シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

一言で言うと、「狂歌」みたいな映画だ。
本作は、主演のアン・ハサウェイが製作総指揮も務めている。見てみると、その理由がわかる。

ネタバレを含まずに本作のテーマ的なものを説明するのはなかなか難しいけれど、この作品には中盤から「敵」が出てきて、怪獣とシンクロしたヒロインの前に立ちはだかる。それが象徴してるものがなんなのか、というお話だ。

だから、特撮映画だヒャッホウ!と思って観賞すると、「あれ……」ってことになる。この映画は、かなり、いやとても、メッセージというか思想が強い。エンタメとは真逆にある作品だ。

狂歌というのは、腐敗した政治とかを揶揄するときに、そのまま書くと打ち首とかになるから、バレないように歌に混ぜて「わかる人はわかる」感じで作られたもの。

本作もそういう感じで、怪獣映画に見せかけた思想映画だ。宗教的なものじゃなく、現代社会におけるヒエラルキーへのアンチテーゼというか。

映画の中には、作り手がある強烈な思いを届けたくて生み出すものがあって、それは音楽とか漫画とか小説とかでもそうだけど、僕はそういう作品に出合うと大抵「ウッ」ってなる。カルピスを原液で飲まされたような感じだ(たとえが貧困!)。

だからこの作品を肯定することも、否定することも、ない。受け止めるだけで精一杯だ。そしてそれで良いと思う。共鳴する人もいるだろうし、拒絶する人もいるだろう。ただ、作品を見た人々に対し、届けることはできた。それだけでも、多分この作品は成功だ。

ただ、この作品を手がけたということは、アン・ハサウェイはこれまでの人生の中で相当苦労してきたんじゃないかと思って、アンチに晒されたり理不尽なことを言われたり、なんだかううう……と思った。

1つの作品としては、無理がある部分も多いし、かなり見る人を選ぶとは思う。ただ、作品に込められた強烈な思いは、見た人がぽいっと捨てるには重すぎる。

ある意味、ワインスタイン騒動に先んじて「女性の叫び」を描いた貴重な作品と言えるかもしれない。それをアンが成し遂げたという事実は、賞賛されるべきなんじゃないかと思う。
ソニー

ソニーの感想・評価

3.1
もっとバカな感じが良かった。
設定ぶっ飛んでるからコメディで見たかった。
なぜ、あそこで捕まえることができたのか。。。
ダメなアン・ハサウェイかわいらしいやん。
072
hinano

hinanoの感想・評価

3.6
失業後、酒浸りの生活を送っていたことで同棲中の彼氏からも追い出されてしまい、里帰りしたグロリア。ある日突然ソウルに現れた怪獣と、自分の動きがシンクロしていることに気づき、、

怪獣とシンクロしてしまう一コマ一コマは本当にシュールで面白いのですが、後半は意外とシリアスなヒューマンドラマ!!

ダメダメな彼女のことも、最後には自然と応援したくなっていました◎

このレビューはネタバレを含みます

アン・ハサウェイ好きなんですよ。
私が男だったら3番目位にタイプだし。
モンスターとシンクロしてしまうっていうアイデアも好きなんですよ。
意味不明なところが導入部としては魅力的だし絵的にも面白いじゃないですか。

だけどね( ̄ー ̄)

ほんとに何もないなんて誰も想像しないじゃないですか〜?
だいたいどうやったら企画段階通せたんすか?
モンスターとシンクロする意外、何も面白いとこもためになるとこもホロリすることもないじゃないですか〜?

強いていえば生来のモラハラ男と搾取される側のアル中女の対決っていうテーマがあるんかもしれないけど(´ω`)

アンハサウェイ印の可愛くて美味しそうなお菓子の包み紙をウキウキ開けて食べたらハリポタのハナクソ味グミだったっていうくらいのガッカリ感でした。

見た目に釣られちゃいかんですな…(´ω`)
自分の分身を初めて見て、自分の今を見て、初めて自分を知る。自分に何ができるのか、自分は何をしなければいけないのか、女は知ることに。
SFコメディかと思えば、井貝にもヒューマンドラマ。ダメな女性の目が少しずつ光を取り戻してくる。
アン・ハサウェイが見事なハマリ役。中々に異色な面白い映画。
Koizumy

Koizumyの感想・評価

3.7
意外にヒューマンドラマ
ヤバイ駄作。
SACHI

SACHIの感想・評価

2.7
アン・ハサウェイ、相変わらず可愛い‼

そして!
内容は………ちょっと……。。
面白そうな設定なのに、いまいちでしたm(。>__<。)m
好みではなかった!残念‼
やっぱり、アン・ハサウェイは可愛ぃ(笑)
さばつ

さばつの感想・評価

3.4
酔っ払いが〜
って設定好きだね〜外国!
わしも好物なんだけどさ笑笑

予算の問題だったのかな?
こんなに面白い設定なのに
もったいない!!!

だけどある意味終盤まで
全然展開読めなくて
なんやかんやで最後までちゃんと見てた笑
前半と後半のギャップがすんごい笑

ジャケットは好き!笑
>|