戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章の作品情報・感想・評価・動画配信

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章」に投稿された感想・評価

工藤Dと市川を救出するために奮闘する田代カメラマン。
4つのミッションの内容が無茶苦茶なのだぎ、よく考えてみると意外と深いような気も…。
誰かが「汚いまどマギ」と評していたが、本当、チープでくだらなくてゲロばかり吐くしアホらしいんだけど、なんだろう、この胸に残る熱さは…。
kotatu3

kotatu3の感想・評価

3.3
いつの間にか、世界を救う壮大な話になってました笑。シリーズ通して、癖のある面白さでした笑。
もうこれはホラーモキュメンタリーアベンジャーズですわ
前回異世界に行ってしまった2人を助けるためにカメラマンの田代が奮闘する。

そしてまさかのクロスオーバーで『オカルト』の江野くん登場。工藤Dが不在の代わりに江野くんのめちゃくちゃな条件で笑いを取りに来る。

そして途中からだけど工藤Dは流石で「銃じゃねえ!バズーカだ!」には笑う。

あと入れ替わりの演技2人とも上手い。
あおき

あおきの感想・評価

3.0
白石監督ユニバース完結
工藤と市川にまた会いたいな
KYD

KYDの感想・評価

4.5
あちらの世界に行ってしまい消息不明の工藤D&市川ADに代わってカメラマン田代が奔走するシリーズ最終章。

これまでのフェイクドキュメンタリー方式の亜種とも言える全編生配信方式をとりリアルタイムで物事が進んでいく構成は時折やや冗長な部分こそあるが見事。世界の終わりが目前に迫っている最中2人を救うために無茶苦茶なミッションに田代が挑んでいくという構成がミッションをクリアする毎により荒唐無稽な方向に飛躍していくドライブ感は流石白石節といったことろ。これまであくまでカメラマン然とした振る舞いだった田代がミッションを重ねるにつれて一人前のヒーローに成長していくキャラクターアークも素晴らしい。

またこれまでのタイムスリップ的要素に加え、「オカルト」のパラレルワールドであるという設定が追加された本作は「オカルト」を観た人であれば必ず最後に落涙するであろう最高に痺れる展開も待っている。ラストの江野が発するあの台詞、もうアレが聴けただけで5億点である。

ほぼコメディ的なクソバカミッションを経て、世界を救うというシリーズ最大級のカタルシスへと向かうシリーズ最終章の本作、マジでアベンジャーズ・エンドゲームか何かか!?
とにかく最高。
ひ

ひの感想・評価

5.0
くせになる 
asari

asariの感想・評価

3.8
ぶっ飛びまくりな展開、しょぼCGが逆に癖になって、このシリーズ本当好きww
口裂け女からもう1度ちゃんと見直したいw
女性もののパンツ食べたら口からウ〇コ出るのは新しすぎた笑
今回もめちゃくちゃや!
微グロ注意。
ウラキ

ウラキの感想・評価

3.6
コワすぎ!シリーズ完結篇

前作の気になりすぎる終わりから、カメラマン田代が奮闘する姿を描く。これはもうホラー映画じゃない、なんなんだ。序盤から犯罪行為のオンパレードで笑いが止まらなかった。あと、グロ多め。

終盤に出てくる某登場人物との戦いなんて、アベンジャーズやグリーンランタンを彷彿とさせる。

続編の超コワすぎも期待やな〜
>|

似ている作品