シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

一言で言うと、「狂歌」みたいな映画だ。
本作は、主演のアン・ハサウェイが製作総指揮も務めている。見てみると、その理由がわかる。

ネタバレを含まずに本作のテーマ的なものを説明するのはなかなか難しいけれど、この作品には中盤から「敵」が出てきて、怪獣とシンクロしたヒロインの前に立ちはだかる。それが象徴してるものがなんなのか、というお話だ。

だから、特撮映画だヒャッホウ!と思って観賞すると、「あれ……」ってことになる。この映画は、かなり、いやとても、メッセージというか思想が強い。エンタメとは真逆にある作品だ。

狂歌というのは、腐敗した政治とかを揶揄するときに、そのまま書くと打ち首とかになるから、バレないように歌に混ぜて「わかる人はわかる」感じで作られたもの。

本作もそういう感じで、怪獣映画に見せかけた思想映画だ。宗教的なものじゃなく、現代社会におけるヒエラルキーへのアンチテーゼというか。

映画の中には、作り手がある強烈な思いを届けたくて生み出すものがあって、それは音楽とか漫画とか小説とかでもそうだけど、僕はそういう作品に出合うと大抵「ウッ」ってなる。カルピスを原液で飲まされたような感じだ(たとえが貧困!)。

だからこの作品を肯定することも、否定することも、ない。受け止めるだけで精一杯だ。そしてそれで良いと思う。共鳴する人もいるだろうし、拒絶する人もいるだろう。ただ、作品を見た人々に対し、届けることはできた。それだけでも、多分この作品は成功だ。

ただ、この作品を手がけたということは、アン・ハサウェイはこれまでの人生の中で相当苦労してきたんじゃないかと思って、アンチに晒されたり理不尽なことを言われたり、なんだかううう……と思った。

1つの作品としては、無理がある部分も多いし、かなり見る人を選ぶとは思う。ただ、作品に込められた強烈な思いは、見た人がぽいっと捨てるには重すぎる。

ある意味、ワインスタイン騒動に先んじて「女性の叫び」を描いた貴重な作品と言えるかもしれない。それをアンが成し遂げたという事実は、賞賛されるべきなんじゃないかと思う。
ri

riの感想・評価

3.5
目の前で起きていないからって好き勝手に世界の裏側を踏み潰して行くオスカーは、のうのうと生きる私たちみたい。
sakey

sakeyの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐 第7回 極端映画祭 1本目!
眠い時に観るとお布団が恋しくなる映画←

アンハサウェイが怪獣とシンクロ〜というところしか知らなかったので、コメディかな?って勝手に思ってたけど良い意味で予想と違った…

割と評価分かれる(低いのが多い?)けど私は嫌いじゃないかも。
ティムもジョエルも結局あんま役立たない(もっと活躍すると思ってた)とかオスカーめんどくせーな、とか思うところは色々あるけれど。

序盤めっちゃオスカー優しかったのに何で?って思ったけど弱ってる時は手を差し伸べて彼女より優位に立ってたってことなの?その後独り立ちされて気に食わない!みたいな。エゴの塊かよ…

主人公グロリアが怪獣を通じて謝罪のメッセージ書く文章に元ネタがあったり、そもそもアンハサウェイのバックボーン(アメリカでアンチが多い)とか知ってるとより楽しめるとか、知ってると一段と楽しめるポイントがちょいちょいあるので色んな人のネタバレとか考察読んでからまた観たい。
Arcn

Arcnの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ψ(`∇´)ψ
2回目。
再見するとオスカーのどうしようもない、行き場の無い感じが共感できてしまった。
悲しいけど…。
アン・ハサウェイを観る映画だと思います。とても可愛かった。ストーリーは多少目をつぶらないと厳しいかもしれません。
星人

星人の感想・評価

-
殊の外寝てしまった。
出直します。
自分の無力さ、周囲からの抑圧、抵抗、悪循環から抜け出す過程が苦しすぎて観るのも辛かったけど、もがき脱するアン・ハサウェイがめちゃくちゃかっこよかったし 可愛かった ダメウーマンというキャッチコピーはどうなんだろう… …
まるぢ

まるぢの感想・評価

3.0
ウルトラマン?
へにし

へにしの感想・評価

4.6
笑える映画かと思いきや人間の複雑な感情とかがテーマになっていていい映画だった
>|