シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

もっとサッパリとしたコメディかと思ったら割と重かった
でも最後の熱い展開はよかった!
最初は騙されたと思ったけど、最後まで観るとヤバいくらいおもろい映画でした。

グロリアは田舎を飛び出しニューヨークでWEBライターとして活動していたが、執筆した記事が炎上してクビになり、いつまでたっても無職な上に酔っ払ってはトラブルを起こしまくり、しまいに同棲していた彼氏のティムに愛想を尽かされて追い出されてしまう。
仕方なく故郷に帰ってきたグロリアは幼馴染のオスカーが経営するバーでウェイターとして働くことになる。そんな中テレビ画面に現れた巨大怪獣に驚くが、その怪獣の動きに見覚えのあるグロリアは朝の公園で妙な検証を始める。

「私が酔ってバカをやったから犠牲者が出た。」

アメリカの閑散とした小さな町、そこで久しぶりに再会する幼馴染は、かたや田舎を飛び出し都会で羽根を伸ばして堕落したあげく酒に溺れたダメ女。
かたや田舎で親の残した古びたバーで些細な暮らしをおくる堅実な男。

「何もできないのよね。」
「できないね。」
「できるわ。」

二人の相対する関係性と、シンクロするモンスターというブッとんだ内容と、はたまたモンスターが出現するのはグロリアたちにとってはテレビ画面の向こうの世界という…。

「自分のちっぽけな世界が大嫌いなのね。」

酔って記憶のブッとんだ人がやっちゃった系の失敗をテレビ画面の向こうで巨大怪獣が暴れている姿に投影して、なんともありがちなダメ女の更生ヒューマンドラマ要素と大怪獣のSFスペクタクル要素をアメリカの片田舎と韓国の大都会という真逆の場所から世界観をつくるこの監督おもしろい。

「今はさらにメチャクチャよ。」

まぁ、映画を観ているとわかるけど、この監督さん日本好きだろうね。

「すごい話を教えてあげる。」

グロリアのあの表情で終わるラストも好きです_(┐「ε:)_
泰

泰の感想・評価

3.4
パッケージを見ただけではコメディー強めな映画に見えるけど、結構シリアスな話。

仕事と恋愛に失敗した飲んだくれアン・ハサウェーが地元に帰って、酒飲みサイコと体目当てイケメンと元ヤクチュウと困ったことになるストーリー+ソウルの怪獣シンクロ。

怪獣とシンクロ出来なくても1つの映画が作れそうやった。



友達と鑑賞。面白かったけどアン・ハサウェーが出てなくて怪獣映画好きの友達と一緒やなかったら鑑賞せんかもしれん。
つまらない訳ではないが怪獣とシンクロする笑える映画だと思ったのに、ある意味怖い、スリラー笑

酒癖悪い人って見てるだけでも気分が悪くなるね、
んーまぁまぁ印象やったなぁ(´ω`)
アン・ハサウェイ出てて怪獣ものって思ってたけど、パッケージからの期待は上げすぎに注意(>_<)

見ててイライラもしてくるこの映画!
お酒飲みながらがちょうど良いw
馬鹿げたジャケットからは想像もできないが意外とシリアスなお話。
簡潔に言うとアル中女がアルコールやダメ男からの呪縛を断ち切る人間ドラマで、途中からサイコスリラーな展開にもなり「これ、一応怪獣映画だよね?」と再確認してしまうほど巨大怪獣の見せ場が無い。
巨大怪獣が大暴れしてソウルの街をドッカンドッカン破壊!というようなスペクタクル描写はほぼ皆無なので、そこらへんを期待すると盛大にズッコケる。
また巨大怪獣がソウルに現れるというのも腑に落ちない。巨大怪獣に巨大ロボットといったら日本以外考えられないし、葛飾北斎しかり劇中随所に日本を意識したシーンがあるのは明らか。別に韓国がダメなわけではないが、この映画に関しては舞台が日本であるべきだったと思うし監督もそれを想定していたはず。(そこら辺は東宝といざこざがあったようなので大人の事情という感じだろうか)

またこの映画を主演のアンハサウェイ自らプロデュースしているというのも興味深い。「アルコールに溺れダメ男に依存するダメ女」というキャラが自虐のようでもあるし、ネットの誹謗中傷なんかクソ喰らえ!と悲痛な叫びが聞こえてくるようで、アンハサウェイも相当参っているのかなあと邪推してしまった。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.6
無職で酒飲みで恋人に家を追い出されたヒロインが地元に戻ったら、突然ソウルに現れた怪獣と自分の動きがシンクロしちゃう話。明るい前半も楽しいけど、話のもつれる終盤が面白かったかな。最後結構かっこよかった。
サダイキスさん目当てだったんだけど、やさぐれハサウェイもなかなか楽しかった。
おりこ

おりこの感想・評価

3.2
思てたのと違ーう!!コメディだと思ってたのに、なんでオスカーをサイコパス化したの…。シンクロ怪物なんて良い設定をどうして。最後の最後は面白かったけどさあ…。
出だしは良かったけど、話を引っかき回すキャラが不快感だけ目立って失速した感じが…。もう一人、イマイチ出てきた意味の分からないキャラとか…。しかし、アンハサ、こんな作品もやるんだなーと思ったり。
Shuri

Shuriの感想・評価

3.0
オスカーがサイコパスすぎて怖い。設定がコメディなのに、コメディじゃない。