シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

失業した"グロリア"は恋人にも捨てられ実家の田舎町へ戻る。
そこで幼馴染の"オスカー"と再開。

オスカーとその友人たちとバーでお酒を飲み近所の公園で夜を明かす__。

翌朝、韓国ソウルにモンスターが現れた事をニュースで知る。

その晩も酒を飲み夜を明かすグロリア。
またソウルにモンスターが現れる。

しかもモンスターは変な動きをみせる。
それはグロリアとクセとそっくりだった…。

そう!グロリアとモンスターはシンクロしていたのであった
・・・的な作品。

あんまり期待しないで観たぶん、割かした楽しめた。
ギャグ的な部分も意外と中身のある展開も良かった。
後半からのほうが個人的には好きだった。
奇抜で魅力的な作品。アン・ハサウェイが自らプロデュースしたがったのも納得。

予想の斜め上を行った展開は好みが分かれそうだけど、斜め上を行ってくれたこと自体が嬉しい。「内なる怪物」という言葉が昔からあるように、奇抜だけど理にかなっている。

最後の最後、アン・ハサウェイの一瞬の表情がとてもいい。スケールはデカイけどあくまで等身大映画、というスタンスが伝わってきた。
muepon

mueponの感想・評価

3.1
プラダを着た悪魔のアン・ハサウェイ主演。酒に溺れるダメウーマン、グロリアが主人公の『シンクロナイズドモンスター』は怪獣映画と呼ぶにはあまりにも異色過ぎる作品である。

邦題にモンスターというタイトルが入っているものの原題は『Colossal』(巨大な)。とはいえ、描かれる世界は意外と狭い。小さなコミュニティーに属する者の権力やコンプレックスなど、登場する人物は誰もが何かしらの問題を抱えており、自らが世界に影響を与える力を持ってしまった時にどのような心理になり、どのような行動を取ってしまうかが描かれる。自己愛と承認要求というのはいかにも現代的ですが、「あなた、自分のことが嫌いなのね」という言葉はこの作品のテーマを象徴しているように感じられました。

怪獣がメインではないため、ゴジラシリーズやパシフィック・リムのような作品をイメージしていると少々肩透かしを食らいます。予告やポスターからややコメディーチックな話の流れになるのではと予想していましたが、実際は登場人物の内面に向かい、スリラーというよりはホラーに近い。結末がやや投げやりではありましたが作品のプロットはしっかりしているので納得感はありました。

ゴジラというよりはウルトラマンの怪獣をイメージしたような造形、コミカルな動き、韓国を舞台としたロケーションは日本の特撮映画やアニメにかなり影響を受けたと思われ、作品中に鏤められたネタを探すのもまた見所の一つです。

http://synchronized-monster.com/
chip

chipの感想・評価

3.5
アンハサウェイがダメダメ女を演じますが、それでもモテますね~
NYで同棲していた恋人がダン・スティーブ。超ステキです。
彼女が突然現れたモンスターとシンクロ??このモンスターの動きがなかなかキュートでした。
途中からロボットも出現。これは彼女の幼なじみオスカーとシンクロ??

結構楽しかったです。
オスカー、好きな子にいじわる、あの心境だったのでしょうか?
これも相当に良作だったなと思う。
人間の内面はそうパックリ鮮明に対称的であったりしないはずだが、これまでの人生の経緯・その人の現況などによって、実際の行動は真反対となり、自分と世界中の多くの他人は何らかのかたちで繋がり関係しあっているのだという考えの者と、よその国でどういった悲惨な事態が起ころうと自分自身には無関係なのだとする者にわかれ、それぞれのポリシーにそった行動を行なったのである。
namuge

namugeの感想・評価

-
アンハサウェイが怪獣とシンクロして悪いロボットを倒す話。こんな馬鹿みたいな設定からは想像できないくらいに暗くて重くて救いがない。オスカーのクソ男っぷり、場を支配する田舎の小さいコミュニティにおける権力者っぷりはサイコー
Shiren

Shirenの感想・評価

3.0
・主演のアン・ハサウェイがなぜか製作総指揮にも関わっているSF映画。映画ポスターの印象から勝手におバカコメディかと思っていたら、途中からのスリラー展開に結構驚かされる。
・発想自体は面白いのだけれど、なんかところどころで話のテンポが悪く設定自体も無理を感じる。どうせなら思い切りスリラー方向に偏った方が良かったかもしれない。なんだか非常に惜しいB級映画。
・なんで怪獣の出現ポイントが韓国なのかと思ったら、版権を持っている東宝とのいざこざが原因でこうなったらしい。ああ確かにアレを出してたらもっと面白かっただろうなと思うけど無理が過ぎる(笑)。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.7
2018.011-004-007
2018.1.3 塚口サンサン Scr.3

・やさぐれたアン。ヨーロッパ映画の薫り
・怪獣ってのは
・自分探しの物語
・蹴飛ばしちまえ♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
(^_-)

意外と深く難しい映画だったのかも。
だけど楽しむのが吉♪(* ̄∇ ̄)ノ♪
お正月だしね!( ̄▽ ̄)b!(笑)

まぁ、アン・ハサウェイを観に行きました(^_^)

俺、プラダを着た悪魔を観てないんで、アン・ハサウェイと言ったら、先ずはアリスの白の女王なんスよ。(^_^)

あと、
「ラブ&ドラッグ」
「レ・ミゼラブル」
かな?
他にも観てますけどね(^_^)

さて本作。

やさぐれたアンも魅力的でした。(^_^)
隠せない美貌(笑)

そして、アメリカ映画なんだけど、薫るヨーロッパ映画の薫り。
個人的に好ましかったです(^_^)
やっぱ監督の影響?

グロリア(アン)は・・・

色んな意味で自分自身をキチンと把握していなかった。
自分の女性的魅力に対する無防備さだとか。

自分が怪獣とシンクロしてると分かった直後の行動が笑えた。(^_^)
いやぁ、単なる酔っ払いだねf(^_^;

てか、ジャーナリストならリアクション違うだろ!?(笑)

ただ、事件を通して次第に冷静になっていくグロリア。
そして自分を取り戻し始める。

そうすると、周りの人間が如何に自分のことを分かっていなかったか、どんな風に見ていたのかも、見え始める。

「みんな各々が好きなイメージを私に投影して、その幻影を愛していたに過ぎないんだ・・・」

怪獣は、心の負の部分の投影だったんだろうな。
みんなの負の感情、悪意を受け止めてしまって、それを増幅してしまっていたのか・・・

怪獣は自分自身、自らの負の部分。
そして、幼馴染のオスカーの負の部分。

グロリアは逃げずに立ち向かうことを決心する。
自分でカタをつけなくちゃいけない。(^_^)

グロリアは自分自身から逃げずに対峙することで、自分自身を取り戻した。

そんな自分探しの物語だったのかな。
結局のところ(^_^)

そして多分。
集まる悪意、ってのは多分つまり、アンへのバッシングが意識されていて・・・

そんなの蹴っ飛ばしてやれ!って。
そういうことだろ?(^_-)

自分自身をしっかりと持っていれば
大丈夫だって。

追記。
・田舎住まいのアメリカ人て、ああいう感覚なのかしらん?
そんな風なことも楽しみながら鑑賞しました(^_^)
酒にだらしない女性の話と怪獣が、こんな形でシンクロするとは思わなかった。
おまけにロボットが出て来て、「パシフィック・リム」か?と思ったら、よくこんな奇想天外な話を考えついたなあと思いました。
観る前と観た後に、色々考えさせられます。
お酒の失敗は過去にしましたが、大抵寝てしまう位ですが、このような映画のような事は起こしたく無いですね😊
映画館のスクリーンで観れて良かった。
はるか

はるかの感想・評価

3.0
コメディかと思って観る→アル中のお話かな?→まさかのサイコパス!