シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

わろた、クソB級映画でしたわ
気楽に観れます

アンハサウェイの可愛さに惚れて視聴、内容は何か子供の頃の夢がそのまま大人になって現実になった感じ

何故かアメリカの公園の砂場と韓国の首都が繋がっていて、主人公が砂場に立つと巨大な怪獣が韓国に現れて大騒動になるんだけど、実は怪獣が良い奴だったって言う

失敗続きのダメ女と小さい町に住む幼馴染の男、よく高学歴のエリートコースの人間には小さな商店の人の気持ちが分からないというけれど、幸せの形や世界の見え方、価値観が違うとしか言いようが無い

そうあって欲しいと思うのはこっちの勝手なんだろうけど

憂さ晴らしに他人に迷惑をかけるのはちょっと、そして何故韓国なのか、同じ緯度とはいえ韓国人からするとどうなんでしょうね

このレビューはネタバレを含みます


記念すべきレビュー 200作目はこれ!

アン・ハサウェイこんな役もこなすんだ〜(´∀`)って思ってたら、今作プロデューサーも兼任し、本人曰く「最も自分らしい役」って言ってるし! リストラされて、フラれて、呑んだくれて公園で寝落ちする役が⁉︎ 今までの作品の、洗練されて、一生懸命で、セレブな彼女が⁉︎

こんな、ハサウェイ(-_-)


いい! 愛らしい!(´∀`)

今まで、ちょっとお高い感じだった彼女の印象が身近にいる呑んだくれみたいに思えて好きになりました!笑笑(´∀`)

怪獣とシンクロしてることが分かった後の、仲間に見せるシンクロポーズや踊りがかわいいのなんの(๑˃̵ᴗ˂̵) でも、ちょっと太ったかな(^_^;)もしかして呑んだくれの役作りのために⁉︎ なんだかんだでハサウェイももう35歳だもんね〜 見えないけど(´∀`)

が!今作 中盤からコメディ要素消えてちょっと悲しいサイコな物語へと変わっていきます!登場人物達の中途半端な設定もある意味現実的に感じましたね、ハサウェイも殴られてボクサーみたいな顔になるし幼馴染はどんどんサイコ化していくし、ポスターの楽しい感じで終われる映画じゃなかったですね〜 個人的にはラストは投げるんじゃなく食べちゃった方が良かった様な気がします(^_^;)

フィルマの皆様には今ひとつ不評な今作
ですが、私的には現実とシンクロする感じがして良かったです、怪獣とシンクロするあの発想やハサウェイを起用したとこも面白かったですね〜(´∀`)







nk

nkの感想・評価

3.0
怪獣とシンクロするというこの作品のメインと呼べるべきものに重要性はあまり感じられなかった。
なぜ怪獣とシンクロするのかではなくシンクロしたあとの人間ドラマ。
嫉妬だらけの映画だった。
この映画に関して言えることはアン・ハサウェイがとてつもなく可愛いのとダン・スティーヴンスがとてつもなくかっこいいこと。
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

3.8
今年は「女性が『女性という性』の殻を剥がして語る映画」(ELLE、アトミックブロンド、ドリーム、ワンダーウーマンetc)が増えたけど、それに勝るとも劣らない、「他人はあーだこーだ言うけど自分の事は自分が一番知ってるんだよ!」作だった。

アン・ハサウェイが直接製作に関わり、パンフレットにもあるように、この映画はアン・ハサウェイ個人の思いが強い。
「どうしようもない世の中、もしも自分が巨大な力を手にして、それが引き起こす痛みを感じることなく注目を集められるならどうする?」というテーマはインターネット上で他人を中傷する人の心理に通ずる。

モンスターに対する人々の視点、特にアメリカにいながら韓国の惨状を見る人々の顔を想像に頼らせているのは、「人が死んでるけどお前はどんな顔をして見てるんだ?」と言われているようで、(良くも悪くも)居心地の悪さを感じさせられた。

モンスターにもう少し活躍の場を与えて欲しかったなあとも思ったけど、この映画はそういうもんじゃないなと感じたのでまあいいかなと。
末次

末次の感想・評価

3.5
邦題とメインヴィジュアルポスターの方がダメ。

男性陣が揃いも揃って所謂ダメンズ。
オスカーの闇が深い。

新宿バルト9
シアター7 F-5 ◯
矢野

矢野の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ムビチケいただいてしまったので見に行ってきました。
とりあえずイイ話風に終わらせてるけどオスカー別に悪くなくない!?ってのとお前(監督)に友達がいないのはよく分かったよ!!!ってのは言わせてくれ。

開始10分ぐらいでこれ金払って見に来てたらブチ切れてんな〜〜ぐらいのモードに切り替わってたんですけど、
怪獣パートになった途端撮り方がもう全然違って怪獣映画撮りたかったんじゃねーかテメエ!惰性でラブストーリーを作んな!って感じでした。
惰性って言うか、大学ぐらいの歳頃によくいたサークラ系クソ女がサークラ系クソ女に引っかかる男を食い物にしてる感じで監督…引っかかったんだね…という印象。
引っかかり筆頭オスカーはめちゃくちゃ掘り下げられてるのにクソ女ことグロリアはいつものアンハサウェイな辺り、
他人に対する共感脳と理解がないまま忘れられないクソ女への憎しみだけを温めてる感じがあってサイコーにヤバいぞ!お前(監督)友達いないだろ!

ヒモ男は引っ掛けられる女を見極められるっていうけど本当その感じで引っ掛けられて尚且つ食えるレベルの顔面の男にモーションかけまくるアンハサウェイにイラついてきた頃に挟まれるkaijuパート!上がる悲鳴!燃える街!yeah!とかいうなんかエグいほど力技を感じる作品でした。

で、こっからストライクゾーンの話。
死ぬ事以外に救いのないタイプの男が死ぬほど刺さるのでオスカーも案の定刺さったんですが、
いやでもオスカー別に悪くなくない?????殺されるほどの事してないでしょ????
確かに彼は既にブッ壊れてたし愛のためじゃなくて仲間欲しさに人の足を引っ張ったし大勢殺したけど、
結局そのスイッチ入れたのはニューヨークでネットを使って活躍している(ように見えた)アンハサウェイだったからなあ…。
ブッ壊れていたしつまらない田舎町に辟易もしてたとは思うけど劣等感のスイッチを押したのはアンハサウェイの登場であり行動だと思うので、
大いなる力には大いなる責任が伴う由来の自業自得で片付けるにはさすがにちょっと可哀想だと思う…なんかもうちょっと…道はなかったんか…。

ああなってしまった以上警察とかが介入できる話でもなし、見張り続けられもしないしそうするしかなかった感はまあ分かるんだけど、
例えばオスカーのそばに優しく寄り添ってくれる人がいたり、彼が彼の人生を満足のいくものとして受け入れられていれば、あんな事にはならなかったんだよなぁと思うと非常にせつないね。

面白かったし刺さるものはあったけど人に勧められるかっていうとすげー難しいので評価は一旦保留です。
なんだか こう
ひっそり端っこで煌めく良作
って感じ


「ブレード・ランナー2049」
「GODZILLA 怪獣惑星」
「マイティ・ソー バトルロイヤル」
と、ビッグタイトル、ビッグバジェット(ゴジラはわからんけど)なSF映画が列をなしてる中
教室の隅でポツンと佇む本作は、実は良いやつで、なんとも愛おしく、キュートでした。


アン・ハサウェイのダメ女っぷりがたまらないですね〜
最初にフラついて出てきた途端
「あ〜ダメだこいつ 可愛い!」ってなりますよ。

そんでもってカントリー的空気のあのバーがまた最高ですね。
あぁいうバーのセットとか組んで映画撮りたいよ〜

すごくコジンマリしたドタバタコメディと、「パシフィック・リム」的な大都会怪獣アクションとのギャップにケラケラ笑ってると、悪役のダークさに けっこうゾワゾワさせられました。


基本笑えて、楽しいコメディなんだけど、クライマックスはアン・ハサウェイの出で立ちに、鳥肌総立ちで大興奮!

とっても楽しい映画でしたよ!
オススメです!


地味に設定とか理屈が飲み込みづらいのがノイズっちゃノイズですけど

みんなお酒との付き合い方は気をつけよう
シンクロナイズドモンスター

怪獣映画の皮をまとった、苦しいトランプ・SNS時代に活きる女性応援映画

全然、想像してた映画とは違いました。
誰だよ、あんなフザけたタイトルとポスター作ったのは。(こうでもしないと人が呼べないと、観客が舐められてる状況も、実際問題、興行が奮わない現状も悲しい)

怪獣要素を除いて考えると、時代遅れの男性優位社会に生き残るクソ野郎どもを、ダメ女(日本だと干物女?)が吹っ飛ばす映画ですよ。

でも「ダメ女」になる理由がある訳で。

恋人は高級マンションに住むエリート。自分は夢を抱いて田舎町からニューヨークへ上京(上NY?)してライターとしてそこそこの成功を収めていたものの、とある炎上(ヘイターからの批判)を機に失業。

そのショックから、同棲する恋人の家に、悪友を連れ込み、酔い潰れる毎日。

ついに、恋人にまで愛想を尽かされ、逃げるように地元の田舎町に戻り、家族の居ない実家で空気の抜けたマットレスの上に寝転がる日々。

そんなある日、道端で出会ったとある小学校の同級生。
親切にも仕事や家具まで提供してくれる彼の隠れた意図とは…

この物語に、自分と全く同じ行動をする怪獣を登場させるという1アイデアが、圧倒的にエンタテイメント性を増してます。

作品全体としてポスターで見るようなB級コメディ色は無く、むしろ、シリアスな作品なんですよ。結構、深刻でリアルな問題が描かれてる。怪獣バトルシーンもハリボテでふざけた感じじゃなくて、比較的、ちゃんと作り込んでる。

これは偏にプロデューサーたるアン・ハサウェイの主張ありきの作品だからでしょう。

パンフレットの町山解説いわく、彼女自身、『レミゼラブル』で名実ともに人気を決定的なものにしたものの、その分、アンチが増えたと。

彼女に嫉妬するあまりに、見た目から何からあらゆることにケチをつける輩がリアルにもネット上にも溢れたそうで。

そんな自分自身を主人公に投影させたのが、この作品であると。

いきなりモンスターになるというのも、怪物映画としては珍しいケースではなく。今回のモンスターは、彼女自身が内に秘めた鬱憤が具現化したもの。(それがなんでソウルに降り立ったかってのは観てからのお楽しみ)

ネット上のアンチに嫌気が差し、上から目線の彼氏に引け目を感じ、更にはあんな野郎まで表れて…と、そりゃ、怪獣も出したくなるわなと。

そこからのラストの展開は、何ともスッキリすると言うか。前半2/3は自信を喪失し、意志薄弱だった彼女が、誰にも頼らず自分自身で決めて取った行動だからこそ、カタルシスがありました。

ただ、僕、あのクソ野郎みたいな行動とっちゃったことあるんですよね。
好き過ぎるあまりに色々なものをプレゼントしてしまった経験が。

好意が、いつの間にか支配欲に変わる恐ろしさ。
その支配欲が自らの小ささ、境遇への不満によるものだと、アンにズバッと言われた時は僕までグサッと来てしまいました。

無意識のマウントが一番、厄介。

今を生きる女性にこそ観て欲しい映画です。
Yoko

Yokoの感想・評価

3.8
予想外に良くてびっくりした。

造形がちゃちいかと最初思ったけど、それにもちゃんと意味がありました。

ああいう男いるいるいる!!

ボロボロの彼女だけど、きっと今後はやり直せそうだなって爽やかな気持ちになりました。
cobisco

cobiscoの感想・評価

2.5
【全力コメディ!かと思いきやまさかの全力人間成長ドラマ!】
#シンクロナイズドモンスター #Colossal
仕事をリストラされ、酒に溺れ、同棲している彼に家を追い出され、故郷に帰るグロリアというアラサー女性。故郷に帰ると、突然韓国に怪獣が現れ、その怪獣の動きがなぜか彼女の動きとシンクロしている…

というめちゃくちゃな設定の映画。でも主演はまさかのアンハサウェイという。笑

怪獣を取り扱うということで、日本がロケ地になるはずだったんだけど、怪獣映画といえば東○さんに協力を仰ごうとしたところ、見事に訴えられ笑、急遽韓国ロケに変更したりと撮影中もトラブルたくさんだった映画としても知られてます笑

「ふざけた予告編だな…アンハサウェイ振り切ったな…」

といった予告編をネットで見たので、「アンハサウェイのコメディも面白そー」ということで観に行ったのですが、


全然コメディじゃねえええ!!


っていうのが1番大きな感想。笑
まさかの人間成長ドラマでした。

たぶん映画としては完全にB級映画なのですが笑、アンハサウェイが売れるまでの苦労(ハサヘイティングとディスられていた時期があって、業界からも映画好きの人たちからも彼女すごい妬まれていたのです。サラブレッドだし、かわいすぎるし、という理由で)が予備知識としてあると、納得できる映画。

わたしと同世代、特にアラサーの方はいろいろ感じるものがあると思います。社会で生きていく上では、「明るく振る舞わなきゃ…」だけど、疲れたりしてると、たまーに出てくる悲観的な闇属性みたいなところとか。そんな感情が怪獣となって現れたら怖いな…みたいな。この映画だと、「飲酒問題」と「失敗の言い訳」と「人に対する妬み」が闇属性になるかなと笑

なので、途中からいきなりホラーとスリラー要素入ってきます笑
堕ちるに堕ちていきます笑
「気楽に見れる映画だろうなぁ」と思ってたら途中からいきなり考察が必要な映画に変身します笑

シンクロする怪獣とともに彼女が抱える悲観的な闇属性に打ち克つ、というところはスカッとします。

低予算映画だから制作側が工夫を凝らしたアイディアが光っているところは個人的に○でした。怪獣が韓国の街中で暴れるシーンはCGでやると金がかかるから一瞬だけ見せて、シンクロしているアンハサウェイが1人で踊っているシーンに切り替え(ただの変な人に見える)、音声だけが韓国から聞こえてくる悲鳴の嵐だったりとか。シュールさと絡み合ってなんとも言えない感情になります笑

がしかし何と言ってもアンハサウェイが素晴らしいです。プラダを着た悪魔、マイインターンからの印象とは打って変わって、ダメウーマンを演じ切ってるところは「名女優ってホントなんだな…」って思わされます笑

賛否両論の映画(でもたぶん否の方が多い笑)かついろんな意味で裏切ってくる映画なので笑、そーゆーのが好きな方にはオススメ。