽいワールド展開。

しかし、森田に焦点が当たってから物語は暗転。
ここで来たかタイトルバック!!
めくるめくサイコキリングの世界に突入!!
この魅せ方、好きだなぁ…!!

以下、ネタバレ〜ル。

















殺してやる!
殺してやる!!
あ〜焼肉食いてぇ…
殺してやる!!!

鳴り止まない耳鳴り。

やっぱり森田は人格障害っぽいな…。
会話の辻褄の合わなさ。
恐らく壮絶なイジメ体験から、第2の人格が形成されたのでは?

いや〜、それにしても素晴らしい。
森田剛がいい!
自慰行為のシーン、3回くらいあったけど。本当にアイドルではなく役者として演じているのは好感が持てる。

そして、何よりラストシーンの一言。

「お母さーん!麦茶2つ持ってきてー!」

もう、この台詞で震えた。
それまでの森田ではない。高校1年生の森田くん。
その声色の違いに震えた。

そうか、昔の森田くんは犬を飼っていたもんね。咄嗟に犬を轢き殺す訳にはいかなかったんだね。

イジメが生み出したモンスター。
岡田くんが必死に訴えかけたから、昔の森田くんを呼び出したとも言えるね。

月並みな言い方だけど。
イジメ、ダメ、ゼッタイ。

森田がユカちゃんに執着する描写は弱かったけど、総合的に見て、キャスト、演出、森田。光るものも多く、なかなかの良作。
yuuko

yuukoの感想・評価

3.5
記録用
しさ

しさの感想・評価

2.4
森田くんの演技にただただ圧巻。濱田さんはこういう役すごく合うなぁ…。ラブコメと狂気がほどよく合わさっていたけど、ストーリーに痺れたかというとイマイチ。
濱田岳で題名がなんとなくふんわりしてるという先入観から、のんびりとラブコメ?かなという感じで観賞してたのがそもそも間違い。途中から豹変してただひたすら森田剛さんの狂気、演技の凄ましさに圧倒されてた。
森田剛さんといえばV6で物静かな人だなって思ってたんだけど、すごい演技のうまいこんな迫力をだせる方だったんだ!! とにかくえげつない。一体何人殺されたのかもうわからない。インパクトのある映画でした。
なかた

なかたの感想・評価

3.6
森田剛の演技が凄い。バットで後ろから殴り殺すシーンとバックでのセックスシーンを交互に見せるのがいいなぁと思った。あとタイトルの出し方。ストーリー自体面白くはないけど見せ方や演技が印象に残る。