シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 54ページ目

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

moirai

moiraiの感想・評価

4.0
アン・ハサウェイ演じるグロリアが、だらしなかわいい!

周りにいる男たちは一見優しそうなのにみんなひと癖あって、ちょっとダメな彼女の前ではつい素直になっていく。

後半は隠していた気持ちや裏の顔が出てくるけど、気張らず叫ばず世界を守る展開が良かった。
劇場四十六本目、字幕版にて単身鑑賞。
前半と後半で話しがゴロゴロ展開して当初は「ヤング/アダルト」みたいな展開?と思ったけど全然違う結末に。製作も兼ねているアンハサウエイが懲りずにダメ女を好演しとるのが良い。ジャンルは「カイジューコメディ」なのだろうか?
下着姿は愚か谷間さえ見せないガードの固さは残念だったが。
ゆーた

ゆーたの感想・評価

3.6
「スイス・アーミー・マン」に次ぐ、かなりの異色作!笑
前半はコメディーで、後半は意外と真面目だった。
かなり評価は悪いが、自分は割りと好きでした!
ストーリーも予想外だったから、飽きずに観れました。
こんなにダメダメなアンは見たことなかったから、新鮮で逆に萌えた(笑)
ジャパニーズテイストも含まれてたから、なんか嬉しかった!笑

ま、アンがあってこその作品かな?笑
ダメな美女が酔っ払いながら暴れまくるお気楽コメディ映画だと思って鑑賞したけど全然ちゃうやんけ〜!
田舎の劣等感映画とでも言うべきか…。
構造が解りやすかったので楽しめたっちゃ楽しめたけどどうしてこんなに日本アニメ的な想像力なんだろう…そこには驚いた。
終わり方も振り切れててスカッとできて良かったかと。
「シンクロナイズドモンスター」観了。まず、主人公のキャラがとてもかわいい。アン・ハサウェイ、はまり役かも。ストーリー、SF要素よりもサイコスリラー要素の方が印象に残ったなぁ。

好みは分かれそうだけど、私は好きな映画でした。だらっと肩肘張らずに観賞できます。
yshrkmzk

yshrkmzkの感想・評価

3.6
アン・ハサウェイの安定の目と口のデカさ。運ばれてきたテレビ、液晶にしては厚みがあり過ぎ。
Takano

Takanoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

怪獣?シンクロ?え、なんで怪獣がいんの?なんでシンクロすんの?アンハサウェイと?という至極真っ当な疑問は捨ててしまおう。まずはアン・ハサウェイのかわいさに浸るのだ。アン・ハサウェイ演じるグロリアは、ズボラな性格。酒浸りの毎日でとうとう彼氏から同棲を解消されてしまう。生まれ地元に帰ってきたら、素敵な男性が登場して…てな具合だ。グズなグロリアなんだが、意外と許せてしまうのだ。毛量多いのに。手元のタトゥーとか鬼ダセえのに。愛しくさえ思えてしまう。100ハサウェイあげちゃおう。


アン・ハサウェイを愛でるような気持ちでこの映画を見ていればいいのだ。特に、グロリアが「Futon♡」と言いながら布団に倒れ込むシーンとか最高だ(そして「Futon」が英語として通じることを知る)そうすると突然、あなたはこう思うだろう。



「映画の展開、思ってたんと違う!!」
思ってたんと違う!!!!

でも、なかなか面白かったです。
この妙ちきりんな設定に惹かれて見たんですが、設定だけに終わらず後半からはなかなか深みのある重い話になっていくんですよね。

パシフィックリムみたいなド派手な感じを勝手に期待してましたが、良い意味で裏切られました。
あとダメダメなアンハサウェイが超可愛かったです!
景コマ

景コマの感想・評価

3.0
文字通り「投げた」オチ。

奇抜な設定は大した問題ではなく、それをテコに嫉妬と暴力性に塗れた人間の弱さを炙り出していく構造と、それを実践していた中盤〜終盤は面白い。「アン・ハサウェイが主役を演じる、女性の自立を描いた女性映画」という評判はほとんど的を射て無い。映画の主題は明らかに男性の方に向いている。

まあそういう映画だから、怪獣がソウルに出て来る理由とか、何故ハサウェイと怪獣がシンクロしてるか、とかの設定を「投げてる」のも、まあわかる。でもオチ、というか問題の解決も丸ごと物理的に「投げる」のは、人の心理を主題に描いてる映画としてヒドいと言わざるを得ない。

面白いとは思うけど傑作とは言えない。

ついでに回想シーンで出てくる怪獣の人形がマジでプルガサリにしか見えなかったでござる。
『悪酔いして怪獣映画をみたいあなたへ』
こんなクセが強すぎる怪獣映画は初めてだ‼︎

コメディかと思いきや、超サスペンス。動機がよくわからないのに、行動するキャラたちは気持ち悪い。
けど、飽きずに見れる不思議なクセ。またこの映画に酔いたい気分になりました。