シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 52ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

2017年160本目。東宝に著作権侵害で訴えられた史上最低予算のゴジラ映画(?)。ストーリーは斬新だけど、アン・ハサウェイの無駄使い。好き嫌いがはっきり分かれそう。

(字幕)
kaname

kanameの感想・評価

1.0
遠い異国の地に出現した巨大生物と精神が繋がっている事に気づいた女性の辿る運命を描いた物語。

怪獣映画としてはショボい、人間ドラマとしては薄い…そもそも、何が言いたくて何に向かっているのかサッパリ分からない内容に早い段階で興味を失う…

単なるA.ハサウェイの無駄遣い…そんな感想しかないかな…w
も、完敗。
こんな物語を練り上げる人の頭の中が見てみたい。
そしてアン・ハサウェイ。カワイイ。お手上げ。
エンディングのクールさ。このワンショットだけで、
、、、だから映画って、これが醍醐味なわけで、
加えて韓国の人々も、これで安心できて良かったわけで。
監督、グレイト。アン・ハサウェイ、グレイト。
“それしかない”としか言いようがない(笑)。

大体、なんだよこの無駄な金のかけ方!
安っぽいのか贅沢なのか終始あっち行ったりこっち行ったり。
詰め込まれたジャンルも多岐にわたってキワキワだし、
コメディなのかシリアスなのか!?
しまいにゃサイコ・サスペンスの様相を呈してくるし。
B級がB級じゃなくなってくるクオリティでクラクラしやがる。
一見、B級。
一見、イロモノ。
そこに惜しみなく注ぎ込む“粋”。
これじゃ言葉を失うよ(爆)。

予告編その他を見ちゃったら、ネタバレなんだろうけど本作。キーワードはアン・ハサウェイと怪獣だ。だから本来。今この瞬間から、すべての事前情報は(本当は)シャットアウトして臨んでほしいところがある。
どこの誰がアン・ハサウェイの怪獣映画を考えつくのか!? その点に関しては嬉しくて嬉しくて、さっきからビールが止まらないんだよ(ハート)。

嬉しくて嬉しくてネタバレ書きたくなるんだけど本作。(これはセーフかな?)劇中描かれるアン・ハサウェイのキャラはグデグデだ。でもカワイイ。だってアン・ハサウェイだもん♪
でもね?実際はキツいし疲れるんだよ、この手の子(爆)。酒呑みで記憶喪失。会うたびに同じことの繰り返し。大抵はこっちが責められる。でもカワイイから我慢する。許しちゃう、とでも言うのかな(照)。
でもね?そのうち「いい加減にしろよ」となってくる。いくらアン・ハサウェイでも、、、いや。もし俺の彼女がアン・ハサウェイだったら、たぶん一生許すか(笑)。だからアン・ハサウェイ以外は認めない(なんでやねん!)

さて真面目な話。
これ、、、世の女子は拍手喝采なんじゃないかな。
俺はもう、アン・ハサウェイずきって立ち位置だから二割も三割もスコア増してると思われても仕方ないけど本作。二転三転どころか、大爆笑の連続でスタートした物語が、いつの間にかシリアス・サイコ・サスペンスと化してきて、、、ぶっちゃけた話、こんなにトッ散らかった内容だとは思わなかったんだけど、最後がまぁ、、、万雷の拍手で迎えたくなるくらいスカッとする。それが世の女性も、、、なのではないか?とね。そんな着地点の本作だ。

アン・ハサウェイも、よくぞこんな映画を受けたなと、、、きっと世間では揶揄されるだろう。ま、ガタガタほざくアンチ・アンは放っておいて本作。こんな“トンデモ世界”だけどさ。いいから渦中に飛び込んでシンクロしろよと。そこから見えてくる面白おかしさでグリングリンに転がされてみろよと。
そうして時空を超えた瞬間。
そうしてクリーンナップした末。
だからビールが旨いんじゃないか、と(笑)。
(アン・ハサウェイには申し訳ないんだけどね・謎笑)
いやぁ、久々にスカッとしました。
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.4
□物 語 ★★★★★ ★★
□配 役 ★★★★★ ★★
□演 出 ★★★★★ ★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆
□映 像 ★★★★★ ★★
□音 楽 ★★★★★ ★
TB12

TB12の感想・評価

3.6
怪獣メインの派手なアクション映画かと思ってたけど意外と人間パートがメインの作品
怪獣が出てくるシーンはそんなに多くない
低予算だからか?

アンハサウェイがだらしない女の役なんだけど新鮮で且つハマってる
ジェイソンサダイキスも同級生役が怖いぐらいハマってた

結局のところ、幼少期から実は因縁があった2人が怪獣を介して闘うという話で良いのかな
コメディ要素やサイコホラー要素もあったりで説明するのが難しい

不思議でシュールな怪獣映画だけど設定が中々面白いから飽きずには観れた
まぁただ「アンハサウェイ主演」って看板がなかったら観なかったかな
こんなモンスター映画があるとは!
クソ馬鹿らしくて笑ってしまう映像にも関わらず、何だろう、涙が出そうになる笑
このアイデアは本当に面白い!
Seiji

Seijiの感想・評価

3.8
コメディ怪獣映画?何とも説明不能なロードムービーでした。アン ハサウェイの大きな目が印象に残ります。きっと韓国では大ヒットしたと思いますが、日本ではヒットは難しいでしょうね。
A refreshing entry to an industry that has been dubbed to be "lacking of new ideas". Who would've thought that Colossal's absurdist premise is an inventive tool to explore the theme of responsibility. While it may not be for everyone, this film is perfect for those who's open to a more surreal cinematic trip.
gengeng

gengengの感想・評価

3.5
中国語字幕だったため細部についてはかなり自信ないけど、全体感として怪獣映画という枠にはまってなくてベリグだった。もっと脳筋な映画を想像してたから「中国語字幕でもイケるだろ!」って高を括ってた。

「自分の仕草が巨大怪獣とシンクロしちゃってる!」っていう面白設定だけじゃないので、良い意味で裏切られた感じ。ほどよく力の抜けた空気感がシリアスになりすぎず、人間ドラマサイドを引き立てていた。

いつもキメッキメの印象だったため、やさぐれたアン・ハサウェイは新鮮〜
795

795の感想・評価

4.0
とりあえずコメディー要素強めでアンハサウェイが綺麗!!!面白かったです個人的に