シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 11ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

思ったより低予算感があった。
ジェイソンサダイキス
めっちゃ嫌な奴やん‼︎
アンハサウェイはキュートやー?
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
や~、今夜は変わった映画観たな。B級とは言えない。だって主演はあのアン・ハサウェイ。原題は「コロッサル」。駄目女(ハサウェイ)がニューヨークから実家に帰り、人生を立ち直そうとする。同時に韓国の首都ソールに海珠が現れ、暴れてる。ところで彼女がその怪獣となぜか繋がってるに気づき、不思議な物語になる。SFでもあるし、笑える部分もあるし、結構楽しい映画でした。
恭介

恭介の感想・評価

2.7
怪獣、大好きです。
アン・ハサウェイ、大好きです。
B級映画、大好きです。
シュールな展開、大好きです。

これらの要素な全て揃ってれば
生涯レベルで大好きな作品になります。

そして本作。
設定自体は面白くなる要素満載。
怪獣が自分と同じ動きをするなんて
B級臭プンプン!
シュールな笑いに満ちて可愛い
アン・ハサウェイを堪能出来る傑作の
予感がっ!


だがしかし!

なんともはや、中途半端な作品に(笑)

いいシーンもあるにはある。
怪獣とシンクロしてるのもそうだし、砂場を街に見立てて、大人が怪獣ゴッコしてる
ようなトコとか。
シュールなんだけど、どうも天然のシュールさじゃなくて、計算されたシュールさに
感じて、あざとくなってる。

例えばデビッド・リンチなんか完全に天然で、あぁまぁリンチだから(笑)で済んでしまえる説得力?がある(笑)
だから彼の作品の多くは後にカルト映画と
して映画史に残ってしまう。

どうも本作は、観てると監督のニヤついた顔が画面に浮かんできて、どう?シュールでしょ?分かる?って言われてる気がして・・・笑

いや、この手の映画に真相は?テーマは?とか深読みしても仕方ないのは重々承知なんだけど、中途半端過ぎてこちらに色々考える余地を残してるのが問題。

最後の子供時代の回想シーンなんか入れて謎解きみたいな事をしてるのも残念。
それ見ても結局分かんなかったし、それなら潔く観客を煙に巻いて終わらせるか、もっとバカバカし突拍子もない理由の方が良かったんじゃないかな。

カルト映画になる要素をいっぱい持ってる
設定だったのに、なんか惜しかった映画。

ちょっとレディガイの後遺症が癒えてないところに観てしまったのも悪かったかも
(笑)
職なしで酒癖悪すぎな女の子、同棲中の彼氏に呆れられてニューヨークから離れ、地元にただいまー。小学校のクラスメイト君と再会して、彼のバーでひとまず働くことに。その頃ソウルに怪獣が現れた!そのニュースの怪獣を見ていた彼女はあることに気づいたのです。頭をかくあの癖、私と同じ、、、!もしかして!!

そーなんです、彼女と同じ動きなんです。怪獣操っちゃうなんてすごい。ジャケットのイメージからコミカルなヒーローコメディなのかと思ってたんですが、ストーリー展開はもっとスケールが小さかったです(笑)

ソウルの皆さんにとってはホントいい迷惑ですよ。小学生なみのケンカに巻き込まれてしまった感じです。グローバルな、みっともない大人のケンカです。前半のコメディ感は良かったんですけどね。珍しくアン・ハサウェイはダメ女でした。酒やめよー。タバコでいいってー

さすがにアン・ハサウェイはかわいかった(笑)でもダメっぷりがダメでした(^_^;)酒癖悪いだろーーー。ほかのメンズキャラもダメダメ(笑)ひどいもんでした。。。んー、、、文にしてみると魅力がアン・ハサウェイがかわいいってことだけしかないですね(笑)でも怪獣とシンクロし始めたとこは楽しかったんですよ。きっとこれはストーリーが良くない(笑)もっとハートをたくさん付けたくなるような怪獣バトルが見たかったです。

ちょーっとハマれなかったです(T^T)
ジャケットはポップで好きなんだけどなぁー
ひどいストーリーだ...。巨大怪獣とシンクロする話を映画にしたかったんだな、って感じの映画。
loser

loserの感想・評価

3.5
『自分のちっぽけな世界が大嫌いなのね。それだけのこと、悲しいわね』

おおよそ、ジャケットからは想像しないセリフ。
ラストの展開に予想を裏切られた。

個人的に凄く面白かった!
(ここの評価が結構悪かったけど…)

勝手な話だけど、映画には「細かい事はどうでも良いんだよ」と設定を細かくすると興醒めする展開と、「そこはおかしいだろ?」って細かい説明をしないとダメな展開がある。と理解した。

この映画においては(なんで?)とか(どういう事?)とかはどうでもいい。

突然、自分の分身が怪獣でソウルに現れる…。それで充分で、というか、もうそこはよく解らないけど、事実そうでって方がきっと良い。

アンが嫌われてる事を知り、映画の制作側にまで入り込んだと知り、セリフが見た人にどう刺さるかとか、映画の設定と嫌われ者アンとか、この辺りも良かったと思いました。

話は1人の酒と男にだらしない女性が成長する話。ただこれだけなら間違いなく見ない、これにシュールギャグやらSFアドベンチャーの要素があったから新鮮に見れた。

なんと言おうと、個人的には面白かった!アンハサウェイは可愛かった。

あと、怪獣とロボットのデザインも結構良かった☆
cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.2
ずるい!

正直もう少し頑張れたかと…予算低減のためか公園内というルールを作ったり人間バトルに破壊音被せて破壊シーン成立させたり…

最後カッコよくめでたしめでたしの良オチに騙されないぞ!
ゆーと

ゆーとの感想・評価

3.4
内容シュールすぎる!!
けど中々良い映画でした。

けど、アンハサウェイのダメウーマンの役ってこれ初めてじゃない?プラダを着た悪魔、マイインターン、インターステラー、どれもいい役なんだよなぁ。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.2
コメディー要素がもっとある内容かと思ってたら、そんなでもない感じでした。
お互い全ては酒のせいかと思ってたら、彼には深い闇がみたいな。
アン・ハサウェイが綺麗です。
なお

なおの感想・評価

2.0
一体僕は、何を観させられたのか…?
この作品をまとめられる能力が僕にはありません。
僕の理解の範疇を超えたトンデモ作品とは思えませんし、意図が謎に包まれた摩訶不思議な作品としてリストに刻まれました。

惜しい…。いいや、惜しくもないか。
これは是非、コメディ色全開の作品であってほしかった!

予告は観ない主義なので、ジャケットのみの先入観で勝手にコメディだと解釈していました。
恐らく僕と同じ被害者が大半なのでは…。

気付けば鑑賞中、アン・ハサウェイ目当てで観たはずが、中盤からジェイソン・サダイキスにばかり注目してました。
強いて言うなれば、「もっと彼の作品観てみよう」と思えるキッカケづくりにはなれたのかな。
それならそれで、めでたし。