シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 38ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

iku

ikuの感想・評価

2.0
謎過ぎる!!
こんなに訳わからない
作品ひっさびさ見たーー!
何か裏設定があるのか考えてたけど、
何もなさそう笑
Kenta

Kentaの感想・評価

-
謎すぎた笑
何映画なんだろう
予告編に騙されたシリーズ
飛行機にて、、
まず最初にいきなり恐竜登場で、しかも、チープな!なんとなく恋愛映画だと思っていたから これ飛行機のモニター バグってるんじゃないの!?って思ってしまいました!
設定が訳分からなすぎて笑えます!
cano

canoの感想・評価

2.9
初めて見るタイプのコメディだったので
ずっとオチが気になってたけど、
最後までとんでもない珍映画!
一瞬、大掛かりに感じるけど、
怪獣モノでは近年稀に見る超低予算で笑えます。
そういった点では、大掛かり風、凄い!

そもそもなぜ韓国なんだろう?
観終わっていくつも疑問が。。
はやく皆さんの解説が読みたいです。

アン・ハサウェイがいつまでもかわいい!
strmmy

strmmyの感想・評価

3.0
飛行機で鑑賞。アン・ハサウェイが可愛い。
アン・ハサウェイはコメディがやっぱり似合う。しっかし、はちゃめちゃ、一体何の話だこりゃ。ぶっとび、ハサウェイは鑑賞するに値する!!
こちらも機内にて鑑賞するも、寝落ちを繰り返して多分もう一度見直した方が良さげ...。(笑)

職もなく、酒びたりの生活を送っているグロリア。ついに彼氏にも愛想をつかされ家を追い出された結果、逃げかえるようにして故郷に舞い戻る。久しぶりの故郷での日々の中、彼女がニュースで目にしたのは韓国に巨大怪獣が現れたという衝撃的な出来事。そしてひょんな事から、その怪獣が彼女と全く同じ動きをしていることに気づき...。

こんなにブッ飛んだ設定の映画は久々!(笑)モンスターとシンクロするなんて!
今をときめくアン・ハサウェイも化粧は崩れ、地味な服装に身を包み、いつもグダグダ状態...びっくりするくらいのダメ女っぷりでした(笑)。『マイ・インターン』の快活な彼女はどこへやら...。
脇を固めるダン・スティーブンス、ジェーソン・サダイキスもいい感じに目の光がない演技で最高!(笑)ドタバタコメディかと思いきや、かなりシュールな展開で、終始暗めの雰囲気が続きます。

モンスターとシンクロしたことで、自分が周りの人にどのような影響を与えていたか、グロリアは大切なことに気づきます。
そこまでの展開はすごく深かったのですが、最後の最後でどんでん返しというか、まさかの展開になってびっくり仰天しました!(笑)というより、あまりの急展開すぎてちょっと理解が追いつかず...。

アン・ハサウェイファンは本作をどう見るのかなと、ファンの方に聞いてみたいくらいの異色作でした(笑)。
akane

akaneの感想・評価

2.5
クスッと笑う

学生時代の同級生への恨みで
このストーリーに発展する!?...

アンハサウェイもあの男も
どういう心境で寝たの...??
えり

えりの感想・評価

2.2
プラダを着た悪魔やマイインターンでキャリアウーマンを演じたアンハサウェイがダメ女を演じるということで気になり鑑賞。
アイディア自体は非常に斬新ですが、それをうまく使いこなせていない。最初から最後まで、なにこれ?な印象。とてもつまらなかった…
シンクロナイズドモンスター
11/3公開ですが 一足早くレビュー。

ニューヨークでライターとして働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)は、仕事をクビになり 酒に溺れ 恋人のティム(ダン・スティーヴンス)には愛想を尽かされ家を追い出されてしまう。
仕方なく故郷の田舎町へと戻った彼女は、小学生時代の同級生 オスカー(ジェイソン・サダイキス)と再会し彼が経営するバーで働くことになる。
時を同じくして韓国に現れた謎の大怪獣。
ソウルの街を震撼させる怪獣の動作に見覚えがあったグロリアは、ニュース映像を見て自分の動きと怪獣の動きがシンクロしていることに気が付くのだが…。
予期せぬ力を得て変化していくグロリアの姿を通し、誰もがその身に宿す悪意を 手にした力の揮い方を描いた作品だ。

アン・ハサウェイが怪獣とシンクロ?!
そのクレイジーな設定を初めて耳にした時、意味が分からなかった
「えっ?何?怪獣?シンクロ?は?」と混乱した
くすぶった女性の再生を描いていたかと思えば、突然怪獣が現れる
怪獣が現れたかと思えば、再び女性の再生を描き出す
「あれ?俺は今何を観ているんだ」と頭がこんがらがった
もちろん良い意味で。

アラサーで何も果たせぬまま故郷へ帰る
片足突っ込んでいる状態のため、その負い目にも近い感覚をぼくは知っている
あらゆることを投げ出して帰ってきたのだと思われたくない
結婚・転職・家庭事情などの真っ当な理由や言い訳が無ければ顔が立たない
地元の友人に会うことさえ気まずい
実際誰も自分のことなど気に留めちゃいないというのに、しょうもないプライドが邪魔をして人の目ばかり気にしてしまう
ド頭から彼女の弱さに寄り添えた。

職なし 金なし 家なし、酒あり 見栄あり 下心あり
俗に言う自堕落な生活を送るグロリア
それができるのは、支えてくれる誰かがいてくれるからなのだと思う
人によっては親かもしれない 恋人かもしれない 友人かもしれない
他者の優しさや金に甘んじていてこそ成り立つ生活
誰かがシワ寄せを喰らうことで 傷付くことで、その腐った生活が形成されている
抜け出せるものなら抜け出したい
でも、抜け出し方が分からない
分かっていても踏み出す勇気がない
いつかは やがていつかはと先延ばしにし、誰かのせいにして目を瞑る
誰かを傷付けていることにさえ鈍感になっていく

真に変われるキッカケがあるとすれば
老いた両親を目にした時かもしれない
自身の現状を激しく罵られた時かもしれない
全ての者に見限られ、どうしようもない自分自身に心底絶望した時かもしれない
彼女の場合は、自分が怪獣とシンクロしていることに気が付いた時であった。

無自覚に韓国の人々を殺していたと知り、彼女は罪悪感という名のキッカケを得る
無自覚の悪意をその身に宿していたことを把握し、行動を改めることを決意する
そう、人間には二種類いる
過ちに気が付いた時に悔い改められる者と、過ちに気が付きながらも悔い改めない者
誰もが皆その狭間を彷徨っている

チープな例になるが、タバコのポイ捨てに当てはめてみよう
悪いことだと認識しながらポイ捨てする奴が後を絶たない
もちろんポイ捨てしない人だっている
その人は間違いなく正義
だけど、目の前で誰かがポイ捨てをしていたら 道端にタバコが捨てられていたらどうだろう
注意できない 見て見ぬフリをする 自分が捨てたわけではないのだからわざわざ拾わない
そんな思考に最早正義など宿っていない
結局は悔い改めない連中と同じ側に属してしまう

些細なことで人の心は揺れ動く
自ら正義を手放し、道を踏み外してしまう
あの怪獣は誰の心にでも宿る正義と悪意の象徴
あなたやぼくの心にだって、怪獣は宿っている。

グロリアとオスカー
同郷の二人
それぞれの理由で身近に家族がいない二人
何も成せずくすぶっている二人
近しい境遇に在りながら異なる道を歩む二人
そんな二人の対比が 葛藤がドラマを生む

買ったばかりの服をスグ着たくなるのと同様、手にした力は揮わずにはいられない
仮にぼくが上映中にスマホを弄ったりおしゃべりするバカ共をこっそり一掃できる力を得たとしよう
ぼくは怒りに任せて間違いなく使うはず
後になって人を殺めたことを後悔するのは必至だが、一回目は躊躇無く使うと思う
手にした力を試さずにはいられない

自らに問う
無自覚の悪意をその身に宿してはいないだろうか
自覚しながらも放置し続けてはいないだろうか
自覚した悪意をどうするのか
手にした力をどう扱うのか
何のために 誰のために使うのか
全ては自分の心次第
ピグモンになるか ゼットンになるか、自分の選択次第

ラスト
冒頭のダメ女はもういない
そこには自立した一人の女性が立っていた。

トリッキーなブッ飛び設定に目を取られがちですが、まさかの怪獣を通して人の心の弱さ・強さを感じさせてくれる上質なB級映画です

ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★★
エロ★★
サスペンス★★★
ファンタジー★★★
総合評価:B