シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 11ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

「シンクロナイズドモンスター」観了。まず、主人公のキャラがとてもかわいい。アン・ハサウェイ、はまり役かも。ストーリー、SF要素よりもサイコスリラー要素の方が印象に残ったなぁ。

好みは分かれそうだけど、私は好きな映画でした。だらっと肩肘張らずに観賞できます。
yshrkmzk

yshrkmzkの感想・評価

3.6
アン・ハサウェイの安定の目と口のデカさ。運ばれてきたテレビ、液晶にしては厚みがあり過ぎ。
Takano

Takanoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

怪獣?シンクロ?え、なんで怪獣がいんの?なんでシンクロすんの?アンハサウェイと?という至極真っ当な疑問は捨ててしまおう。まずはアン・ハサウェイのかわいさに浸るのだ。アン・ハサウェイ演じるグロリアは、ズボラな性格。酒浸りの毎日でとうとう彼氏から同棲を解消されてしまう。生まれ地元に帰ってきたら、素敵な男性が登場して…てな具合だ。グズなグロリアなんだが、意外と許せてしまうのだ。毛量多いのに。手元のタトゥーとか鬼ダセえのに。愛しくさえ思えてしまう。100ハサウェイあげちゃおう。


アン・ハサウェイを愛でるような気持ちでこの映画を見ていればいいのだ。特に、グロリアが「Futon♡」と言いながら布団に倒れ込むシーンとか最高だ(そして「Futon」が英語として通じることを知る)そうすると突然、あなたはこう思うだろう。



「映画の展開、思ってたんと違う!!」
桂

桂の感想・評価

3.6
思ってたんと違う!!!!

でも、なかなか面白かったです。
この妙ちきりんな設定に惹かれて見たんですが、設定だけに終わらず後半からはなかなか深みのある重い話になっていくんですよね。

パシフィックリムみたいなド派手な感じを勝手に期待してましたが、良い意味で裏切られました。
あとダメダメなアンハサウェイが超可愛かったです!
景コマ

景コマの感想・評価

3.0
文字通り「投げた」オチ。

奇抜な設定は大した問題ではなく、それをテコに嫉妬と暴力性に塗れた人間の弱さを炙り出していく構造と、それを実践していた中盤〜終盤は面白い。「アン・ハサウェイが主役を演じる、女性の自立を描いた女性映画」という評判はほとんど的を射て無い。映画の主題は明らかに男性の方に向いている。

まあそういう映画だから、怪獣がソウルに出て来る理由とか、何故ハサウェイと怪獣がシンクロしてるか、とかの設定を「投げてる」のも、まあわかる。でもオチ、というか問題の解決も丸ごと物理的に「投げる」のは、人の心理を主題に描いてる映画としてヒドいと言わざるを得ない。

面白いとは思うけど傑作とは言えない。

ついでに回想シーンで出てくる怪獣の人形がマジでプルガサリにしか見えなかったでござる。
『悪酔いして怪獣映画をみたいあなたへ』
こんなクセが強すぎる怪獣映画は初めてだ‼︎

コメディかと思いきや、超サスペンス。動機がよくわからないのに、行動するキャラたちは気持ち悪い。
けど、飽きずに見れる不思議なクセ。またこの映画に酔いたい気分になりました。
幸村

幸村の感想・評価

3.4
コメディーかと思いきや、途中から急にシャイニングみたいなサイコホラーになったりするし、何より巨大な怪獣とロボットが登場する怪獣ものでもある、一言では表しきれない映画。

この映画、たぶん相当な低予算で作ったと思うんですけど、低予算ならではの工夫が色々されていて面白かったですね。特に怪獣とロボットに関しては、子供の頃に持っていたソフビが元ネタになっている➡️チープでも許される!とか、砂場に入っている人の動きと遠くにいるモンスターの動きが連動していることを利用して、砂場の人間の動きにSEだけ合わせて観客に被害を想像させるところなんかはなるほどーと感心しました。

逆にいまいちに感じたのはストーリー部分で、まあモンスターというのはそのまんま人間の心の闇の部分とか普段はあまり表に出さない屈折した自我とかそういうものを表していて、それが顕在化したときにどう向き合うのかということをグロリアとオスカーという対照的な二人と、グロリアの精神的な成長を通して描いていると思うんですけど、グロリアが正義に目覚めるのは動機としては十分なはずなんですけど描写不足な感じがするし、オスカーはそもそも根っからのクズだしで、キャラクターが全体的に浅い感じがしました。

でも、フートンに抗えないアン・ハサウェイが可愛かったので満足です。
最後の方、あれどうなったんだ?て部分多すぎて気になった
アンハサウェイはかわいい
kazbon

kazbonの感想・評価

3.9
なかなか予想できない展開が、個人的には大好きでした!
役作りのせいか、アン・ハサウェイは若干くたびれた感じでしたが、それでも充分にチャーミング(^^)
ジロ

ジロの感想・評価

3.1
予告通りの酒飲みコメディで爆笑していた前半からは一転、後半は予想外の展開でびっくりした!
ホラー?サスペンス?
シャイニングだな…

アンハサウェイのへべれけ具合はとってもよかった。共感してしまう自分が悲しい。。
最小限の予算で最大限のモンスター映画を作ったという感じで、アイディア賞ですね。

後半には驚いたけど、家でダラダラ瓶ビール飲みながらもう一回観たいかも。