kevin

トランスポーター イグニションのkevinのレビュー・感想・評価

2.8
凄腕の運び屋のフランクはある女からの依頼を受ける。しかし女を乗せる現場に到着すると契約にはない他の女まで車に乗り込んできた。契約厳守のルール通り仕事を断ろうとするフランクだったが…。



みんなが大好きなハゲ(褒)のジェイソン・ステイサム主演作のリブート。
元特殊部隊のフランクは、いまは3つのルールを決めて、アウディを乗りこなす凄腕の運び屋。
リブートにあたって一番違うところはハゲ(褒)は一匹狼、今回は父親がいるところですかね。

冒頭でチンピラをコテンパン(死語?)にしちゃうとこでテンションが上がったのはつ確かなんですが、なんだかパッとしない。
アクションは確かにカッコいいんですけどハゲイサム(褒)に比べると華がない。
ユニークな戦法とかあるけど地味なんですよね。あ、車を自動運転にして敵をどんどん倒していくヤツは好きです。
あとはこだわりというか粋なとこが薄いな、と。ハゲイサム(褒)の時は自分の車を台無しにされただけでマフィアのところに乗り込んで暴れまわるとか派手さや粋なとこがたくさんあったんですが、今回はなんだろ…カッコ悪くはない、カッコいいんだけど何か薄味。

と、前回と比べても仕方ないんだけどなんか前回を意識した感じが多くてこっちも意識してしまう。

あとお父さんがなんで女たちに協力的なのかとか、女たちには同情の余地はあるもののあまり褒められたことはやっていないのに親子して肩入れするとか、最後まで状況に流されまくって自分で決定していないとか、モヤモヤが多い。

リブートよりはフランクではなく新しい主人公の新しい路線の方がもしかするとよかったのでは…。


追記
うっかり書き忘れてたけど、エンディングの日本語主題歌はやっぱりいらないですね。吹替えならまだしも…てかトランスポーターとイグニション連呼してるだけやないかと(笑)
ある程度の宣伝効果があるのかもしれないけど、それにしても他に歌手はいるでしょうよ…。