シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 54ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

アン・ハサウェイが
製作にまで関与していて、
驚かされた。

第一印象は
なんとも不思議な映画だと感じたが
ウェブ等々を巡回し、情報収集した結果、本作の深み、アン・ハサウェイが製作に携わってまでして、作り上げた真意を理解。


逆にその文脈がないと、
結構乗れない可能性は高いかもしれない。
yassoon

yassoonの感想・評価

3.7
うわー久々に思考を巡らせる不思議な映画を観た…ある意味、超モンスター映画。好き嫌いや評価は分かれる作品だろう。観る前の「韓国のソウルに現れたモンスターが、酔っ払いの女性とシンクロしてた事が分かってさぁ大変!」というイメージと、観た後でここまで印象の違う作品とは!何が伝えたい作品なのか?の捉え方も十人十色なはずだが、自分には「弱さと強さ」についての映画だった。その対象は自分自身、他人、大切な人、嫌いな人、など様々。望まない結果にも、エゴを抑え冷静でいられる強さはあるか?ネガティブな感情を言い訳に、弱さに負けて振舞っていないか?パワーがあるならどう使うべきなのか?で、改めてポスターを見ると、いやこれこんな軽い感じの映画じゃないから…。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

1.0
たとえダメウーマンを演じようとアン様ほどの美貌をお持ちの方なら、男だけでも35億もいる世界でちょっとくらい人を虐殺してもめでたしめでたしになるんですね。

無自覚に性格ひねくれてんなー。

そもそものどんだけダメなやつかって描写が全然足りないし、元カレがあそこまで親身になってくれる意味もちょっとわからないし、酒呑みへの愛が微塵も感じられない。

何だかんだ自己評価高いやつが、自分よりダメなやつ見つけてバイキンマンみたくぶっ飛ばして悦に浸るだけの、しょーもないうえに何ら解決に至らない展開に唖然。

あいつは絶対、またやらかす。with、B。

このレビューはネタバレを含みます

珍作。

劇中でめちゃくちゃ日本リスペクトされてんのになんでソウルなんだよって思ってたら元は日本で企画されてたのね。

ちょっとだけレゴムービーのシリーズを連想したり。

おもしろかったけど観てるあいだなんでソウル?っていうのが大き過ぎて

提案なんですがエンドロール後にロボが吹っ飛ばされて日本に来て大人気に!とかどうでしょう?

ないか。
モンスターとシンクロって設定が面白そうと思って鑑賞してきました。

あー…期待はずれだったー…。
登場人物が誰一人好きになれない上に、モンスターの登場場面も少ないしで…すごく残念なこの感じ…。
主人公の予想以上のダメっぷりと、元彼、幼馴染、幼馴染の連れの男、彼らとの関係にもモヤモヤします。

でも配給会社がアルバトロスだと思えば「まぁ、こんなもんか」って割り切れます。
(限定的な)偉大な力を手に入れたダメ女はどうするのか。

アンハサウェイの表現力豊かな芝居がとんでもない設定の映画でも生き生きしててなんか笑っちゃう。
怪獣ごっこを子供の頃にした事ある人間が一度は夢見る妄想みたいなのを映画化したような話、そしておまけについてくる謎解き要素とドグサレ人間ドラマ。

とても愉快で不可思議でした。
好きな映画だ。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
面白そうだったのに、なかなか日本公開が決まらなかった本作。実際映画を見ると、なんか判る気もしてきたわ。
どーにも物語自体が釈然としないのよね。

アンハサウェイが失業して彼氏にふられ、地元に帰ってきた子。
地元の幼なじみの男の運営するバーで働く事にする。
公園に行く度に韓国に巨大怪獣が現れ大騒ぎになる。怪獣は彼女と動きがシンクロしてることがわかる。

幼なじみの男も公演に行くと韓国に巨大ロボが現れる。ここはまさかの展開でワクワクしたんだけどなぁ。

そこから正直ダダ下りしたな。幼なじみの男が嫉妬に狂い態度を急変させ、ロボットを操り韓国で大暴れして八つ当たり。
なんだかもう男の嫉妬心が只ただ不快なんだよなーーー。

要はアンハサウェイ演じる女の、失業からの酒による堕落を“モンスター”に例えているのよね。そして幼なじみの男の嫉妬心も。それはわかる。

だったらもっと序盤にアンハサウェイの酒による失敗・失態の描写をして欲しかったなー。
ダメな女が改心することで、ダメな男を打ち負かすことに説得力が出るんだろうに。ダメ女の成長劇が欠落してるので感情移入が出来ないんだと思うんだ。

しかしなんで韓国がロケ地に選ばれたんだろうねー?その辺の唐突感も謎。
設定はとっても良かっただけに色々勿体なかったなー。
なんで!?!?ってところが多かった映画だったな、おれも映画監督になれるんじゃないかって思わせてくれた作品
何年ぶりかわからないくらい久々に映画館で観ました。しかもひとり映画館!久々すぎて隣の席の人のことが気になって集中できませんでしたがテンションはあがりました。怪獣とロボットがめちゃかっこよかったです。日本の大衆文化を愛してくれてるんだなあって感じました。

ちょっと残念だったのは、怪獣が暴れるのが日本じゃなかったことです。〇宝のバカ野郎って思いました。おかげで主人公(役名忘れました)の日本趣味が伏線になってないっていう。最初の構想通り日本が舞台ならどうなっていたのか、私、気になります!(←千反田える)

敬愛するナチョ・ビガロンド監督の作品で、例によって自由度の高い?どうにでも解釈できる・パズルみたいな要素があるストーリーになってました。しかしこういうダメなコたちはスペインの役者さんたちにスペイン語でやってもらったほうがはまってたかも。
何もかも忘れちゃう主人公が素敵でした。

以下、ネタバレになるのかならないのか私には分かりませんが、ネタバレがダメな人は要注意ってことでお願いします。









主人公とロボ男は小学生時代に因縁があったのだけれど、主人公はロボ男にまったく興味がなかったので忘れてた、しかもロボ男の性格まで忘れていて、そのせいであんなことやこんなことが起こるという話だった気がします。主人公は覚えていないけど酔っ払ったときにロボ男にいろいろ話したり頼んだりしたふうに話が進んでいきますが、実はロボ男が勝手にそう言ってるだけで、本当はただのストーカーだった可能性もあるという。
まー

まーの感想・評価

4.5
色々ダメなんだけど、映画館を出る頃には「あー面白かった!ビール飲もう」となってる不思議な映画。
考えてみると、アン・ハサウェイ演じる主人公そのままじゃないか、この映画自体が。しかもしかも、ラストの決着もその構図になってるわけで、もし狙ってやってるならすごいですよ、これは。
とにかくストーリーを考えた人が天才すぎる。怪獣とシンクロも斬新だけど、ラストの発想は全然無かった。というか常人には思いつかないでしょ。笑

あと、アン・ハサウェイ。
正直今まであまり好きじゃなかったです。「ツライけど負けないもん。頑張れ、私!(スイーツ)」的な役ばっかりで。(観てないだけかもしれませんが)
ただ、今回は「ツライし、頑張れない!どうにでもなれ!\(^o^)/」的な感じで、ほんとダメな子で、でも最後はロレーン・ブロートン張りの凄みを見せてくれて。今作で大好きになりました。

超変化球だけど、これは何年かに一度来るすごいやつです。
万人には全くおすすめしません。(笑)

追記
B級というレビューを散見しますが、決してB級ではありません。