シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

こじ

こじの感想・評価

2.5
アイデアがいいので、

笑えるし

前半がすごく面白かった。

日本の特撮に寄せてるのが

またよりくすぐられ

笑えた。

ラストもそれなりによかった。

だけど、

中盤からの失速がすごかった。。

アイデアとオチが先に決まってて作ったのかなと思ったぐらい

中盤の30分間

何もなかった。

久しぶりにひどいのを見た気がしました。。(笑)
はせ

はせの感想・評価

3.0
『最前線の映画を読む』シリーズ。

ダメ女のグロリア(アン・ハサウェイ)は、余りにもダメすぎて彼氏に家を追い出され、地元に帰ってくる。求職中にもかかわらず、同級生オスカー(ジェイソン・サダイキス)たちと飲んだくれる毎日を送る。ある日、彼女がある特定の時間帯に公園に立ち入ると、なぜか韓国・ソウルに巨大怪獣が現れ、その動作がグロリアの動作とシンクロしている、という異常事態が発生する。自分の動作が地球の裏側で甚大な被害をもたらしてしまっている。ショックを受けたグロリアは、オスカーたちにその事実を打ち明けるが…

ちょっと何言ってるのかわかんないあらすじですね笑

評価できる点は…アン・ハサウェイがひたすら可愛い・オスカー女優なのに出オチ映画で製作総指揮・散りばめられたゴジラ愛溢れるオマージュ・SFコメディかと思いきや…な予告でジャンル詐欺的な展開(これはいい意味で)・ある登場人物のサイコっぷりなどなど…。
グロリアはなんであんなに広い家に住んでたのか?なぜグロリアの両親は地元にいないのか?オスカーの店の裏側が意味するものは?など、明確に語られないので考察する余地がある。オスカー=アン・ハサウェイにとっての主演女優賞受賞という事実のメタファーではないか、なんて考察もあるらしい。

ただ、このシナリオの根幹たる「なぜ異常事態が起こったのか?」という部分の説明がフワッとしすぎて決定的に説得力が足りないので、この映画の面白い部分がパーになってしまって…なんか惜しい!ナチョ・ビガロンド&アン・ハサウェイコンビで是非ともリベンジして欲しい。
将太朗

将太朗の感想・評価

3.6
アンハサウェイが美しい。
怪獣ものでB級かと思ったが、
ストーリーがちゃんと構成されてて
最後も最高だった。
buenavista

buenavistaの感想・評価

2.8
ストーリーが進むにつれて、悲しくなりました❗

この中途半端な感じ
コメディかと思いきや、
アンさん同様終始シリアスな展開
出てくる野郎もクズと何とも言えない半端クソ野郎ばかり❗
アンさんも可愛さ除いて、冷静に見れば結構ダメウーマン(*´▽`*)
ラストは何となく終わったけど、
やっぱり?な作品でした☺

アンさんの無駄使い(lll´Д`)
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
なんでバカ映画っぽくしねえんだろうって思いながら観てました。あれって思いつつ。いやまあ「公園を歩くだけでサスペンスを作る」っていうんならまあまだ。映画としてジャンル横断みたいなとこもあるかもだけど、明らかにコレ観る人ジャンル映画観たくて観る人だよ感はある。

アン・ハサウェイの衣装がいちいちかわいい。無職には見えないけど。
なんか思ってたんと違ーーう!って感じの映画だった。
予告だともっとポップなコメディぽかったのに、意味なくシリアス…。

なにしろ、キャラクターたちの言動も感情の動きも、ストーリーの流れも「???」すぎてよく分からん。

監督の頭の中には何か裏づけるエピソードがあるのかもしれないし、撮影したのにカットしたシーンとかがあるのかもしれないが、なんの説明もなく唐突な展開が多すぎる。

アンハサウェイが出てなかったら間違いなく日本で公開されるようなことはなかっただろう、残念ムービー。
ハリー

ハリーの感想・評価

3.6
アンハサウェイと巨大モンスターがまさかのシンクロ!というB級だかA級だかよくわからん変わり種SF。

だけどこれが意外や意外、それなりに面白かったな。ラストもスカッとするし。

オーシャンズ8のアンとはかけ離れたダメウーマンのアンもこれまた新鮮。それでもクライマックスで闊歩する姿はやっぱりキマってる。

一見の価値ありかも^^
韓国・ソウルに突如現れた巨大怪獣。カレシにフラれ田舎に引っ込んだアル中女はある日、自分の動きと怪獣の動きが同調したことに気づく⁉──という出オチ設定SFコメディ。

怪獣登場シーンはB級感満載、「ゴジラの画像を出資者向けの資料に使って東宝に訴えられた」など曰く付きの案件だが、主演アン・ハサウェイ自ら製作指揮を執る姿勢からも窺えるテーマと彼女の同調ぶりはなかなか。

泥酔して記憶をフッ飛ばしまくるダメウーマンっぷりを前面に押し出しても、何やかんやモテまくり、男関係でモメ事になり困る、そんな彼女自身のキャラを自虐(自慢?)含みに、主人公が突如世界の裏側の危機に関わり、テンヤワンヤするコミカルな作風……かと思いきや、周囲の男も全くダメで、特に最も「いい人」ぶってたヤツが、実は最も鬱々として隠しもった狂気を発現させる、サイコ・サスペンス風味。

誰も彼もがダメで、とにかく登場人物誰にもあまり好感が持てないまま、どう話が転び、どう決着つけるのか、というところが全く読めない珍作(オチのアイデアは強引だが、暴力で男に圧倒されっぱなしの女側からすると、溜飲が下がるし、最後のバーでのやりとりは秀逸)。ともあれ酒は呑んでも呑まれるな……ということで🍻
あおい

あおいの感想・評価

2.7
モンスターになって、キメてこ!

アン・ハサウェイ主演の怪獣になっちゃった系コメディスリラー?設定があんまり活かされてなかったかなぁ。アン・ハサウェイじゃなかったらみやんやつ( ^ω^ )一応、ダン・スティーヴンスも出てる。

◎ストーリー
彼氏にフラれた元OLのグロリアは、意気消沈して故郷に引っ越してくる。そこで、幼馴染と再会し、彼が営むバーで働くことになる。そんなある日、ふとテレビを見るとソウルで謎の怪獣が暴れてるニュースが連日報道されていた。そして、グロリアは気づいてしまう、怪獣の動きが自分の動きと酷似していることを…

めちゃくちゃ惹かれる設定やし、パケ写も面白そうやねんけど、肝心のモンスターがあんまり出ない。しかも、だんだんとモンスターパニックからスリラーにシフトしていって、あれ?なんの映画?ってなる( ^ω^ )

まずそもそも、怪獣とリンクする場所そこかい!ってなる( ^ω^ )あとは、ソウルで出る理由も一応描かれてはいるけど、要はあの幼馴染が歪みすぎてたってだけ?うーん、イマイチわかりづらい。べつにアン・ハサウェイの好きにさしたれよ( ^ω^ )

まぁ最後は無理やりながら終わったけど、どうも腑に落ちないというか、謎設定だけが置いてけぼりになってた印象。ナチョ・ビカロンド監督の「タイムクライムス」、あれの方がまだおもろいです( ^ω^ )

アン・ハサウェイが好きでも観なくていいやつです( ^ω^ )
ひとみ

ひとみの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

モンスターとシンクロするって発想は結構面白い!
でもちょっと雑!
結局また誰かあの時間あの場所に入ったらどこかでモンスターか何やら現れるんじゃ?解決になってない…ヽ(;▽;)笑
登場人物も誰も好きになれない…
そしてオスカーの豹変っぷりね(◞‸◟)
終盤ただのやべー奴だった(◞‸◟)笑