シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

愉快痛快なコメディ怪獣映画!!

………と思いきや途中から予想だにしない展開へ進み、シリアスかつドロドロに。怪獣映画であるのに人間の欲深さと恐怖を感じた。こんな怪獣映画アリなのか!!笑

今までの『パシフィック・リム』のようなお約束展開の怪獣映画とは全く逆の展開。逆に独創的で新しい怪獣映画の誕生であった。


久しぶりの劇場アンハサウェイ!
アンハサウェイのダメウーマンぶりが新鮮味あり、キュートで魅力たっぷり!!アンハサウェイの可愛さを十分に堪能できた。
中盤以降の展開はどうしてこうなった?と問い詰めたい感はあるもののアイデアは良いので惜しさがにじむ。ステージを移す方法を見つけた上で殴り合い、的なスッキリ感が欲しかったなぁ。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
怪獣版『マルコヴィッチの穴』みたいな。チャーリー・カウフマンっぽさは、奇天烈なアイディアだけじゃなくて、人間のイヤな部分を描くとこにも感じた。

アン・ハサウェイが演じる田舎に帰って来た酒浸りのダメ人間設定は、『レイチェルの結婚』のアル中女の流れ。あとシャーリーズ・セロンがやった『ヤング≒アダルト』のアイツにもちょっと近い。地元のダメな男たち、ダメな元カレを乗り越えないとダメ女は脱却出来ないよ。怪獣とシンクロしてる事に気付く流れは笑える。後半からの不穏な感じも好き。主人公が調子乗ってから反省するまでの展開がちょっと軽い。前半の彼女はもっと悪い人間でも良いと思ったけど、それだと主人公から観客が離れちゃいそうで難しいな。でも、それくらい厳しい方がラストももっとアガったし意味も重くなる。クライマックスまでの流れは上手い。空気の抜けたマットに包まり、サナギの様になった主人公が閃きと決意によって“羽化”し、空に飛び立つ流れが手際良く描かれる。ラストで異なる場所にいる人物同士の切り返しがあるけど、ああいう場所や時間を超越した切り返し好きだわ。主人公の酒で記憶を飛ばす癖が、忘れていた過去に向き合う展開に繋がる感じも上手いと思った。

元の設定通り日本とゴジラ(もどき?)でやったらどうなったかね。ゴジラなら何でもありになった今の方が出来そうだけどな。許可さえ取ればだけど。
honobon

honobonの感想・評価

4.1
プロット映画と思いきや、コメディ路線に一切寄せず自分を見つめ直すアンちゃんプロデュース作品。
自分の身の回りで起きていく好転や部屋の変わり方とソウルで起きる惨事の対象的な映像。見ようと思ったきっかけを忘れてしまった時に畳み掛けてくる絶望的な光景に持って行かれた。
"あのウサギ"のように来るか、と思ったら全く違う(むしろナンセンスコメディのような)そう来たかの着地点に加えて、終始「アンちゃん…お肌が…」と嘆きながらやってくるラストシーンの"ただ歩いているだけ"、ラストシーンの表情のアンちゃんを見てごめんなさいな気分。
kurage

kurageの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

設定がガバガバすぎるし誰1人として共感できないし久しぶりにダメな映画だった、、
受け取る側によっては間違ったフェミニズムの解釈になりそう。顔が見えない相手を傷つける、ということだったとしてもなんかね、、ノイズが多すぎて、、
アンハサウェイってつらい人生送ってんのかなって勘ぐっちゃうわ。
期待してただけにとてもざんねん。
チェ

チェの感想・評価

3.6
変な映画、面白いけど。
理屈も筋も倫理も義理も人情も全部無視、そんなの関係ないというかダメで中途半端な奴しか出てなくて安心します。ヒーロー不在。酒飲みじゃない人は、この映画どう見るのか、私は身に覚えありまくりましたけど...。
そう❤️ティムがめちゃめちゃカッコよすぎた、あ!この人野獣の人じゃん。
美女と野獣の時は、王子に戻らなかったら良かったのに〜とか強がってたけどこの人めちゃめちゃかっこいいですね、美女と野獣の時はばっちりガストン派でした私。

田舎の残念なイケメン(役名もおぼえていない)の立ち位置も、なんかリアル。あーいう残念な人いるよね。
アン.ハサウェイのダメウーマンを期待したら別にダメダメでもない。
どちらかと言うと登場する男性がみんなダメンズ❌
なんであんなに幼馴染みがイカれているのか?嫉妬なのか?よくわからないまま終わってしまった。
実際に危害を加えている感覚がなかったら、エゴだけで人も殺せる。
事件はお砂場で起きているんじゃない!ソウルで起きているんだ!
お酒のせいにできない事実。

それにしても久々な映画だったのに、なんでこの映画選んじゃったんだ?(笑)
ゆー

ゆーの感想・評価

2.5
コメディではないと聞いていたのでそのつもりで観た!うん…色んな嫉妬があるものだ…人って他人の事は良く見えるんだよね…
とびん

とびんの感想・評価

3.5
予告編から観た印象とは全然違った。
予告編を観た感じだとポップでもっとコメディ色が強いと思ったんだけど全然そんなことなかった。
話の内容でいうと結構重めに感じだ。
アル中の女性がひょんなことから大きな、そして恐ろしい力を手に入れてしまいどうするのかという話。
途中からある登場人物の狂気性が垣間見えてきた時はホラー映画を観ているようで恐ろしかったです。
自分には制御できない力を持ってしまったダメ人間がそれでも人のためになるならと思い、ほんの一握りの勇気を振り絞る。
一人の女性の成長譚として良かったと思います。
まぁ個人的にはもっと軽めのものを想定していて面食らいました。

このレビューはネタバレを含みます

昔あった、ウルトラマンの出ない東宝特撮みたいな設定だなと思って観たら、かなり東宝特撮だった。巨大な怪物が出てきて街を破壊してきたから、阻止しなければって映画かと思いきや、人間の嫉妬を描いているまさに特撮ドラマ。

自分は何者にもなれないと悲観して、親のバーを継いで地元でくすぶっていた男が、地元からニューヨークへ出て有名になる事が出来た同級生の女とバッタリ出会う。彼女はどうやら仕事で失敗をして地元へ帰って来たらしい。男はみじめな彼女を拾ってバーで働かせる事によって、心の充足を得る。

そんなからっぽな男が、強大な力を得たらどうなるのか。人の心の闇を描いた、意外に真摯な作品。オチは説明もないかなりトンデモ展開なので、より一層特撮感があって笑えた(笑)力で解決するんかーい。

あとあの若い間男が、ストーリーのミスリードの為だけに存在していてちょっとイライラした。ホント…止めろよ、ちょっとは。