シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

肥大化した自意識のメタファーとしての巨大怪獣/巨大ロボットというモチーフはまあ分かるんだけど、この作品は「自意識の膨張」を「アルコールによる非理性化」とオーバーラップさせているワケですよね。
酒で意識が飛んでしまった翌日は後悔しか残っていない、という愚かな行いは僕自身何度も重ねてきてしまったワケで、意識がないのに自分は何かをしていたという事実は真に耐え難い現実なんですけど、そんなもんてめーが全部悪いワケで。

それが原因で僕は色んな人に迷惑を掛けてきたし、それで頭を丸めた事もあるし、もう"NO ALCOHOL"というタトゥーを彫るしかないという稚拙な自己救済を思い詰めた事もある。
とにかく永遠に反省し続ければならない出来事を幾つかしでかしてしまったのであるけれども、結局のところ、いくらてめーが覚えていないとしても、てめーがやったことはてめーという主体による事実なのだからね、という身も蓋もない現実が、実際どれだけ世界に(悪)影響を及ぼしているのだろうか。そんな事が客観的に描かれるのであれば、観ないワケにはいかないので観ていたのですけれども、まあ往々にして中途半端なんじゃないですかねコレ。

「世界はてめーの自意識とは関係なく回っている」と僕は思うのだけれど、酔っ払って記憶を盛大に喪失し、どこかへ転がっていってしまった自意識の外側で、自分がどんな醜態を晒していたのかなんて事実はまさにその逆説的な象徴であると思う。本作はその点にこそアイロニカルな眼差しを注いでいて、「一方でてめーのその放り出された自意識が世界に直結してたらどーなんのかな?」という有り様を描こうとしているのでしょう。それはエヴァンゲリオンなどの所謂「セカイ系」とは若干異なる性質のものだと僕は思っていて、この世界の中心を為すのは「こじらせた自意識」というよりかは、「(なし崩し的に理性を外れて)放棄された自意識」の方であろう。

で、結局のところ、自意識を放棄してきたアン・ハサウェイは、色々あってそんな自分のダークサイドたる「放棄された自意識=ロボット野郎」を打ちのめして幕を閉じるワケである。物語としてそれはまあそうなるのかもしれないが、それにしたってその行動が淡白過ぎるんじゃねーのこれ?

この作品は、終盤、放棄された自意識を体現するあの男をそれなりに暴走させて、明らかにその存在を「悪」として処理しようとし始めたでしょう。その醜態に対する最低限のシンパシーがなければ、アン・ハサウェイは、元酔っ払いとして限り無く何かが失格だと僕は思いますけどね。

「酒飲んで他人様に迷惑を掛けるなんて最低なんですけど」なんて事は犬でも知ってるんだから、それでも酒を飲んでしまう人の悲哀を丁寧に描かずに、あまつさえこんな淡白に処理しちゃってコレなにがしたいの?あの男が自意識を放棄してしまう動機が余りにも稚拙過ぎて、僕は落胆して死ぬかと思いましたね。だったら最初からアン・ハサウェイをアルコール絶対許さないウーマンとして配置すればいいじゃない。人の業を理解できる立場に居たはずの者が、それをいつの間にか全否定し始めてしまう様子ほど悲しいものはないでしょうに。

結局のところ、これはすべてアン・ハサウェイの自意識の世界であったのだと、彼女のインナー・ユニバースなのであったのだと、あのロボットもアン・ハサウェイを成長させ救済する存在としてだけ出現していたのだと、そう思えば色々と腑に落ちる。
でもね、それならばあんたの自意識は救われたかもしれないけど、「自意識とは関係なく回っている世界」や「他者」に関しては、あんたは相変わらず盲目性を保持したままだよと、この酔っ払いのクソ野郎はそう思ったワケです。
中途半端な覚悟の描写で、中途半端なメッセージを打ち出されても困るなあと僕は思って、そして今夜もまた真っ直ぐ家には帰らずに酒を飲みに行くのである。るんるん♪
怪獣は思ったほど出てこない。
砂場でのシーンがいつでもシュールで面白い。
はつみ

はつみの感想・評価

2.6
怪獣とリンクしたアンハサウェイが人々を助けるという設定はよかった。敵役?になる幼馴染がサイコパスすぎてちょっと気持ち悪かったのと、怪獣にリンクするきっかけ&ラストが意味不明すぎて???で終わった。コメディ映画なのにシリアスシーン多くてそれもなんだか…ソウルのエキストラをたくさん使ったラストシーンは見ごたえあり(シンゴジラっぽくもあるけど)
ダンスティーヴンスがあまりにもちょい役すぎる。
すー

すーの感想・評価

3.0
したまちコメディ映画祭にて。
こういうB級感はとても好き。髪切って歌っただけで絶賛されたり、仕事できるアピールしてみたりとあまり好きではないアンハサウェイが好きになってしまうような映画。まあ仕事できてお茶目で可愛くてより、ダメダメだけどお茶目で可愛い方が共感しやすいのかも。

小さな争いが大きな争いへ。とても笑えて楽しかった。
第10回したまちコメディin台東
の一つの企画で特別招待作品を見てきました。

ヤング≒アダルトとパシフィック・リムを足して・・・
やっぱり〝2〟でなくて、いいトコ〝3〟で割った感じかなぁ〜

しかし原題〝Colossal〟 = 巨大な
からよくひねり出した邦題ですね!
「シンクロナイズド・モンスター」

元のタイトルの通り「巨大な、壮大な」処はあるけれど、基本は「ちっぽけでショボい」まごうことないB級テイストには、ベストでなくてもベターな日本語タイトルじゃないかと思います。

せっかくのお祭りにしては台風のため、終日雨だったのは残念でしたが、でも参加することに意味があったようです。
σ(^^)
Chock

Chockの感想・評価

3.8
アンハサウェイ可愛すぎ。
可愛すぎてダメ女感あまりないけど、演技でキャラクターがしっかり伝わって来るのでみていて楽しい。

SNL元メンバーのジェイソンサディキスのひとつの映画での演技の振り幅がすごい。脚本的にキャラクターに一貫性がないといえばそうなるけど、優しくて面白いサディキスからこんな奴にもなれるのか(若干ネタバレなので言わないが)ってキャラまで演じてて、意外と演技できるのかと感心した。

アイデア勝負な脚本だけど出落ち感は全くなく1時間半を越す上映時間で飽きることはまったくなく楽しめた。
nait

naitの感想・評価

3.6
したコメにて。
予告編初めて観た時から観たくって仕方ない作品でした。

間違いなく発想は近年稀に見る独創性がある。ネタバレ避けますが、
・なるほど良く考えられている。
・アン・ハサウェイかわいい
・オチのつけ方に納得

ただし、
・テンポ悪さ
・ダン・スティーヴンスの無駄使い
・アイディア先行でキャラ行動原理が不明、もしくは中途半端

と言ったマイナス要素が目立つ。

元々はソウルでなく日本にする予定だったそうです。

パシリムやバトルシップの様なガチものではない。そのつもりで行けばそんなに悪くないよ。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

2.4
【アン・ハサウェイの脳内】
「ゴジラ」1作目が公開された11月3日に、アン・ハサウェイ主演の怪獣映画「シンクロナイズドモンスター」が日本公開される。本当は日本ロケで撮る筈が、大人の事情で韓国ロケになった曰くつきの作品だ。

第10回したまちコメディ映画祭で観たので感想を書きます。

...とっても変な映画だった。

しかし、観た時感じた推測を辛酸なめ子が上映後トークショーで語っていたので納得がいった。

話は、韓国に現れた怪獣とアメリカで冴えない暮らしをしているアル中の女が実はシンクロしていて、、、というもの。

展開がぶっ飛びすぎているのと、怪獣アクションの見せ方が上手くないところで、非常に観る人を選ぶ。

しかし、アン・ハサウェイの人生の苦境を考えながら観ると、物語の裏側にある皮肉に笑えます。特に、アン・ハサウェイが操作する怪獣が投げる者に注目してほしい。

変な映画ですが、怪獣映画好きは11月3日にこいつを観よう!
Taro

Taroの感想・評価

3.0
けっこう哀しいお話でした。
sato4

sato4の感想・評価

3.5
「第10回したまちコメディ映画祭 in 台東」にて鑑賞。アン・ハサウェイと全く同じ動きをする怪獣!ウケる。怪獣やロボットが登場する荒唐無稽なところが面白かった。逆に言うと面白いところがそこしか無かったというか。ダメな大人しか登場しない作品は観てて疲れるなぁ。あと、原題の『COLOSSAL(=巨大な)』の方が好き。