シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

一言で言うと、「狂歌」みたいな映画だ。
本作は、主演のアン・ハサウェイが製作総指揮も務めている。見てみると、その理由がわかる。

ネタバレを含まずに本作のテーマ的なものを説明するのはなかなか難しいけれど、この作品には中盤から「敵」が出てきて、怪獣とシンクロしたヒロインの前に立ちはだかる。それが象徴してるものがなんなのか、というお話だ。

だから、特撮映画だヒャッホウ!と思って観賞すると、「あれ……」ってことになる。この映画は、かなり、いやとても、メッセージというか思想が強い。エンタメとは真逆にある作品だ。

狂歌というのは、腐敗した政治とかを揶揄するときに、そのまま書くと打ち首とかになるから、バレないように歌に混ぜて「わかる人はわかる」感じで作られたもの。

本作もそういう感じで、怪獣映画に見せかけた思想映画だ。宗教的なものじゃなく、現代社会におけるヒエラルキーへのアンチテーゼというか。

映画の中には、作り手がある強烈な思いを届けたくて生み出すものがあって、それは音楽とか漫画とか小説とかでもそうだけど、僕はそういう作品に出合うと大抵「ウッ」ってなる。カルピスを原液で飲まされたような感じだ(たとえが貧困!)。

だからこの作品を肯定することも、否定することも、ない。受け止めるだけで精一杯だ。そしてそれで良いと思う。共鳴する人もいるだろうし、拒絶する人もいるだろう。ただ、作品を見た人々に対し、届けることはできた。それだけでも、多分この作品は成功だ。

ただ、この作品を手がけたということは、アン・ハサウェイはこれまでの人生の中で相当苦労してきたんじゃないかと思って、アンチに晒されたり理不尽なことを言われたり、なんだかううう……と思った。

1つの作品としては、無理がある部分も多いし、かなり見る人を選ぶとは思う。ただ、作品に込められた強烈な思いは、見た人がぽいっと捨てるには重すぎる。

ある意味、ワインスタイン騒動に先んじて「女性の叫び」を描いた貴重な作品と言えるかもしれない。それをアンが成し遂げたという事実は、賞賛されるべきなんじゃないかと思う。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
なんでバカ映画っぽくしねえんだろうって思いながら観てました。あれって思いつつ。いやまあ「公園を歩くだけでサスペンスを作る」っていうんならまあまだ。映画としてジャンル横断みたいなとこもあるかもだけど、明らかにコレ観る人ジャンル映画観たくて観る人だよ感はある。

アン・ハサウェイの衣装がいちいちかわいい。無職には見えないけど。
なんか思ってたんと違ーーう!って感じの映画だった。
予告だともっとポップなコメディぽかったのに、意味なくシリアス…。

なにしろ、キャラクターたちの言動も感情の動きも、ストーリーの流れも「???」すぎてよく分からん。

監督の頭の中には何か裏づけるエピソードがあるのかもしれないし、撮影したのにカットしたシーンとかがあるのかもしれないが、なんの説明もなく唐突な展開が多すぎる。

アンハサウェイが出てなかったら間違いなく日本で公開されるようなことはなかっただろう、残念ムービー。
ハリー

ハリーの感想・評価

3.6
アンハサウェイと巨大モンスターがまさかのシンクロ!というB級だかA級だかよくわからん変わり種SF。

だけどこれが意外や意外、それなりに面白かったな。ラストもスカッとするし。

オーシャンズ8のアンとはかけ離れたダメウーマンのアンもこれまた新鮮。それでもクライマックスで闊歩する姿はやっぱりキマってる。

一見の価値ありかも^^
Misa

Misaの感想・評価

2.8
アンハサウェイがもったいない…
韓国・ソウルに突如現れた巨大怪獣。カレシにフラれ田舎に引っ込んだアル中女はある日、自分の動きと怪獣の動きが同調したことに気づく⁉──という出オチ設定SFコメディ。

怪獣登場シーンはB級感満載、「ゴジラの画像を出資者向けの資料に使って東宝に訴えられた」など曰く付きの案件だが、主演アン・ハサウェイ自ら製作指揮を執る姿勢からも窺えるテーマと彼女の同調ぶりはなかなか。

泥酔して記憶をフッ飛ばしまくるダメウーマンっぷりを前面に押し出しても、何やかんやモテまくり、男関係でモメ事になり困る、そんな彼女自身のキャラを自虐(自慢?)含みに、主人公が突如世界の裏側の危機に関わり、テンヤワンヤするコミカルな作風……かと思いきや、周囲の男も全くダメで、特に最も「いい人」ぶってたヤツが、実は最も鬱々として隠しもった狂気を発現させる、サイコ・サスペンス風味。

誰も彼もがダメで、とにかく登場人物誰にもあまり好感が持てないまま、どう話が転び、どう決着つけるのか、というところが全く読めない珍作(オチのアイデアは強引だが、暴力で男に圧倒されっぱなしの女側からすると、溜飲が下がるし、最後のバーでのやりとりは秀逸)。ともあれ酒は呑んでも呑まれるな……ということで🍻
雀

雀の感想・評価

-
2018:06:12
★★★☆☆☆ レンタル。
あおい

あおいの感想・評価

2.7
モンスターになって、キメてこ!

アン・ハサウェイ主演の怪獣になっちゃった系コメディスリラー?設定があんまり活かされてなかったかなぁ。アン・ハサウェイじゃなかったらみやんやつ( ^ω^ )一応、ダン・スティーヴンスも出てる。

◎ストーリー
彼氏にフラれた元OLのグロリアは、意気消沈して故郷に引っ越してくる。そこで、幼馴染と再会し、彼が営むバーで働くことになる。そんなある日、ふとテレビを見るとソウルで謎の怪獣が暴れてるニュースが連日報道されていた。そして、グロリアは気づいてしまう、怪獣の動きが自分の動きと酷似していることを…

めちゃくちゃ惹かれる設定やし、パケ写も面白そうやねんけど、肝心のモンスターがあんまり出ない。しかも、だんだんとモンスターパニックからスリラーにシフトしていって、あれ?なんの映画?ってなる( ^ω^ )

まずそもそも、怪獣とリンクする場所そこかい!ってなる( ^ω^ )あとは、ソウルで出る理由も一応描かれてはいるけど、要はあの幼馴染が歪みすぎてたってだけ?うーん、イマイチわかりづらい。べつにアン・ハサウェイの好きにさしたれよ( ^ω^ )

まぁ最後は無理やりながら終わったけど、どうも腑に落ちないというか、謎設定だけが置いてけぼりになってた印象。ナチョ・ビカロンド監督の「タイムクライムス」、あれの方がまだおもろいです( ^ω^ )

アン・ハサウェイが好きでも観なくていいやつです( ^ω^ )
ひとみ

ひとみの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

モンスターとシンクロするって発想は結構面白い!
でもちょっと雑!
結局また誰かあの時間あの場所に入ったらどこかでモンスターか何やら現れるんじゃ?解決になってない…ヽ(;▽;)笑
登場人物も誰も好きになれない…
そしてオスカーの豹変っぷりね(◞‸◟)
終盤ただのやべー奴だった(◞‸◟)笑
mitchan

mitchanの感想・評価

2.5
なんとも不思議なお話…。アン・ハサウェイ…消化試合もこなしてますな。
>|