シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

れんや

れんやの感想・評価

3.1
評価低くてもきっとおもしろいと信じて見たんですがやっぱり微妙でした。

2018-51
緑色

緑色の感想・評価

3.5
つまらないわけではないが絶賛する映画ではないってのは見る人だけでなく、制作側も出演者もみーんな知ってるであろう作品。

それなりの年齢になってもやっぱり魅力的だなあとおもうアン・ハサウェイじゃなかったら、この作品はどんな評価になっていたのか。

どんな人にも、それこそ自分らにだって内面にはモンスターがいて、そとづらはそんなの出さずに、社会で生活してるんですよね。

面白かったよ
がっつりコメディー路線かと思いきや意外にも少しお堅い内容のシーンが多めで途中物足りなさを感じるもアン・ハサウェイの可愛いさで視聴者の目を強引にオチまで持ってくストロングスタイルでしたね。
Colossal

冴えないアンハサウェイも良い
男たちのモラハラはみにくい
もう少しヴィランに感情移入できる余地があれば、もっといい作品になったと思う。「なんか気持ち悪いなコイツ」としか思えない陰湿さだった。花火のとことか。多分、そういうのが狙いなんだろうけど。異色フォーマットのヒューマンドラマといった感じ。いや、滅茶滅茶好きだけどね、設定。
怪獣コメディーと思いきや暗いガールズムービー。
パッケージのアホっぽい感じの映画期待してたのになー。
mtkinoko

mtkinokoの感想・評価

3.3
カワイイだけでは、いいオトコは寄ってこないよという話。はしゃぎ一転シリアスな流れがクロニクルっぽい。
竜平

竜平の感想・評価

3.8
失業し毎夜酒に溺れついには恋人にもフラれてしまうダメ女に巻き起こる、なんともヘンテコな話。ジャケットや予告編などから予想するようなドタバタコメディ、かと思いきやじつは所々シリアス、でも行き着く先はシュール、というなんともいろんな顔を見せる不思議な映画。
怪獣やロボットが出て来つつ、でも焦点はそこよりも人間同士のいざこざ。現実離れした設定の中で描かれるのは人間の本性みたいなもの。普段取り繕っている部分が酒の力で出てきちゃう感じとか、酔ってる人とシラフの人の分かり合えない空気感とか、意外と現実味を帯びてて個人的には共感してしまったり。万人受けはしなそうだけど、共感しちゃう人はどっぷりしちゃいそう。それよりも何よりもアン・ハサウェイ、彼女の魅力がこれでもかと言うほどに詰まっている。彼女のファンはマストで見るべきだし、そうじゃない人もきっと惚れる。
内容的にはたぶん、求めてるものと違うものが来る可能性大。主人公が成長していく姿と、この意味不明な出来事の原因と行く末をあまり気張らずに見守る、的なスタンスでまったり鑑賞してみては。
なんなの、あのいかにもコメディタッチの予告編は。まんまとヤラレタ!それを考えると配給会社の知恵モノの勝ち。モンスターの話なんて、所詮おまけじゃないの。大体なんでソウル?
なんでモンスターになって現れるの?そもそも、が全く納得いかない。
嘘でもいいから、そのあたり「なるほど」と思わせて欲しかった。フジテレビの「世にも奇妙な物語」のひとつと思えばいいけど、それにしちゃ2時間も奇妙だと「これ何の話?」になるのね。

怪獣とロボットの造形はいいと思う。嫌いじゃない。
モンスターとダメダメね~ちゃんがシンクロする、というアイディアもよかったけど、一発芸みたいなもので、結果的に1時間50分弱持たせるためにあれやこれやぶち込んで、すっかりとっちらかっちゃったっていう感じ。しょうもな。
本国ではネットで叩かれまくりのアン・ハサウェイ。彼女がキャストじゃなかったら本当に見なくても良かったんじゃないかって個人的には思うわけ。
アンちゃんがプロデュースもしているらしいけど、敵の名前がオスカーなのはアカデミー賞での大バッシングと関係あるのかな。掴んだオスカー(過去)を投げ捨ててグロリア(栄光)を掴むっていう決意を感じさせる、とか?
腕力に訴えてくる男に屈しない。ダメ女だって、やる時はやる。悪いけど、この映画にそんなメッセージは期待していなかったのです。
ただ馬鹿笑いしてみたかっただけなんだけどなぁ。
Kota

Kotaの感想・評価

2.5
都会での生活が上手くいかず、田舎に帰ってきたアル中の女性が、同じくアル中の幼馴染との再会でお酒を辞めていくまでを描くヒューマンだったら良かったのに。モンスターとシンクロする事でストーリーが逆に支離滅裂になってるドンマイな脚本。