シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 11ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

ユルくてイイ。
だらしなくて荒んだアン・ハサウェイのキャラクターが魅力的。
スケールのデカい話を容赦なくこじんまりさせてるあたり、同監督の『エンド・オブ・ザ・ワールド~』にも通じる。
310

310の感想・評価

3.5
設定はSFってことっぽいけど、テキトーなコメディで笑えた。
boliwa

boliwaの感想・評価

1.5
不知所云
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

2.9
日本での公開が決まったみたいだけど、予算の無駄遣いとしか思えなかった。ラブも怪獣も世界平和も中途半端!
#2017-52
自分の動きとシンクロしているモンスターがソウルに現れてしまったアル中ダメダメウーマンのお話。

ただの怪獣映画ではなく支配からの脱却、解放がテーマとなっていて、あまりに素晴らしく清々しいクライマックスには涙が出た。傑作。

正直アル中が主人公ということもあるせいかグダグダ感が凄いし、怪獣登場までが長くて退屈だったが、飲んだら記憶を失ってしまうアル中女が自分にけじめをつける物語をこの設定にして描いてしまう発想力が本当に信じられない。
あのクライマックスを味わえるなら何度でも見たいと思うし、物悲しげな中に覚悟が滲み出るFinaleのテーマ音楽は何度聞いても堪らない。
けた

けたの感想・評価

2.3
 アイデア1発な感じは否めないが、アンバランスさが心地よい映画。

 舞台はアメリカと韓国。アメリカ。ぐうたらでアルコール中毒のグロリアは彼氏にとうとう愛想をつかされてしまい家を追い出される。悲嘆にくれながらも田舎の自分の家に引き返すが、時を同じくしてソウルに超巨大怪獣が現れ街を破壊し始めるが、グロリアは怪獣と自分とに奇妙な接点があることに気づいてしまう。それは、自分が動いた通りに怪獣がシンクロする、ということであった。

 怪獣がアン・ハサウェイ(しかもアル中でダメウーマン)とシンクロする、という設定だけでも楽しめる内容。ともすれば超駄作になりかねない危険すれすれの設定ではあるが、「ダメ女の成長」×「ラブロマンス」×「パシフィック・リム」(ロボットも出るよ)×「ゴジラ」のような奇妙な世界観が展開されていく。でも後半に差し掛かるほどこの3つの「映画ジャンル」のミックスに収集がつかなくなってきて、若干息切れ感が出てきちゃう。グロリアにある種の「ヒーロー感」をつけようと躍起に演出してくるので、自分としてはもうちょっとラブロマンスを重視して欲しかったところ。それを除けば、奇抜なアイデアをちょうどいい予算(怪獣、ロボのCGも暑苦しくない簡単クオリティ)で具現化できた作品だと思う。

「マイ・インターン」でキレッキレの上司を演じていたり、どちらかといえば超ホワイトな配役が多い気がするアン・ハサウェイが自堕落な女を演じているレア映画という点でも、ハサウェイファンにはオススメな気がします。
あっき

あっきの感想・評価

2.5
ソウルとばっちりすぎわろた
tu

tuの感想・評価

2.8
61_2017

アンハサウェイって酒飲みダメ女役上手いよね
hideharu

hideharuの感想・評価

2.2
2017.6.7 ワンズワースで鑑賞。

まだ日本では公開が決まってないようですね。東宝が文句を言わなきゃソウルじゃなくて東京で怪獣が暴れるはずだったのに。
アンハザウェイは製作にも関わってるんだ。

アイデアはなかなか良いと思う。アメリカのアル中女と韓国に出現した怪獣がリンクしてるって。
ただ軽い感じのコメディかと思えば、実はそうではなくて重い部分もあったりして。早い話がまとまりがない感じです。

怪獣の出現の理由も納得はいかなくてもなるほどとは思える良いオチだったのにもったいない。

詰め込み過ぎなのか、あるいはコメディタッチでありながらドラマ性を持たせようとして失敗したか。
再編集して90分くらいにまとめて怪獣コメディとして再公開して欲しい。
アン・ハサウェイと怪獣がシンクロするという斬新な話でした。

アンの可愛さ爆発です。
女性が見ても男性が見ても楽しめる映画だと思います。

日本公開は未定らしいけど、これは上映すべきですね。