シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

buccia

bucciaの感想・評価

2.0
設定は面白いけど、いろいろ突っ込みたくなるとこ満載。企画先行でできた映画かな
gaku

gakuの感想・評価

3.3
誰だ、これ企画したやつ。って感じの映画。


設定は面白いんだけど、それアンハサウェイでやる?と言いたくなる。笑


ひたすらコメディかと思いきや、意外とダークなストーリー。不意打ちされました。


何も期待せずポップコーンとコーラ片手に観れば楽しめる気がする。
てた

てたの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アン・ハサウェイは相変わらずきれいだけどクソみてーな酔っぱらいの役をしてて、かと思ったらもっとキチガイが出てきて、完全に意味のわからない映画になってた。
怪獣ではなく操縦者を殺せっていうのは、某王国の偉大な将軍が言っていた、有能な武将から殺してけ、に通じるとこがあるなあと思っておりました。

最後のソウルにアン・ハサウェイが降り立つことでアメリカにモンスターがでる、と言うシーン、完全に不意をつかれたし逆転の発想の頂きみたいな感じがしてめっちゃ好きw
ragii

ragiiの感想・評価

4.2
韓国に突如現れた怪獣
それが、仕事をリストラされ、酒浸りになり彼氏に振られ田舎に帰ってきた女(アンハサウェイ)と動きがシンクロして…

何この設定(笑)
設定だけで笑える!! でも笑えるだけじゃなくて、脚本もすごく丁寧に丁寧に描かれていてドキハラさせられて心地いい。

アンハサウェイは相変わらずキュートで、絶妙にダメな女の人演じててたまりません!! 可愛くて笑える、そしてドキハラもあるサイコーに楽しい作品!!

このレビューはネタバレを含みます

そういう理由で怪獣とかロボとかとシンクロを…というか怪獣とかロボが出現したのか!!という作品。
作中の中ではキャラクターとして権利が成り立ってる怪獣とロボが本物出現しちゃったという感じなのに報道のされ方はあんな感じとなるのか… って思った。
よく「見る人を選ぶ作品」とか聞くけど、この映画がまさに該当する作品だと思います。

予告編のノリを期待して本編を見るとガッカリする人が多いかもしれないので、そこまで軽い内容の話ではないのでご注意を。

本作を見て思ったのは、細かい設定には目をつぶっておくこと。そして、アン・ハサウェイもたまにはこんな映画も作りたかったんだなと。

マイ・インターンではデキる女性を演じていて、今作は真逆の女性なので、やっぱり演技の幅が広いと感じさせられました。
基本珍しいダメ可愛いアン・ハサウェイを愛でる映画。
表情豊かで女優としても女性としても可愛すぎる!

内容のとんでも設定を上手くまとめて、怖いのはなんやかんや人間だなって感じにさせてくれる。
というか、相手役のサダイスキのキャラがサイコパスぽくてサスペンスになるのが面白い。
彼女は何が言いたいの!?
アン ハサウェイ見るための映画です。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.0
シュールだわあ♪( ´θ`)ノ

予告編観て、コメディだと思い込んでると、こりは、相当な減点を喰らうと思いまつ( ̄▽ ̄) カレー頼んだのに、ミートソース出てきたみたいな。まあ、でも、そうでなくても、評価は高くないでしょうなあ。

自分より強いワルモノを倒すにはどうすればいいのか?どうしようもない、絶対悪に対峙した主人公は、可愛いけど、特段なんの変哲もない、ただの呑んだくれのビッチ。周りの男は頼りにならないクズ野郎ばかり。それでも、人を傷つけてはいけないという、最低限の人としてのモラルをわきまえていた彼女は知恵を振り絞って巨大ロボットとの対決に挑むのでつ。

この世には理不尽で不条理な暴力が溢れているけれど、それはどこからくるのか?それは突然シンクロしたモンスター同様、我々の心の中きら湧き出てくるのかもしれまぺん。SFサスペンスの異端児的な作品として、数年後には誰の記憶からも吹き飛んでしまうようなこの映画にバローロは敢えて一票を投じましょう。観た後にクエスチョンマークが飛び交うこの作品をハズレと思う方が多いのは当然でしょう。まさに奥歯に物の挟まったような話の流れはシュールそのもの。が、昨今の何かと言うと、「実話に基づいた」に食傷気味のわらすには、小気味好いチャレンジに感じられたのでつ。

全くおススメできまぺん。レンタル?やめときなはれー。時間と金の無駄でつよー。でも、わらすは、果敢にもエグゼクティブ・プロデューサーとして臨んだ主演のタレパンダちゃんと、ほんの一瞬でもシンクロ出来た気がしまつ♪( ´θ`)ノ

とってんからりのぷー
M少佐

M少佐の感想・評価

2.0
 「寂しい人…」

粗筋?んなもんは上にあるでしょ?それよりビール飲もうよウヘヘ⬆

アルコール依存症のダメ女と地元から抜け出せないダメ男の奇想天外、横恋慕ムービー。

なにこれ?
お酒で失敗したことある身からすると、悲しく身につまされる事もあるけど、大袈裟なストーリーの割りには小さく終わる。
何より怪獣が現れるのが、韓国はソウル!
何故だ!日本の東京ではないのか!怪獣=日本だろJK。
そんな微妙な不満と無駄に残るモヤモヤに飲みに行きたくなりました。

クラフトビールしこたま飲んでやる。