シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

前情報一切なしで見たので、ダメなアン・ハサウェイが何故か怪獣とシンクロして「ちょっと!見た目怖いからって突然攻撃してこないでよ!痛い!もう!!・・・あっ!振り払ったらビル破壊しちゃった!ちょっと!!中の人大丈夫なのっ??」みたいな映画なのかなと思っていたら、全然違った。

見終わって興奮してる状態だから星も1.5だけど、一周回ったら深い映画なのかもしれないけれど、ラストのアン・ハサウェイが韓国のバーの店員にあっさりと秘密を暴露してまたやっかいな事をしでかしそうなオチだったから、ややマイナス。
ダメウーマンの純粋な成長物語ではなさそうで、さくっと数百人を(わざとではないにせよ)殺したという罪悪感はどこへ吹き飛んだんだよというやきもきが残った。

ってか、朝子供たちが通学してる近くの公園で店を花火で放火した酔っ払いの男が変な行動してると通報したら一発アウトな気がしなくもない。
現にグロリアは顔にアザが残るくらい殴られてるわけだし。

登場人物全員クズ。
主人公→アル中、本気で好きなわけでもないモブAと軽々しくセックス。なんなの?お前。
ヒゲ→「俺が悪かった、お詫びとして家具をプレゼントするよ」と言った尻から(直接言ったわけではないが)「お前は俺に従え。じゃないとソウルが大変な事になるぞ」と脅すバカ。田舎に縛られて鬱憤が溜まってゆがんだせいかと思ったら子供の頃からクズだった。
モブA→突然キスしようとするわ、全てを知ってるのに何もしようともせずにヒゲの言いなりの腰抜け。
モブB→ところでお前、本当にヤクやってなかったのか?
まぁどうでもいいわ。
元カレ→彼女が頭のおかしい男に弱みを握られてそうだと感づいたはずなのに、なにもせずの役立たず。

まぁ、こういうのもアリだとは思うし子供のころの工作が壊されたからってなぜ怪獣が生み出されるとかそういう細かいことはどうでもよいけれど、オスカー(ヒゲ)の人格破綻っぷりがムカムカして投げ飛ばすだけじゃスカっとできなかった。
首をポキっとやれよ、エ○ァンゲリオンっぽく。
GNT

GNTの感想・評価

3.5
ちょっと想像と違ったけど、、、
もっと怪獣コメディみたいな楽しい感じかと思っとったのに!

途中からなんか怖かった。
優しさと妬み。

アン・ハサウェイさんのダメウーマン加減が素敵でした。

お酒はほどほどにしましょうね。
自分に自信を持ちましょうね。
●'17 12/30〜1/12単館公開
(首都圏等: '17 11/3〜公開)
配給: アルバトロス・フィルム
ワイド(シネスコ)
音声仕様表示無し
1/8 18:40〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ未購入
※中盤、寝落ち。
月山

月山の感想・評価

2.0
予告編につられてコメディ要素の強い映画かと思って観ました。内容は意外や意外に人間の内面の劣等感を取り扱う葛藤映画で、まさかすぎてふきました。笑 全編とくに盛り上がる要素もなく、これどうやって終わらすのかなーと思ってたら、展開も脚本もぶん投げた!?って思うぐらいでした。節々に日本の特撮要素があるので、そういった面を想像しながら観ると楽しめるかも。って感じです。
あらすじ聞いた時から気になってたので映画館で観れて良かった。結構好き
全体の評価として低調な印象ですが、個人的にはとても楽しめた!

アンハサウェイの魅力でシュールな設定を誤魔化してる感はあるけど、こういう頭使って見れる作品好きです!

これもまたコンプレックスの物語。
地方と都市とかそういうの含めて。

あとは非常に政治的なメッセージが込められていると思った。
世界情勢や歴史的時代背景をもっと理解してたら、この映画の深部まで辿り着けたのかなぁ?と思う。
己の無知を恥じます。

ただ、ジェイソンサダイキス、完全に北朝鮮のメタファーよね?
違うんかなぁ。。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.3
年末の30日に封切りとなり、年が明けてやっと観れました。

原題は“Colossal(巨大な)” 、このタイトルはある種のネタバレ。

酒浸りのグロリアは同居する彼氏から追い出されて、故郷に帰る。同級生の経営するバーで働くことになるが、ある日ソウルを襲うモンスターと自分の動作が同期していることに気づいた。

アン・ハサウェイが演じるダメ主人公が愛らしいです。
昼間っからグダグダしているグロリアが、モンスターの出現とともに自分を見つめ直して行く過程が上手く描かれていました。

なぜソウルが攻撃の対象なのか?なぜいつも同時刻なのか?
中盤まで明かされないので、単なる飲酒依存への警告なのか?
嫉妬深い男の未練がましさを見せたいだけなのかと思いましたが、グロリアの成長が物語の要だったようです。

あのモンスターの造形は、円谷プロのウルトラマンに出る貧弱版の「ゴモラ」に思えました。

最後に、グロリアは大胆な行動に出ます。
後で気がつきましたが、直前に彼女の家の壁に掛かってあった地図がひっくり返っていた(私にはそう見えたのですが)のが、その暗示だったのでしょう。そして最後に”colossal”です。

ラジオで聞いたのですが、この監督は松本人志監督の「大日本人」に着想を得たそうです。
決して笑ってはいけません!
竹犬

竹犬の感想・評価

3.3
酒のみで失敗し仕事もなく彼にも捨てられダメダメ女の子アンハサウェイが何故か韓国に現れた巨大モンスターとシンクロしてしまい… というストーリー

馬鹿馬鹿しいコメディタッチの映画を想像してたら全然違って、んー?どっちかというとサイコサスペンス的な感じかな?

自己愛と承認欲求が行き過ぎてああなってしまって…
大量の家具とそれを黙って設置する行動とあの状況で黙って従う行動にマトモそうに見えるあの人の怖さを感じた。
dita

ditaの感想・評価

3.5
@塚口サンサン劇場 
アンハサウェイ好きじゃないけどB級臭の噂を聞きつけて観たわけですが、アンさんはダメ(やけど可愛さ隠し切れない)ウーマンで、男どもは皆クズでやっぱりアンさん上げの映画やんけと思いつつ、結果とても面白くてびっくりアンさんごめんよ。

誰にでもある承認欲求や支配欲を怪獣という姿に変えて表現したのはいいなぁと思ったし、これは自己否定が強い人や「こんなはずじゃなかった」と思いながら生きている人には結構刺さるんじゃないかと←わたしのこと。なかなかの掘り出し物やったな。
ARROW

ARROWの感想・評価

-
物語の発想、キャスティング、主演陣の演技、登場人物の内面を部屋で表す描写が素晴らしいと思った。
ただ潜在的に世の中に多く存在してるであろうオスカーに対しても救いを見せて欲しかった。