シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

なんかおもしろかったけど!
東京で公開してた時はけっこう微妙な反応の人が多かったからてっきりおもしろくないのかと思って、私はダンたんさえ大きいスクリーンで観れればいいよって思って観に行ったら!全然おもしろかったけど!

ダンたんは少ししか出ないんだろうなーって思っていたら、たくさん出てたし、満足!

アンハサウェイが怪獣映画ってだけでも笑えるよね。完全に今年のベスト入り!
emi

emiの感想・評価

3.0
アメリカの田舎のある場所での動作が、モーション・キャプチャーのように韓国でモンスターを動かすという奇想天外なアイデアのコメディ。しかしアン・ハサウェイが失業して酒浸りのヒロインというのはミスキャストな気がする。別の女優ならもっとオフ・ビートなゆるい感じが出たのでは。
emily

emilyの感想・評価

3.3
お酒におぼれ、定職にもつかないグロリアはとうとう彼に愛想つかされ、出ていく羽目に。行くとこなく田舎に戻ってくる。一方韓国ソウルでは謎の怪獣が現れる事件が起こっている。その怪獣はグロリアの動きがシンクロしているようだと気が付き舞い上がり、小学時代の友人だったオスカーやバーの仲間たちに話すが、事態は深刻化しており、怪獣はたくさんの犠牲者をだしはじめ・・・

 グロリアを演じるのはアン・ハサウェイ。酒浸りでダメウーマンを、少し低めの声のトーンでしっかり演じている。設定は唐突でぶっ飛んでいるが、欲深い人間の本質を浮き彫りにし、相対するものをロボットvs怪獣の戦いに重ね合わせ、コミカルかつ普遍的なテーマにしっかり収めていくので、見ごたえある。酒に溺れるダメウーマンが、戦いと平和のため酒を断ち、自分と向き合い、大事な物を取り戻していく。

 それが大げさなでに大規模なロボットvs怪獣という形で表面化され、ヒーローと化す。笑いを生みながら同時に感動と爽快感を残してくれる。誰しもこの世界の住人であり、世界と繋がっているのだ。一人の何でもない行動や意識が世界を変える事を改めて考えさせられる。
Garu

Garuの感想・評価

3.5
怪獣が出てくる大人女子映画

ちょっと抜けている女性を演じさせたら抜群なアン・ハサウェイ。いくつになっても、大女優になってもかわいい。

アン・ハサウェイ演じる主人公の自立と成長の物語に怪獣が出てくると言った感じ。

怪獣のアイディアは意外性があり、いったいどうなるのか気になるが、基本的に人間関係のドラマが長く続き、中盤以降の幼馴染オスカーの変化のあたりまで意外と長く感じられ、若干退屈してしまった。

想像できない意外性の物語と魅力的なアン・ハサウェイはとても良かった。
FxJxTx

FxJxTxの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

B級特撮物のつもりで観に行ったら、全然違った、、、

途中、ホラー見たいになるし、、
良かった~。怪獣とシンクロするコメディ映画ではない!なかなか深い映画でした。
アン・ハサウェイと怪獣のシンクロという軸になるストーリーは良かった。ただ、そこに絡んでくるあいつのストーリーと解決法がどうもしっくりこなくてこの点数です。
とがり

とがりの感想・評価

3.5
ソウルの街に現れた怪獣がなぜかアメリカの田舎町にいるアン・ハサウェイとリンクする突飛な設定が既に勝ち。

怪獣映画と見せかけて、本当に醜いのは人間の嫉妬心や独占欲、酒は飲んでも呑まれるな、などのメッセージをくれる懐の広さが侮れない良い映画だった。
NAGA

NAGAの感想・評価

5.0
めちゃくちゃよかった!!!
予告編のコメディだけじゃ終わらない!
怪獣とロボットの対立に都会と田舎、男と女、夢と現実が重なってすごいことになってた!!
失業した"グロリア"は恋人にも捨てられ実家の田舎町へ戻る。
そこで幼馴染の"オスカー"と再開。

オスカーとその友人たちとバーでお酒を飲み近所の公園で夜を明かす__。

翌朝、韓国ソウルにモンスターが現れた事をニュースで知る。

その晩も酒を飲み夜を明かすグロリア。
またソウルにモンスターが現れる。

しかもモンスターは変な動きをみせる。
それはグロリアとクセとそっくりだった…。

そう!グロリアとモンスターはシンクロしていたのであった
・・・的な作品。

あんまり期待しないで観たぶん、割かした楽しめた。
ギャグ的な部分も意外と中身のある展開も良かった。
後半からのほうが個人的には好きだった。